アモロフィン塩酸塩‐登録販売者

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 アモロフィン塩酸塩は、「皮膚に用いる薬」の「その他の抗真菌成分」として配合されています。試験のポイントをまとめたり、出題傾向を「○×」形式の過去問で紹介したりしています。通勤・通学時のおさらい用にどうぞ。

傾向と優先順位

 ご存じのように、「アモロフィン塩酸塩」は、「皮膚に用いる薬」の「その他の抗真菌成分」に登場します。

 当該成分の配合された市販薬ですが、わたしが調べた範囲では、見当たりませんでした。興味のある方は、深く検索してみてください。

 「その他の抗真菌成分」成分は、出る都道府県では、頻繁に出ます。優先順位は「やや高い」です。

過去問○×問題

 当該成分は…、

 ① アモロフィン塩酸塩は、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の透過性を変化させることにより、その増殖を抑える。

 …といった感じで出題されます。

 ①の正誤はこちらです。

例題解説

 先の○×問題の解説です。

 ①の「アモロフィン塩酸塩は、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の透過性を変化させることにより、その増殖を抑える」ですが、ひっかけ問題です。

 アモロフィン塩酸塩は、確かに、問題文の言うように、「皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げる」ことで、抗真菌の増殖を抑えます。

 しかし、後半部分の「細胞膜の透過性を変化させる」作用は、アモロフィン塩酸塩には「ない」のです。

 「皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げる」作用と「細胞膜の透過性を変化させる」作用の「2つ」があるのは、イミダゾール系の抗真菌成分です。

 対して、アモロフィン塩酸塩のような「その他の抗真菌成分」には、「皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げる」作用の「1つ」しかない、といった次第です。

 要は、後半部分の「細胞膜の透過性を変化させる」が誤りといった次第です。

 よって、①は、「×」となります。

試験のポイント

 「その他の抗真菌成分」には、憶え方あります。

 「あ、もろにぶってる」でおなじみの「みずむしの抗真菌成分‐登録販売者 医薬品の語呂合わせ」を、ご参考ください。

他のページ

 「外皮用薬」の「その他の抗真菌成分」へのリンクです。

 アモロフィン塩酸塩

 ブテナフィン塩酸塩

 テルビナフィン塩酸塩

 シクロピロクスオラミン

 ウンデシレン酸

 ウンデシレン酸亜鉛

 ピロールニトリン

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする