エフェドリン塩酸塩‐登録販売者

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 エフェドリン塩酸塩は、「排泄に関わる部位に作用する薬」の「止血成分(アドレナリン作動成分)」として配合されています。試験のポイントをまとめたり、出題傾向を「○×」形式の過去問で紹介したりしています。通勤・通学時のおさらい用にどうぞ。

インデックス

  1. おさらい‐手引き抜粋
  2. 傾向と対策、優先順位
  3. 過去問○×問題
  4. 解説
  5. 試験ポイント
  6. 他のページ

おさらい‐手引き抜粋

 復習用に、手引きを抜粋すると…、

 「止血成分:アドレナリン作動成分

 「血管収縮作用による止血効果を期待して、」

 「テトラヒドロゾリン塩酸塩、メチルエフェドリン塩酸塩、エフェドリン塩酸塩、ナファゾリン塩酸塩等のアドレナリン作動成分が配合されていることがある。」

 …と、相なります。

傾向と対策、優先順位

 ご存じのように、「エフェドリン塩酸塩」は、「排泄に関わる部位に作用する薬」の「止血成分(アドレナリン作動成分)」として登場します。

 当該成分の配合された市販薬ですが、わたしが調べた範囲では、見当たりませんでした。興味のある方は、深く検索してみてください。

 当該市販薬事情を受けてか、試験にはあまり出ません。

 出ても、「北海道 R3 第41問」のような、基本的な出題に留まっています。

 優先順位は、「ふつう」です。

過去問○×問題

 エフェドリン塩酸塩は…、

 ① エフェドリン塩酸塩は、血管収縮作用による止血を期待して配合される。

 …といった感じで出題されます。

 ①の正誤はこちらです。

解説

 先の○×問題の解説です。

 ①の「エフェドリン塩酸塩は、血管収縮作用による止血を期待して配合される」ですが、正しい記述です。

 エフェドリン塩酸塩は、「止血成分(アドレナリン作動成分)」です。

 よって、①は、「○」となります。

 先述したように、当該成分は、痔の薬では、あまり出題されません。基本の「成分名‐名称」さえ、押えておけば、試験的には十分です。

試験ポイント‐濫用おそれ

 当該「エフェドリン」ですが、令和5年度の改正により、「濫用等のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する医薬品」に該当することになりました。

 参考:令和5年度 手引き改正

 「法規」の論点ですが、「医薬品」でも、依存性等の論点が出そうなので、チェックしておきましょう。

他のページ

 「排泄に関わる部位に作用する薬」の「止血成分(アドレナリン作動成分)」へのリンクです。

 テトラヒドロゾリン塩酸塩

 メチルエフェドリン塩酸塩

 エフェドリン塩酸塩

 ナファゾリン塩酸塩

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は…、

 テキストは、初心者向けでオマケ付きの「 らくらく完全攻略!登録販売者試験合格テキスト&問題集 第4版 」で…、

 過去問は、掲載問題数が一番多い「 超重要!登録販売者過去問題集 '23年版 (2023年版) 」を使えば支障ありません。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする