危険物取扱者 乙種2類(乙2)の合格率と挫折率

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 危険物取扱者 乙種2類(乙2)の合格率と挫折率のデータ。その他、受験者数も併せて挙げる。乙2の合格率は年々、じわじわと下がっていたが、H29では、70%代を回復した。合格率は持ち直すも、受験者も減りつつあり、過去5年で3割以上、減っている。挫折率は低い。おまけの、お布施額と、乙2関連リンクも。

乙種2類(乙2)の合格率

 危険物取扱者の乙種2類(乙2)の直近の平成29年度の合格率は「70.9%」です。

 過去の平均は、「68.0%」となっています。

 乙2の合格率は、試験が難化したため、この数年で60%台に低下していましたが、H29になって、ようやく下げ止まり、「70%」台が回復しました。

 今後も、上昇傾向が続くかどうかは不明です。が、そもそも、乙2は、以前から出題がオーソドックスであり、テキストと過去問をきちんと消化していれば、合格できる試験です。

 合格率の数字には、そう神経質にならずとよいかと思われます。

 ところで、危険物の全種全類の合格率については、「PDF:危険物取扱者 全種全類 合格率一覧」をば参考ください。

受験者数も低下

 さて、乙2は、受験者数の低下が顕著です。

 受験申し込み数は、過去5年で3割以上も下がり、かつては2万人近く申請したのが、今では1万2千人台にまで、落ち込んでいます。

 そもそも、乙2自体に、需要があまりないことが背景にあります。

 参考:乙2独学資格ガイド

 また、「甲種の受験資格になりにくい」のも、一因です。

 「甲種」の受験資格に、「乙類4つ」があるのですが、これは、乙3と乙5が固定で、「乙1 or 乙6」のどちらか、そして、「乙2 or 乙4」のどちらかが指定されています。

 ほとんどの人は、乙種の他の類を受ける場合は、既に乙4は取得済みのため、わざわざ乙2まで受けない、といった次第です。

 本当に、受ける理由の少ない類かと思われます。乙2の受験は、仕事がらみの理由を除けば、「乙種の全類を取っておきたい」くらいしかないように思います。

乙2の挫折率

 挫折率とは、「試験を申し込みはしたが、本試験は受けなかった、試験放棄をした人の割合」です。

 乙2の挫折率は、例年「4%」と低く、申し込んだ人のほとんどが受験していることがわかります。

 ちなみに、乙4の挫折率は「11%弱」で、甲種のそれは、「14%強」となっています。

 乙2の挫折率が低い理由は、「乙種2類の独学」でも述べていますが、やはり、「性消1科目」だからでしょう。

 危険物取扱者の乙種には、試験免除制度があり、乙種の何がし(ほとんどは乙4)があれば、試験科目のうち、「法令」と「物化」が免除され、試験は「性消」の10問だけとなる次第です。

 性消10問分の試験勉強は、おおむね、2週間から3週間あれば、消化できますから、穏当に、本試験に間に合う→試験放棄少なし、ってな具合かと思われます。

 次は、試験放棄者のお布施額です。

おまけ:お布施額

 お布施とは、「試験を放棄した人数に、受験料をかけた数字」です。

 乙2は、おおむね毎年500人が試験を放棄しています。

 乙2の受験料は「3,400円」ですので、1年につき「170万円」が、お布施されていることになります。

 お布施はほどほどに。

乙2の勉強方法など-リンク

 乙2の勉強方法や、独学での進め方は「乙種2類の独学」をばご参考ください。

独学向け教材-リンク

 「教材レビュー」にて詳細に述べていますが、読むのがメンドウな人は…、

 テキストには「チャレンジライセンス 乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者テキスト 新訂版」を…、

 過去問には、「乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者試験」でそろえれば、鉄壁です。(本書は毎年版が改まるので、必ず『年度』を確かめてください。

 高合格率ですが、難化傾向にある今は、テキストに過去問を追加するほうが無難です。

危険物取扱者のこまごましたもの

 危険物取扱者に関するこまごましたことは、たとえば、「危険物取扱者や消防設備士を他府県受験するときの願書と封筒」などを、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「危険物取扱者:ブログ記事」をばご参考ください。

みんなとシェアする