乙4 不合格対策

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 すべて無料。危険物取扱者 乙種4類(乙4)に落ちた人向けの再受験の手引き(不合格対策)。「やってはいけない」ことや「チェックポイント」を列挙し、不合格の原因調査を行う。また、再受験の教材についてや、法令・性消・物化の科目別対策を併せて述べる。公式の過去問(例題)の紹介や試験勉強に役立つリンクを一覧化して挙げている。

乙4に落ちたときに読むページ

 危険物の乙4ですが、基本的に、ちゃんとやれば受かる試験です。

 逆を言えば、「不合格」とは、ちゃんとやれてないだけの話です。

 以下に述べる注意事項やチェックポイントを元に、次こそは、リベンジを果たしてください。

 なお、独学については、メインページたる「乙4独学」の方も、一読願います。

インデックス

  1. やってはいけない
  2. チェックポイント 原因調査
  3. 再受験の教材について
  4. 科目別対策‐法令
  5. 科目別対策‐物化
  6. 科目別対策‐性消
  7. 公式の過去問(例題)で力試し
  8. まとめ
  9. 勉強リンク一覧+こまごまリンク

 以上のように、このページは、“そこそこ”長いです。

 「お気に入り」に入れておいて、試験勉強の息抜きに、ぼちぼちと見てってください。

やってはいけない・べからず集

 まずもって、不合格の原因である「ダメ勉強」を列挙しておきます。

 もし、該当するようなら、即断に改善しましょう。

 まずもって、「合格基準を理解していない勉強」です。

 乙4は、“科目ごと”に6割を取らなくてはいけません。

 “全体で6割”ではないので、くれぐれも、注意してください。

 最後の最後まで、乙4の合格基準を失念している人が多数います。

 次に、飲むと落ちます。

 乙4は、「暗記と記憶」の試験であり、「アルコール」と、最悪の相性です。

 飲みながらの勉強は、片端から忘れていくため、寸毫とも勉強したことになりません。

 気持ちはわかりますが、まずもって、試験勉強中にアルコールの摂取は止めてください。

 また、勉強後のアルコールも、止めましょう。

 少なくとも、本試験の1ヶ月前は「節酒」で、1週間前からは「禁酒」が鉄則です。

 アルコールは、合格後に、合格通知を前に、腰を据えて飲んでください。

 最後に、「あやふやな勉強」です。

 10の曖昧な知識より、正確な1つの知識の方が受かります。

 雑にやらず、丁寧に押えていってください。

チェックポイント 原因調査

 不合格の原因を挙げていくので、各自でチェックしてください。

 該当するようなら、それが落ちた理由です。

 まずもって、「苦手科目がある」です。

 先に見たように、乙4は“科目ごとに、6割正解”という合格基準があります。

 そのため、1つでも、苦手科目があると、その科目が原因で落ちることになります。

 今後の試験勉強では、苦手科目(6割を切った科目)に、尽力してください。

 次に、「完ぺき主義‐1から10までやる」です。

 乙4は、100点取れなくても、受かります。

 よって、テキストの隅から隅まで、徹底しないでも、合格できます。

 真面目な人は、全部が全部を生真面目にやろうとするため、結果的に、頻出論点や定番論点が疎かになって、失点しています。

 こういうとアレですが、乙4は、試験に出るところだけやればいい試験です。

 そこそこ勉強したのに落ちたという人は、自身が「完ぺき主義」に陥ってないか、チェックしてください。

 次に、「論点の捨て過ぎ」です。

 確かに、乙4では、その費用対効果から、論点を「捨てる」ことが大事となっています。

 しかし、それは、どうにも誰にも解けない「難問」に備えるためだったり、お手上げの苦手論点に限った話です。

 ふつうに勉強すれば取れる論点は、言うまでもないですが、捨ててはいけません。

 これもメンドウ、あれもシンドイで、取れる論点を捨てまくっている人がいますが、自分を甘やかしてはなりません。

 次に、「テキスト偏重」です。

 乙4は、テキストも大事ですが、それ以上に、過去問のほうが大事です。

 机の前でテキストを読むよりも、電車・バス内で過去問を解く方が点数は伸びます。

 後述しますが、問題を解く方が頭に残るので、以降の勉強は、過去問を徹底するようにしてください。

 最後に、最も多いのが、「勉強不足」です。

 乙4だからと言って、舐めてませんか?

