登録販売者の医薬品成分一覧

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の「医薬品」に登場する成分の一覧。(あ、アレって何だっけ?)などと、ド忘れした際に、利用ください。

成分一覧の使い方

 特定の成分を調べたいときは…、

 PCの方は、ショートカットキー「Ctrl + F」で、ブラウザの検索窓から、成分名を入力してください。

 スマホの人は、ブラウザのメニューの「ページ内検索」で、成分名を入力してください。

さくいん

  1. 精神神経に作用する薬(かぜ薬・解熱鎮痛薬など)
  2. 呼吸器官に作用する薬(鎮咳去痰薬など)
  3. 胃腸に作用する薬(胃薬、下剤とか)
  4. 心臓・血液に作用する薬(高コレステロール改善薬とか)
  5. 排泄部位に作用する薬(要は、痔の薬)
  6. 婦人薬(生薬もあり)
  7. 内服アレルギー用薬(鼻炎の薬とか)
  8. 鼻に用いる薬(点鼻薬)
  9. 眼科用薬(目薬)
  10. 皮膚の薬(虫刺され、水虫とか)
  11. 歯や口中に用いる薬(歯槽膿漏薬)
  12. 禁煙補助剤
  13. 滋養強壮保健薬(ビタミン剤)
  14. 公衆衛生用薬(消毒薬、殺虫剤とか)
  15. 一般用検査薬(妊娠検査薬とか)

 なお、「第14節 漢方処方製剤」は、面倒なので作ってません。

 生薬については、「登録販売者 生薬一覧」を参考をば。

第1節‐精神神経に作用する薬

風邪薬:解熱鎮痛成分

 アスピリン

 サリチルアミド

 エテンザミド

 アセトアミノフェン

 イブプロフェン

 イソプロピルアンチピリン

風邪薬:抗ヒスタミン成分

 クロルフェニラミンマレイン酸塩

 カルビノキサミンマレイン酸塩

 メキタジン

 クレマスチンフマル酸塩

 ジフェンヒドラミン塩酸塩

風邪薬:抗コリン成分

 ベラドンナ総アルカロイド

 ヨウ化イソプロパミド

風邪薬:アドレナリン作動成分

 メチルエフェドリン塩酸塩

 メチルエフェドリンサッカリン塩

 プソイドエフェドリン塩酸塩

風邪薬:鎮咳成分

 コデインリン酸塩

 ジヒドロコデインリン酸塩

 デキストロメトルファン

 ノスカピン

 チペピジンヒベンズ酸塩

 クロペラスチン塩酸塩

風邪薬:去痰成分

 グアイフェネシン

 グアヤコールスルホン酸カリウム

 ブロムヘキシン塩酸塩

 エチルシステイン塩酸塩

風邪薬:抗炎症成分

 セミアルカリプロティナーゼ

 ブロメライン

 トラネキサム酸

 グリチルリチン酸二カリウム

風邪薬:鎮静成分

 ブロモバレリル尿素

 アリルイソプロピルアセチル尿素

風邪薬:制酸成分

 ケイ酸アルミニウム

 酸化マグネシウム

 水酸化アルミニウムゲル

風邪薬:カフェイン類

 カフェイン・無水カフェイン

 安息香酸ナトリウムカフェイン

解熱鎮痛薬:解熱鎮痛成分

 アスピリン

 サザピリン

 サリチルアミド

 エテンザミド

 アセトアミノフェン

 イブプロフェン

 イソプロピルアンチピリン

解熱鎮痛薬:骨格筋の緊張を静める

 メトカルバモール塩酸塩

解熱鎮痛薬:鎮静成分

 ブロモバレリル尿素

 アリルイソプロピルアセチル尿素

解熱鎮痛薬:制酸成分

 ケイ酸アルミニウム

 酸化マグネシウム

 水酸化アルミニウムゲル

 メタケイ酸アルミン酸Mg

解熱鎮痛薬:カフェイン類

 カフェイン・無水カフェイン

 安息香酸ナトリウムカフェイン

睡眠鎮静薬:抗ヒスタミン成分

 ジフェンヒドラミン塩酸塩

睡眠鎮静薬:鎮静成分

 ブロモバレリル尿素

 アリルイソプロピルアセチル尿素

眠気防止薬:カフェイン

 カフェイン

鎮暈薬:抗めまい成分

 ジフェニドール塩酸塩

鎮暈薬:抗ヒスタミン成分

 ジメンヒドリナート(ジフェンヒドラミンテオクル酸塩)

