内服アレルギー用薬の抗炎症成分‐登録販売者

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 「内服アレルギー用薬」に配合されている「抗炎症成分」のまとめ。抗炎症成分は風邪薬や鎮咳去痰薬等で出るのが大半で、内服アレルギー用薬では、ほとんど試験に出ません。出たにしても、他の単元で勉強していれば点数で切るものばかりです。試験のポイントをまとめたり、出題傾向を「○×」形式の過去問で紹介したりしています。通勤・通学時のおさらい用にどうぞ。

傾向と優先順位

 「内服アレルギー用薬」に配合されている「抗炎症成分」ですが、あまり試験には出ません。

 抗炎症成分の大半は、風邪薬等で登場したものばかりです。

 また、「内服アレルギー用薬」だからといって、目新しい論点もなく、本節の抗炎症成分については、新たに勉強することはありません。

 試験的には、他の医薬品のところで抗炎症成分を勉強していれば、当該「内服アレルギー用薬」の「抗炎症成分」も、穏当に正解できるはずです。問題に大差はありません。

 んなもんで、当該成分については、本ページでひとまとめにしています。

「内服アレルギー用薬」に配合されている「抗炎症成分」

 「内服アレルギー用薬」に配合されている「抗炎症成分」は…、

 グリチルリチン酸二カリウム、グリチルリチン酸、グリチルリチン酸モノアンモニウム、ブロメライン、トラネキサム酸となっています。

 これらの抗炎症成分は、他の風邪薬等で問われるのが常です。

 ところで、当該単元では、「グリチルリチン酸」と「グリチルリチン酸モノアンモニウム」が新しく登場するのですが、「内服アレルギー用薬」の市販薬は見当たりませんでした。また、過去問においても、「グリチルリチン酸」と「グリチルリチン酸モノアンモニウム」の登場はほとんどありませんでした。

 テキストにも、これといった記述がないので、「グリチルリチン酸二カリウム」に準じる抗炎症成分と考えておいて、支障ないかと思います。

○×等のリンク

 「内服アレルギー用薬」の「抗炎症成分」の過去問○×問題は、他の医薬品のところで演習してみて下さい。過去問には、単独ではほとんど登場せず、でした。

 以下は、風邪薬の抗炎症成分のリンクです。

 グリチルリチン酸二カリウム

 ブロメライン

 トラネキサム酸

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする