「 登録販売者 憶え方 」タグの投稿記事

登録販売者の「去痰成分」の憶え方(語呂合わせ)と整理

「去痰成分」ですが、これまでは、何が去痰成分なのか、その「名称」さえ憶えていれば、だいたい点が取れていました。 たとえば、「カルボシステイン・・・抗炎症成分」といった問題です。 「×」ですね。カルボシステインは、去痰成分です。 しかし、昨今では、試験の「難化」が進み、「福岡県 R...続きを見る

2020年4月28日 11:05 午前

適正使用の「副作用報告」の期限のまとめと憶え方‐登録販売者

まずもって、「副作用報告」の期限で、一番よく出るのは、「医薬関係者」の「特に定められていない」です。 んなもんで、たとえば、「登録販売者は、副作用を知ったときは、15日以内に報告しなければならない。」といった選択肢は、「×」となります。 登録販売者も、当該医薬関係者に含まれるため...続きを見る

2019年12月17日 3:32 午後

一般用医薬品の役割の憶え方

一般用医薬品の「役割」ですが、数が多いため、実に狙われている論点です。 ほぼ択一式ですが、ときおり、穴埋め問題で出るので、キーワードをキッチリ押えておきましょう。 憶え方には「コツ」があって、「医薬品を念頭に」です。 一般用医薬品の役割 まず、おさらいからです。 一般用医薬品の役...続きを見る

2019年11月12日 11:37 午前

副作用被害救済制度の対象外の憶え方+語呂合わせ‐軽度障害から精製水・ワセリンまで‐登録販売者

医薬品の中には、救済制度の対象とならないものがあります。 リスト化して挙げると…、 軽度の障害 不適切使用 製品不良など、製薬会社に賠償責任がある 無承認・無許可医薬品 健康食品 個人輸入された医薬品 要指導医薬品 殺虫剤・殺鼠剤 殺菌消毒剤(人体に直接使用するものを除く) 一般...続きを見る

2019年11月12日 10:29 午前

濫用等のおそれのある医薬品の憶え方‐エフェドリン,コデイン,ジヒドロコデイン,ブロモバレリル尿素,プソイドエフェドリン,メチルエフェドリン‐登録販売者

「法規」の頻出論点に「濫用等のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する医薬品」があります。 ただ、憶えるだけで、1点が取れるので、通勤・通学時に、憶えきってしまいましょう。 なお、本試験のほとんどの問題は、「名称」を問うだけです。 しかし、ごく稀に、括弧内のことも問われます。...続きを見る

2019年11月12日 10:22 午前

一般用医薬品の定義のまとめ‐登録販売者

登録販売者の業務範囲は、ごぞんじのように、一般用医薬品の「第2類医薬品」と「第3類医薬品」です。 そのためか、「基本的知識」の「一般用医薬品の定義」は、最頻出論点となっています。 択一式から、穴埋め式まで、幅広く問われます。 以下のポイントを、キッチリ押えれば、1点です。 一般用...続きを見る

2019年11月10日 12:29 午後

「リスク評価基準」の憶え方‐GLP、GCP、GPSP、GVP‐登録販売者

「基本的知識」の論点で、ほぼ毎年出題されているのが「リスク評価基準」です。 以下に、憶え方のコツを述べていきます。 当該論点は、おなじみのアルファベットの奴ですが、略記で、英語表記で、そして、日本語訳も難しいとあって、受験生を落とす格好の論点となっています。 選択肢の1つとして、...続きを見る

2019年11月10日 12:25 午後

登録販売者の「人体の働きと医薬品(人体)」のアポクリン腺とエクリン腺の憶え方

結論から言うと、語呂「アホほど臭いワキガ、エグイ体臭」で憶えます。 語呂の構成は以下。 「アホほど臭いワキガ」は、「アホ」が「アポクリン腺」で、ワキガは「腋窩(脇の下)」の「脇」に該当します。 言うまでもないですが、「アホ」は、「アポクリン腺」の頭文字「アポ」の「ポ」から「半濁点...続きを見る

2018年5月31日 1:33 午後

登録販売者の「人体の働きと医薬品(人体)」のケラチン・セラミドの憶え方

まず、前提の知識ですが、皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層構造からなっています。これも、実によく出ています。 んで、本ページのテーマである「ケラチン・セラミド」が出てくるのは、「表皮」のところです。 当該表皮は最も外側にある「角質層」と「生きた表皮細胞の層」に分けられます。 で、...続きを見る

2018年5月26日 10:10 午前

「人体」の血液の循環量15%、酸素の消費量20%、ブドウ糖の消費量約25%の憶え方‐登録販売者

「人体」の「脳」のところでは、数字問題が出ます。 出るのは、『血液の循環量は心拍出量の約15%、酸素の消費量は全身の約20%、ブドウ糖の消費量は全身の約25%』のところです。 これは、そこそこ簡単に憶えられます。 まず、「酸素の消費量は全身の約20%」から見てきましょう。 酸素の...続きを見る

2018年5月15日 9:54 午前