 メクリジン塩酸塩

 プロメタジンテオクル酸塩

 クロルフェニラミンマレイン酸塩

 ジフェンヒドラミンサリチル酸塩

鎮暈薬:抗コリン成分

 スコポラミン臭化水素酸塩

 ロートコン

鎮暈薬:鎮静成分

 ブロモバレリル尿素

 アリルイソプロピルアセチル尿素

鎮暈薬:キサンチン成分

 キサンチン系成分

鎮暈薬:局所麻酔成分

 アミノ安息香酸エチル

第2節:呼吸器官に作用する薬

鎮咳去痰薬:麻薬性鎮咳成分

 コデインリン酸塩

 ジヒドロコデインリン酸塩

鎮咳去痰薬:非麻薬性鎮咳成分

 ノスカピン

 ノスカピン塩酸塩

 デキストロメトルファン臭化水素酸塩

 チペピジンヒベンズ酸塩

 チペピジンクエン酸塩

 ジメモルファンリン酸塩

 クロペラスチン塩酸塩

 クロペラスチンフェンジゾ酸塩

 デキストロメトルファンフェノールフタリン塩

鎮咳去痰薬:アドレナリン作動成分

 メチルエフェドリン塩酸塩

 メチルエフェドリンサッカリン塩

 トリメトキノール塩酸塩

 メトキシフェナミン塩酸塩

鎮咳去痰薬:キサンチン成分

 ジプロフィリン

鎮咳去痰薬:去痰成分

 グアイフェネシン

 グアヤコールスルホン酸カリウム

 クレゾールスルホン酸カリウム

 エチルシステイン塩酸塩

 メチルシステイン塩酸塩

 カルボシステイン

 ブロムヘキシン塩酸塩

鎮咳去痰薬:抗炎症成分

 トラネキサム酸

 グリチルリチン酸二カリウム

鎮咳去痰薬:抗ヒスタミン成分

 クロルフェニラミンマレイン酸塩

 クレマスチンフマル酸塩

 カルビノキサミンマレイン酸塩

鎮咳去痰薬:殺菌消毒成分

 セチルピリジニウム塩化物

口腔咽喉薬

 総論とかまとめ

口腔咽喉薬:抗炎症成分

 リゾチーム塩酸塩

 トラネキサム酸

 グリチルリチン酸二カリウム

口腔咽喉薬:殺菌消毒成分

 セチルピリジニウム塩化物

 デカリニウム塩化物

 ベンゼトニウム塩化物

 ポビドンヨード

 ヨウ化カリウム

 ヨウ素

 クロルヘキシジングルコン酸塩

 クロルヘキシジン塩酸塩

 チモール

口腔咽喉薬:局所保護

 グリセリン

口腔咽喉薬:抗ヒスタミン成分

 クロルフェニラミンマレイン酸塩

第3節:胃腸に作用する薬

制酸成分

 炭酸水素ナトリウム(重曹)

 乾燥水酸化アルミニウムゲル

 ジヒドロキシアルミニウムモノアセート

 ケイ酸マグネシウム

 酸化マグネシウム

 炭酸マグネシウム

 合成ヒドロタルサイト

 メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

 沈降炭酸カルシウム

 リン酸水素カルシウム

 ボレイ(牡蠣)

健胃成分

 生薬(語呂合わせ)

消化成分

 ジアスターゼ

 プロザイム

 ニューラーゼ

 リパーゼ

 セルラーゼ

 ビオジアスターゼ

 タカヂアスターゼ

利胆成分

 胆汁末

 動物胆

 ウルソデオキシコール酸

 デヒドロコール酸

粘膜保護・修復

 アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)

 アルジオキサ

 スクラルファート

 ゲファルナート

 ソファルコン

 テプレノン

 セトラキサート塩酸塩

 トロキシピド

 銅クロロフィリンカリウム

 銅クロロフィリンナトリウム

 メチルメチオニンスルホニウムクロライド

 アカメガシワ

炎症和らげる

 グリチルリチン酸二カリウム

 グリチルリチン酸ナトリウム

 グリチルリチン酸モノアンモニウム

消泡成分

 ジメチルポリシロキサン(ジメチコン)

胃液分泌抑制成分

 ロートエキス

 ピレンゼピン塩酸塩

整腸成分

 ビフィズス菌

 アシドフィルス菌

 ラクトミン

 乳酸菌

 酪酸菌

 トリメブチンマレイン酸塩

止瀉成分

 次没食子酸ビスマス

 次硝酸ビスマス

 タンニン酸アルブミン

 ロペラミド塩酸塩

腸内殺菌成分

 ベルベリン塩化物

 タンニン酸ベルベリン

 アクリノール

 木クレオソート

吸着成分

 炭酸カルシウム

 沈降炭酸カルシウム

 乳酸カルシウム

 リン酸水素カルシウム

 天然ケイ酸アルミニウム

 ヒドロキシナフトエ酸アルミニウム

小腸刺激性瀉下成分

 ヒマシ油

大腸刺激性瀉下成分

 センノシド

 カサントラノール

 ビサコジル

 ピコスルファーナトリウム

無機塩類

 酸化マグネシウム

 水酸化マグネシウム

 硫酸マグネシウム

 硫酸ナトリウム

膨潤性瀉下成分

 カルメロースナトリウム

 カルメロースカルシウム

 プランタゴ・オバタ

その他

 ジオクチルソジウムスルホサクシネート

 マルツエキス

胃腸の薬

 総論とかのまとめ

胃腸鎮痛鎮痙薬

 メチルベナクチジウム臭化物

 ブチルスコポラミン臭化物

 メチルオクタトロピン臭化物

 ジサイクロミン塩酸塩

 オキシフェンサイクリミン塩酸塩

 チキジウム塩酸塩

 ロートエキス

 パパベリン塩酸塩

 アミノ安息香酸エチル

 オキセサゼイン

浣腸薬

 グリセリン

 ソルビトール

 ビサコジル

 炭酸水素ナトリウム

駆虫薬

 サントニン

 カイニン酸

 ピペラジンリン酸塩

 パモ酸ピルビニウム

第4節:心臓・血液に作用する薬

 総論とかまとめ

高コレステロール改善薬

 大豆油不鹸化物(ソイステロール)

 リノール酸

 ポリエンホスファチジルコリン

 パンテチン

 ビタミンB2

 ビタミンE

貧血用薬

 フマル酸第一鉄

 溶性ピロリン酸第二鉄

 可溶性含糖酸化鉄

 クエン酸鉄アンモニウム

 

 コバルト

 マンガン

その他の循環器用薬

 ユビデカレノン

 ヘプロニカート

 イノシトールヘキサニコチネート

 ルチン

第5節:排泄部位に作用する薬

排泄部位薬

 総論とかまとめ

局所麻酔成分

 リドカイン・リドカイン塩酸塩

 アミノ安息香酸エチル

 ジブカイン塩酸塩

 プロカイン塩酸塩

鎮痒成分(抗ヒスタミン)

 ジフェンヒドラミン塩酸塩・ジフェンヒドラミン

 クロルフェニラミンマレイン酸塩

局所刺激成分

 クロタミトン

 カンフル

 ハッカ油

 メントール

抗炎症成分

 ヒドロコルチゾン酢酸エステル

 プレドニゾロン酢酸エステル

 グリチルレチン酸

 リゾチーム塩酸塩

組織修復成分

 アラントイン

 アルミニウムクロルヒドロキシアラントイネート(アルクロキサ)

止血成分(アドレナリン作動)

 テトラヒドロゾリン塩酸塩

 メチルエフェドリン塩酸塩

 エフェドリン塩酸塩

 ナファゾリン塩酸塩

収斂保護止血成分

 タンニン酸

 酸化亜鉛

 硫酸アルミニウムカリウム

 卵黄油

殺菌消毒成分

 クロルヘキシジン塩酸塩

 セチルピリジニウム塩化物

 ベンザルコニウム塩化物

 デカリニウム塩化物

 イソプロピルメチルフェニール

ビタミン成分

 ビタミンE(トコフェロール類)

 ビタミンA(レチノール類)

内服薬‐抗炎症成分

 リゾチーム塩酸塩

内服薬‐止血成分

 カルバゾクロム

内服薬‐ビタミン成分

 ビタミンE(トコフェロール類)

