乙6公式過去問解説

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 第31問は、第6類危険物でおなじみの「硝酸」を問う問題です。本問は、「化学式当て」の独特な出題形式となっています。本試験でこういう問題に遭遇しても大丈夫なようにしておきましょう。ま、問題自体は、基礎・基本の知識で解答できます。

31問‐硝酸

 

 本問のレベルは「やさしい」です。

 しかし、「HNO3」が、硝酸の化学式とわからないと、手も足も出ない問題となっています。

 危険物取扱者試験では、物化を除けば、化学式の勉強は、ほとんど必要ありません。

 しかし、第6類だと、危険物の数が「6個」しかないため、本問のような、「化学式当て」の問題も出題される可能性があります。

 「HNO3」を硝酸と知らなかった人は、念のため、過酸化水素(H2O2)などの化学式も押えておきましょう。

 まあでも、クソややこしいハロゲン間化物の化学式は、押さえなくてもいいと思います。

 本問の答えは、「こちら(番号のみ)」です。

選択肢1

 選択肢1の「酸化力は強い」云々ですが、その通りです。

 言うまでもなく、硝酸(HNO3)は、酸化性液体です。酸化力が強いから危険物指定されてるわけです。

 従って、本選択肢は「○」となります。

選択肢2

 選択肢2の「有機物に接触すると、発火させるおそれ」云々ですが、その通りです。

 従って、本選択肢は「○」となります。

選択肢3

 選択肢3の「湿気を含む空気中で発煙」云々ですが、その通りです。

 濃度の高い硝酸は、空気中の湿気と反応して、発煙します。

 硝酸さんのお兄さんの「発煙硝酸」さんを思い出してください。

 従って、本選択肢は「○」となります。

選択肢4

 選択肢4の「皮膚に触れた場合、薬傷」云々ですが、その通りです。

 常識的に考えたら、大丈夫でしょう。ジュウ。

 従って、本選択肢は「○」となります。

選択肢5

 選択肢5の「光や熱で分解されないので、透明のビンで保存」云々ですが、これは、誤りです。

 硝酸は、光や熱に弱いです。容易に分解されて、二酸化窒素と酸素を生成します。

 んなもんで、透明なビンでの保存は不適当です。

 従って、本選択肢は「×」で、本問の正解となります。

 なお、硝酸の保存容器ですが、金属を腐食するので、ステンレスまたはアルミニウム製の容器を使います。こっちの方もよく出ます。

まとめ

 本問は、「誤っているものはどれ?」の問題です。

 明らかに選択肢5が間違っています。従って、選択肢5が正解です。

 正解:5

 次の問題へ。

過去問その他の問題

 本問以外の問題は、以下のリンク先にあります。

 通勤・通学中にどうぞ。

乙種6類

 25問:類別の性状・・・基本中の基本問題。「やさしい」。

 26問:6類の貯蔵取扱・・・「やさしい」。

 27問:6類の性状・・・「やさしい」。基本問題。

 28問:火災予防・消火方法・・・「やさしい」。

 29問:過塩素酸・・・「やさしい」。

 30問:アラカルト・・・「やさしい」。

 31問:硝酸・・・「やさしい」。解けなくはない。

 32問:三フッ化臭素・・・「やさしい」。取れる問題。

独学向け教材

 「教材レビュー」にて詳細に述べていますが、読むのがメンドウな人は…、

 テキストは、文系でも大丈夫な「チャレンジライセンス 乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者テキスト 新訂版」を、過去問は「乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者試験」を利用します。

 危険物取扱者試験は、難化傾向にあるので、テキスト+過去問で勉強するのが無難です。

 なお、わたしのようにクレカ使用が嫌いな人で、コンビニ支払いが多い人は、「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を推薦します。

 1~2%の割引きがあるので、クレカのキャッシュバックを享受できます。

PDF過去問の閲覧

 

 PDFの閲覧は、スマホだと画面が小さくて見難く、PCだとキーボードやマウス、配線等が邪魔で、かなりイライラします。

 本格的な“過去問演習”には、「タブレット」が最も勝手がよく、ストレスが少ないです。

 手許に「タブレット」がない人は、最もコスパの高い、アマゾンの「Fire HD」を推薦します。他のタブレットと性能が遜色ないくせに、値段は数割安く、もちろん、PDF過去問の閲覧も可能で、費用対効果が秀逸です。

 受験が終わっても、ボイラーや冷凍機械等の試験で使えるし、サブ機としても使えます。2電工を機に「Fire HD」を検討するのも、損はないです。

危険物取扱者のこまごましたもの

 危険物取扱者に関するこまごましたことは、たとえば、「危険物取扱者や消防設備士を他府県受験するときの願書と封筒」などを、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「危険物取扱者:ブログ記事」をばご参考ください。

 試験科目個々の勉強方法は、「乙6の独学」をお読みください。

みんなとシェアする