危険物取扱者 乙種1類(乙1)の公式過去問+解説インデックス

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 危険物取扱者 乙種1類(乙1)の公式の過去問の解説。公式の過去問には解説がないので選択肢ごとに解説を付与する。7問分の問題と解説へのインデックス。試験免除を前提としています。

ガイダンス

 公式には、乙種1類(乙1)の「性消」の例題に「7問」が公開されています。

 ご存じでしょうが、本試験の性消は「10問」が出題されます。問題数に「差」があるので、注意してください。

 おおむね、例題の過去問は、「やさしい」ものが大半です。

 しかし、本試験では、ぶっ飛んだ出題があるので、例題の過去問が解けたからといって油断をしてはいけません。

 正直、例題の問題は全問正解できるくらいでないと、危険です。

 本試験での難問・奇問の攻勢は、バグラチオンなみです。本試験では、例題の倍は厳しい問題が出る、と踏んでいてください。

 公式の過去問は「完全な過去問」ではなく、あくまで『参考問題』です。

 問題演習の一環として、通勤や通学時に消化してみてください。

 【注記】H29年度の例題は、一部問題が差し替えられました。新しい問題は「27問:水消火」です。

 削除され、アーカイブ行きになった問題は、「旧26問:消火」です。

乙種1類過去問

 24問:類別の性状・・・基本中の基本。「やさしい」。

 25問:1類の貯蔵取扱・・・「やさしい」。当然。

 26問:1類の性状・・・「やさしい」。絶対取れる。

 27問:水消火・・・「やさしい」。取る。

 28問:塩素酸カリウム・・・「やさしい」。

 29問:硝酸アンモニウム・・・「やさしい」。取れる問題。

 30問:過酸化ナトリウム・・・「やさしい」。

乙1アーカイブ

 旧26問:消火

PDF過去問について

 公式のPDF過去問は、ノートPCやスマホで見ることはできます。

 しかし、本格的な“問題演習”となると、「タブレット」での閲覧が最も勝手がよく、ストレスが少ないです。

 スマホだと画面が小さくて問題文が読み難く、PCだとキーボード等が邪魔で、問題を解くのに集中できない、といった塩梅です。

 

 当方は、PDF形式の過去問は、12インチのタブレット(thinkpad helix2)で閲覧しています。

 PCと違って周辺がごちゃごちゃしないので、普通に「紙」の過去問を解くような感じに、問題演習ができる、といった次第です。

 こんな次第で、PDFタイプの過去問演習でイライラしている方は、「タブレット」の利用を勧めます。

 なお、手許に「タブレット」がない人は、最もコスパの高い、アマゾンの「Fire HD」を推薦します。

 アンドロイド製のタブレットと性能が遜色ないくせに、値段は数割安いので、コストパフォーマンスが秀逸です。もちろん、PDFの閲覧もできます。

 とりわけ、スマホしか持ってない方に勧めます。小さい画面での問題演習は、倍疲れて倍時間がかかります。

 受験が終わっても、アレコレ使えますし、安価なサブ機としても使えます。これを機に「Fire HD」を買っても、損はないです。

 インチ数は8インチから10インチくらいが適当です。

独学向け教材

 「教材レビュー」にて詳細に述べていますが、読むのがメンドウな人は…、

 テキストは、文系でも大丈夫な「チャレンジライセンス 乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者テキスト 新訂版」を、過去問は「乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者試験」を利用します。

 危険物取扱者試験は、難化傾向にあるので、テキスト+過去問で勉強するのが無難です。

危険物取扱者のこまごましたもの

 危険物取扱者に関するこまごましたことは、たとえば、「危険物取扱者や消防設備士を他府県受験するときの願書と封筒」などを、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「危険物取扱者:ブログ記事」をばご参考ください。

みんなとシェアする