第6節:婦人薬

 総論とかまとめ

第7節:内服アレルギー用薬

 総論とかまとめ

抗ヒスタミン成分

 クロルフェニラミンマレイン酸塩

 カルビノキサミンマレイン酸塩

 クレマスチンフマル酸塩

 ジフェンヒドラミン塩酸塩

 ジフェニルピラリン塩酸塩

 ジフェニルピラリンテオクル塩酸塩

 トリプロリジン塩酸塩

 メキタジン

 アゼラスチン

 エメダスチン

 ケトチフェン

抗炎症成分

 抗炎症成分のまとめ・リンク

アドレナリン作動成分

 プソイドエフェドリン塩酸塩

 フェニレフリン塩酸塩

 メチルエフェドリン塩酸塩

抗コリン成分

 ベラドンナ総アルカロイド

 ヨウ化イソプロパミド

第8節:鼻に用いる薬

 総論とかまとめ

アドレナリン作動成分

 ナファゾリン塩酸塩

 フェニレフリン塩酸塩

 テトラヒドロゾリン塩酸塩

抗ヒスタミン成分

 クロルフェニラミンマレイン酸塩

 ケトチフェン

抗アレルギー成分

 クロモグリク酸ナトリウム

局所麻酔成分

 リドカイン・リドカイン塩酸塩

殺菌消毒成分

 ベンザルコニウム塩化物

 ベンゼトニウム塩化物

 セチルピリジニウム塩化物

抗炎症成分

 グリチルリチン酸二カリウム

第9節:眼科用薬

 総論とかまとめ

調整機能

 ネオスチグミンメチル硫酸塩

アドレナリン作動成分

 ナファゾリン塩酸塩

 ナファゾリン硝酸塩

 エフェドリン塩酸塩

 テトラヒドロゾリン塩酸塩

抗炎症成分

 リゾチーム塩酸塩

 グリチルリチン酸二カリウム

 ベルベリン硫酸塩

 イプシロン-アミノカプロン酸

 プラノプロフェン

組織修復成分

 アズレンスルホン酸ナトリウム

 アラントイン

収斂成分

 硫酸亜鉛

目の乾き改善

 コンドロイチン硫酸ナトリウム

 ヒドロキシプロピルメチルセルロース

 ポリビニルアルコール(部分けん化物)

 ヒアルロン酸ナトリウム

抗ヒスタミン成分

 ジフェンヒドラミン塩酸塩

 クロルフェニラミンマレイン酸塩

 ケトチフェン

抗アレルギー成分

 クロモグリク酸ナトリウム

抗菌成分

 サルファ剤(スルファメトキサゾール、スルファメトキサゾールナトリウム)

 ホウ酸

第10節:皮膚の薬

 総論とかのまとめ

殺菌消毒成分

 アクリノール

 オキシドール

 ポビドンヨード

 ヨードチンキ

 ベンザルコニウム塩化物

 ベンゼトニウム塩化物

 セチルピリジニウム塩化物

 セトリミド

 クロルヘキシジングルコン酸塩

 クロルヘキシジン塩酸塩

 マーキュロクロム

 エタノール(消毒用エタノール)

 イソプロピルメチルフェノール

 チモール

 フェノール(液状フェノール)

 レゾルシン

鎮痒・抗炎症・鎮痛成分

 デキサメタゾン

 プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル

 プレドニゾロン酢酸エステル

 ヒドロコルチゾン

 ヒドロコルチゾン酪酸エステル

 ヒドロコルチゾン酢酸エステル

 ブフェキサマク

 ウフェナマート

 インドメタシン

 ケトプロフェン

 フェルビナク

 ピロキシカム

 ジクロフェナクナトリウム

 サリチル酸メチル

 サリチル酸グリコール

 イブプロフェンピコノール

 グリチルレチン酸

 グリチルリチン酸二カリウム

 グリチルリチン酸モノアンモニウム

 ジブカイン塩酸塩

 リドカイン

 アミノ安息香酸エチル

 テシットデシチン

 アンモニア

 ジフェンヒドラミン

 ジフェンヒドラミン塩酸塩

 クロルフェニラミンマレイン酸塩

 ジフェニルイミダゾール

 イソチペンジル塩酸塩

 メントール

 カンフル

 ハッカ油

 ユーカリ油

 カプサイシン

 ノニル酸ワニリルアミド

 ニコチン酸ベンジルエステル

 トウガラシ

 クロタミトン

 酸化亜鉛

 ピロキシリン(ニトロセルロース)

