ネチコナゾール塩酸塩‐登録販売者

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 ネチコナゾール塩酸塩は、「皮膚に用いる薬」の「イミダゾール系抗真菌成分」として配合されています。試験のポイントをまとめたり、出題傾向を「○×」形式の過去問で紹介したりしています。通勤・通学時のおさらい用にどうぞ。

傾向と優先順位

 ご存じのように、「ネチコナゾール塩酸塩」は、「皮膚に用いる薬」の「イミダゾール系抗真菌成分」に登場します。

 当該成分の配合された市販薬ですが、わたしが調べた範囲では、見当たりませんでした。興味のある方は、深く検索してみてください。

 「イミダゾール系抗真菌成分」成分は、出る都道府県では、頻繁に出ます。優先順位は「やや高い」です。

過去問○×問題

 当該成分は…、

 ① ネチコナゾール塩酸塩は、細菌のタンパク質合成を阻害することにより抗菌作用を示す。

 …といった感じで出題されます。

 ①の正誤はこちらです。

例題解説

 先の○×問題の解説です。

 ①の「ネチコナゾール塩酸塩は、細菌のタンパク質合成を阻害することにより抗菌作用を示す」ですが、一目で誤りとわかります。

 ネチコナゾール塩酸塩は、「イミダゾール系の抗真菌成分」です。

 よって、①は、「×」となります。

 なお、イミダゾール系抗真菌成分は、「皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の透過性を変化させる」作用があります。

 問題文の言う「細菌のタンパク質合成を阻害する」うんぬんは、「たんぱくなおじも、黒ラム酒でフラダンス」でおなじみの「硫酸フラジオマイシン」と「クロラムフェニコール」です。

くだらない憶え方

 イミダゾール系の抗真菌成分のキーワードは、「皮膚糸状菌の細胞“膜”を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の“透”過性を変化させる」から抽出します。

 くだらないですが、「みずむしの膜は透ける」くらいに頭に入れます。

 「膜」は、「細胞“膜”を構成する成分の産生を阻害」に当たります。

 「透ける」は、「細胞膜の“透”過性を変化」のところです。

 くだらないですが、試験的には十分かと思います。

試験のポイント

 イミダゾール系抗真菌成分は、たくさんありますが、全部が全部、出るわけではありません。

 まず、筆頭の「オキシコナゾール硝酸塩」だけを頭に入れて、残りは、「みずむしの抗真菌成分‐登録販売者 医薬品の語呂合わせ」などを参考に、ざっくり押えていくとよいでしょう。

 あと、「使用を避ける」があります。

 念のため、「イミダゾール系抗真菌成分のみずむし薬でかぶれたことのある人は、他のイミダゾール系の製品を避ける」を、押えておきましょう。

他のページ

 「外皮用薬」の「イミダゾール系抗真菌成分」へのリンクです。

 オキシコナゾール硝酸塩

 ネチコナゾール塩酸塩

 ビホナゾール

 スルコナゾール硝酸塩

 エコナゾール硝酸塩

 クロトリマゾール

 ミコナゾール硝酸塩

 チオコナゾール

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする