「 登録販売者-医薬品 」タグの投稿記事

登録販売者 医薬品 サルファ剤(スルファジアジン、ホモスルファミン、スルフイソキサゾール)、バシトラシン、硫酸フラジオマイシン、クロラムフェニコールの憶え方とまとめ‐「皮膚に用いる薬」の「抗菌作用を有する配合成分」

「皮膚に用いる薬」の「抗菌作用を有する配合成分」の成分ですが、本試験では、基本の「名称‐効能」が問われるのが関の山です。 出題実績はほとんどないのですが、ここ最近では、ちらほら散見されており、油断ができません。 このページを「お気に入り」に入れておいて、直前期あたりで、押えてしま...続きを見る

2022年3月29日 9:57 AM

登録販売者 駆虫薬の回虫・蟯虫の憶え方と語呂合わせ‐カイニン酸・サントニン・ピペラジンリン酸塩・パモ酸ピルビニウム

「駆虫薬」ですが、頻出論点に、「回虫に効くか?蟯虫に効くか?」があります。 カンタンな語呂合わせや、くすぐり的なフレーズで憶えられるので、活用してください。 サントニン 「サントニン」ですが、ですが、「回虫」に効果のある駆虫薬です。 手引きには、「回虫に痙攣を起こさせる作用を示し...続きを見る

2022年3月29日 9:37 AM

登録販売者 みずむしの抗真菌成分(シクロピロクスオラミン、ウンデシレン酸、ウンデシレン酸亜鉛、ピロールニトリン、トルナフタート、エキサラミド)の憶え方

みずむしの抗真菌成分の「シクロピロクスオラミン」以下のマイナー成分が全国的に出題されるようになっています。 マイナー成分ですが、余裕があれば、押えておきたいです。 とはいえ、当該論点は、費用対効果がそれほどではないので、このページを「お気に入り」に入れておいて、終盤あたりで、押え...続きを見る

2022年3月24日 2:02 PM

登録販売者 ビタミン成分の別名の語呂合わせ・憶え方‐ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12

「医薬品」の「滋養強壮保健薬」に登場するビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12の別名をまとめています。 最近では、“別名のみ”の出題も散見されるので、押さえておくべきです。 なお、ビタミンA等は、「ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC」にまとめています...続きを見る

2022年3月20日 11:23 AM

登録販売者 ビタミン成分の語呂合わせ・憶え方‐ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC

「医薬品」の「滋養強壮保健薬」に登場するビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンCの別名をまとめています。 最近では、“別名のみ”の出題も散見されるので、押さえておきましょう。 なお、ビタミンB1等の別名のページは、「ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンB6,ビタミンB12」...続きを見る

2022年3月20日 11:15 AM

登録販売者 医薬品 アナフィラキシーの副作用のまとめ‐ピレンゼピン塩酸塩,クロモグリク酸ナトリウム,ケトプロフェン

登録販売者の試験科目の「医薬品」から、まれに重篤な副作用として、「アナフィラキシー」の生じる成分を、まとめました。 このページでは、手引きにて、「アナフィラキシー」と、表記されているものをまとめています。 んで、手引きにおいて、「ショック(アナフィラキシー)」と、括弧掛けで表記さ...続きを見る

2021年12月17日 7:35 AM

登録販売者 医薬品 ショック(アナフィラキシー)の副作用のまとめ‐解熱鎮痛成分,ヨウ素系殺菌消毒成分,クロルヘキシジングルコン酸塩,タンニン酸アルブミン,ロペラミド塩酸塩,ブチルスコポラミン臭化物,炭酸水素ナトリウム,リドカイン,メキタジン

登録販売者の試験科目の「医薬品」から、まれに重篤な副作用として、「ショック(アナフィラキシー)」の生じるものを、まとめました。 選択肢の1つとして登場するので、まとめて憶えてしまいましょう。 なお、手引きにて、「アナフィラキシー」とだけ表記されるものは、「登録販売者 医薬品 アナ...続きを見る

2021年12月4日 10:57 AM

登録販売者「日本薬局方」のある成分のまとめ‐グリセリン,ヒマシ油,クレゾール石鹸液

「医薬品」の論点に、「日本薬局方」があります。 当該日本薬局方の問題ですが、これまでは、「生薬」でのみ散見されていました。 参考:東京都 R2 第72問 参考:東京都 R2 第79問 参考:登録販売者「日本薬局方」のある生薬のまとめ しかし、最近になって、「東京都 R3 第96問...続きを見る

2021年11月22日 8:55 AM

【改正により削除】登録販売者 漢方処方製剤の「幅広く応用できる」と「広く応用できる」と「幅広く用いることができる」のまとめ‐半夏厚朴湯,桔梗湯,響声破笛丸,大黄甘草湯,抑肝散,抑肝散加陳皮半夏

令和4年度の手引き改正により、 漢方処方製剤の体力規定(虚実)から、「幅広く応用できる」と「広く応用できる」と「幅広く用いることができる」の表記が削除されました。 「幅広く」ウンヌンは、もう試験には出ないので、憶えないようにしてください! 以下は、記録的・アーカイブ的なものとして...続きを見る

2021年4月30日 12:27 PM

登録販売者 手引きにない漢方処方製剤のまとめ‐大建中湯,五苓散

登録販売者試験の「医薬品」は、年々難化しています。 「漢方処方製剤」では、手引きに記載のない漢方処方製剤が出題される可能性があります。 以下に、わたしが目にした範囲で、「手引きにない漢方処方製剤」を、リストアップしました。 対策も併記しているので、試験勉強の中盤あたりから、チェッ...続きを見る

2021年3月5日 12:34 PM