 アラントイン

 ビタミンA油

 ナファゾリン塩酸塩

 ヘパリン類似物質

 ポリエチレンスルホン酸ナトリウム

 ニコチン酸ベンジルエステル

 ビタミンE(トコフェノール類)

角質軟化等

 サリチル酸

 イオウ

 グリセリン

 尿素

 ワセリン

 オリブ油

 ヘパリン類似物質

抗菌成分

 サルファ剤(スルファジアジン)

 ホモスルファミン

 スルフイソキザゾール

 バシトラシン

 硫酸フラジオマイシン

 クロラムフェニコール

抗真菌成分

 オキシコナゾール硝酸塩

 ネチコナゾール塩酸塩

 ビホナゾール

 スルコナゾール硝酸塩

 エコナゾール硝酸塩

 クロトリマゾール

 ミコナゾール硝酸塩

 チオコナゾール

 アモロフィン塩酸塩

 ブテナフィン塩酸塩

 テルビナフィン塩酸塩

 シクロピロクスオラミン

 ウンデシレン酸

 ウンデシレン酸亜鉛

 ピロールニトリン

頭皮・毛根用薬

 カルプロニウム塩化物

 エストラジオール安息香酸エステル

第11節:歯や口中に用いる薬

 総論とかまとめ

歯痛薬

 アミノ安息香酸エチル

 ジブカイン塩酸塩

 テーカイン

 メントール

 カンフル

 ハッカ油

 ユーカリ油

 フェノール

 歯科用フェノールカンフル

 木クレオソート

 オイゲノール

 セチルピリジニウム塩化物

歯槽膿漏薬

 セチルピリジニウム塩化物

 クロルヘキシジングルコン酸塩

 イソプロピルメチルフェノール

 チモール

 グリチルリチン酸二カリウム

 グリチルレチン酸

 カルバゾクロム

 アラントイン

 リゾチーム塩酸塩

 フィトナジオン(ビタミンK1)

 銅クロロフィンナトリウム

口内炎用薬

 アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)

 グリチルリチン酸二カリウム

 グリチルレチン酸

 セチルピリジニウム塩化物

 クロルヘキシジン塩酸塩

 アクリノール

 ポビドンヨード

第12節:禁煙補助剤

 禁煙補助剤

第13節:滋養強壮保健薬

 総論とかまとめ

主たる配合成分

 ビタミンA

 ビタミンD

 ビタミンE

 ビタミンB1

 ビタミンB2

 ビタミンB6

 ビタミンB12

 ビタミンC

 ビタミンB3

 ビタミンB5

 ビオチン

 カルシウム

 システイン

 アミノエチルスルホン酸(タウリン)

 アスパラギン酸ナトリウム

その他の成分

 ヘスペリジン

 コンドロイチン硫酸

 グルクロノラクトン

 ガンマ‐オリザノール

第15節:公衆衛生用薬

 総論とかまとめ

消毒薬の成分

 クレゾール石鹸液

 エタノール

 イソプロパノール

 クロルヘキシジングルコン酸塩

 次亜塩素酸ナトリウム

 サラシ粉

 ジクロルイソシアヌル酸ナトリウム

 トリクロルイソシアヌル酸ナトリウム

有機リン系殺虫成分

 ジクロルボス

 ダイアジノン

 フェニトロチオン

 フェンチオン

 トリクロルホン

 クロルピリホスメチル

 プロペタンホス

ピレスロイド系殺虫成分

 ペルメトリン

 フェノトリン

 フタルスリン

カーバメイトイト系殺虫成分

 プロポクスル

オキサジアゾール系殺虫成分

 メトキサジアゾン

有機塩素系殺虫成分

 オルトジクロロベンゼン

昆虫成長阻害成分

 メトプレン

 ピリプロキシフェン

 ジフルベンズロン

殺虫補助成分

 ピペニルブトキシド(PBO)

 チオシアノ酢酸イソボルニル(IBTA)

忌避成分

 ディート

第16節:一般用検査薬

 尿糖・尿タンパク検査薬

 妊娠検査薬

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者:語呂合わせ」などがある「登録販売者の投稿記事 」で、ヒマな時間を潰してください。

 なお、試験勉強の詳細や医薬品の勉強については「登録販売者の独学」を、独学向け教材については「登録販売者の教材レビュー」を参考をば。

みんなとシェアする