 昔と違い、今の乙4は、ちゃんと勉強しないと、まぐれでも受からない試験と変貌しています。

 きちんと勉強する覚悟で、乙4に臨みましょう。

 ウダウダ受験を繰り返すより、1回でパスする方が賢明です。

再受験の教材について

 「教材レビュー」でも述べていますが、テキストは、どの出版社のものでも、そう大差はありません。

 余程に相性が悪いとか、使いにくいとかでない限り、テキストの買い替えは、無用です。

 しかし、「過去問」となると、話が異なります。

 乙4の過去問(過去問題集)は、古い問題しか載ってない「ダメ教材」が大量にあるので、注意が必要です。

 「過去問」は、毎年版が改められて、最新の問題が解ける「乙種4類 危険物取扱者試験」を、使用しましょう。

 個人的に、乙4の過去問は、これ一択です。もし、これを使ってないなら、この過去問でリベンジを果たしてください。

 当方、甲種受験時に、この出版社の過去問を使ったのですが、これで受かったようなものです。

科目別対策‐法令

 一口で言うと、「法令」は、「問題演習」が最も効率的な勉強となっています。

 テキストの長々とした記述を読むと、眠たくなります。

 だからこそ、「問題演習」を、やりまくりましょう。

 紹介するテキストや過去問には、たくさんの問題があります。

 前回の試験で、「法令」が原因で落ちた人は、テキスト・過去問の問題を、「5回」解いてください。

 ここまでやっていれば、穏当に「6割」は確保できるはずです。

 なお、「理系」の人で「法令」が苦手な方がおられますが、そういう人は、「難しく考えている」ことが多いです。

 ぶっちゃけ言うと、「法令」は、ルールを憶えるだけの「単調な科目」なのです。

 作業の高低をいれば、「小学生レベル」で、本当に、「憶えるだけ」なのです。

 試験勉強においては、条文の制度趣旨や立法目的、論点の背後関係などを、“気にする”必要はないです。

 たとえば、運搬車両に登載する標識は、「0.3m」と定められていますが、本当に「0.3m」という数字を憶えるだけです。

 本当に「憶えるだけ」で、頭を使わないため、単調さに辟易したり、不安になるかもですが、それが「法令」の勉強なので、我慢してください。

 なお、後述の「勉強リンク」に、語呂合わせや憶え方をまとめたページを挙げているので、フル活用してください。

科目別対策‐物化

 「物化」は、「理系」に人にとってはなんともない科目ですが、「文系」の人には、最大の障害となっている科目です。

 「文系」の「物化」対策は、「乙4独学」に、述べています。

 先のページを参考に、「100%」制覇を目指してください。文系は、やれること「100%」をやって、「6割正解」くらいです。

科目別対策‐性消

 「性消」ですが、「乙4独学」で述べているように、「優先順位」が歴然としてあります。

 すべてを漫然とやるのではなく、頻出のものから、押さえて行きましょう。

 また、各成分ですが、試験に出るところが明確にあります。

 後述の「勉強リンク」に、ポイントをまとめたノートがあるので、フル活用してください。

 次に、勉強方法ですが、「性消」では、大量に憶えないといけないため、「問題を解く→テキストを読む」が最も効率的です。

 テキストだけでは飽きます。

 問題演習だけだと、知識が整理されません。

 テキストと過去問とを、一緒にやってみてください。驚くほど、頭に残るはずです。

 最後に、いっぺんに憶えようとしないでください。

 危険物の性質や特徴はたくさんあって、いっぺんに憶えられません。

 1回の勉強で、4~5個の特徴を押さえれば、最上です。

 本試験までに、少しずつ憶えていけばいいのです。

 嫌気の指す“一気にドカッと”の勉強は、控えたほうがよいでしょう。

公式の例題で力試し

 公式には、乙4の例題があります。

 参考:例題:過去に出題された問題

 ある程度、テキストが進んだら、公式の例題で、力試しをして見てください。

 例題がスラスラと解けるようになっていたら、おおむね、本試験でも、点数が確保できるはずです。

 ただ、当該例題には、問題と解答はあるのですが、「解説」がありません。そこで、手前味噌ながら解説を付与しました。

 「危険物取扱者 乙種4類(乙4)の公式過去問+解説」に全問を挙げているので、問題演習の数を稼いでください。

 なお、例題は、本番形式なのか、難問や奇問も出ているので、これらは、解けなくてもOKです。

まとめ

 得意科目や8~9割取れた科目は、ざっくり復習するだけでOKです。

 しかし、苦手科目や合格点が取れなかった科目は、「5回」は、テキストと過去問とを、繰り返してください。

 乙4において、「回数」は、大正義で、やればやるほど、合格が近づきます。

 問題と答えと解き方とが頭に残るくらいに繰り返せば、リベンジは間違いないです。

 前回のどこがダメだったのかを明白にして、シッカリと準備し、そして、やるべきことを繰り返して、再受験してください。

 なお、試験勉強全体のことは、「乙4独学」にまとめているので、まだ未読の方は、一読願います。

勉強リンク一覧+こまごまリンク

 本ページで挙げたリンクのうち、試験勉強に直に役立つのをまとめます。

 公式の過去問に解説を付与したものは、「危険物取扱者 乙種4類(乙4)の公式過去問+解説」です。

 ノートについては…、

 …です。

 語呂合わせ等のページは…、

 …です。

 …このあたりを、細切れ時間でのぞいてみて、使えるものがあれば、採用してください。

 これらのページを最大限に利用すると、格段に、暗記の手間が減るはずです。

 そして、乙4に関するこまごましたことは、たとえば、「危険物取扱者や消防設備士を他府県受験するときの願書と封筒」などを、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「危険物取扱者 乙種4類:ブログ記事」をばご参考ください。

 合格体験記は、「乙種4類の合格体験記」です。

 また、乙4の求人数など、資格情報をまとめた「乙4:独学資格ガイド」も、併せて、お目汚しください。

 ビルメン資格に興味があるなら、「設備系資格優先順位」や「全くゼロからのビルメン資格」が役に立つかと思います。

みんなとシェアする