危険物取扱者 乙種1類(乙1)の合格率と挫折率

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 危険物取扱者 乙種1類(乙1)の合格率と挫折率のデータ。その他、受験者数も併せて挙げる。乙1の合格率は年々、じわじわと下がっており、70%を切るようになっている。合格者のみならず、受験者も減りつつあり、過去5年で2割以上、減っている。おまけに、お布施額と、乙1関連リンクも。

乙種1類(乙1)の合格率

 危険物取扱者の乙種1類(乙1)の直近の平成29年度の合格率は「68.4%」です。

 過去の5年平均は、「67.8%」となっています。

 乙1の合格率は、例年「70%」台が続いていましたが、試験が難化したため、この数年で60%台に低下しました。

 とはいえ、過去数年にわたって“低下傾向”にあった合格率も、下げ止まった感があり、H29年度では、「65%→68%」と上昇しました。

 もちろん、今後もこの傾向が続くかどうかは、予断を許しません。

 合格率の増減があろうと、“勉強しないと受からない試験”であることに変わりはないので、テキストの精読と過去問演習は、しっかりやっておきましょう。

受験者数も改善

 乙1は、合格率の低下のみならず、受験者数の低下も顕著でした。

 年々、受験者数は下がり続け、過去5年で3割以上も下がり、かつては2万人も申し込んだのが、今では1万3千人にまで、落ち込んでいます。

 しかし、H29年度では、「13114人→13556人」と、わずかながら、上昇しました。

 ところで、乙1は、甲種の受験資格になります。

 当該甲種狙いで乙1を受ける場合、同じ酸化性の「乙6」との選択になるのですが、『乙1を受けるのも悪くない』のです。

 それは、“受かりやすさ”が理由です。

 確かに、乙1のほうがボリュームが大きいです。乙1の危険物は「27個」なのに対し、、乙6では「6個」です。

 乙1のほうが圧倒的に“分量”は多いのですが、“合格率”は…、

 乙1・・・68.4%

 乙6・・・63.6%

 …と、乙1の方が、乙6より、5ポイント近く、高くなっています。

 経験者は語りますが、乙1はオーソドックスな問題が多く、試験勉強に手間を食いますが、勉強しさえすれば、まず間違いなく、合格できます。

 対して、乙6は、凝った出題や、難問・奇問が多く、点数が取りにくいのです。よって、当たった試験によっては、勉強していても、コロッと落ちてしまいます。

 なお、わたしの得点ですが、乙1は7~8割ほど“余裕で”取れていましたが、乙6はギリギリの6点の得点でした。乙6の本試験では、“見知らぬ問題ばかり”で、冷や汗が流れまくってました。

 こんな次第で、甲種受験資格狙いなら、「乙1も悪くない」となっています。

 乙4合格後に、とりあえずは、乙1等で「甲種の受験資格」を得ておくのも悪くはありません。時間に余裕があるなら、受験を考えてみてください。

 参考:乙1独学資格ガイド

乙1の挫折率

 挫折率とは、「試験を申し込みはしたが、本試験は受けなかった、試験放棄をした人の割合」です。

 乙1の挫折率は、例年「4%」と低く、申し込んだ人の大半が受験していることがわかります。

 ちなみに、乙4の挫折率は「11%弱」で、甲種のそれは、「14%強」となっています。

 乙1の挫折率が低い理由は、「危険物取扱者 乙種1類の独学」でも述べていますが、やはり、「性消1科目」だからでしょう。

 危険物取扱者の乙種には、試験免除制度があり、乙種の何がし(ほとんどは乙4)があれば、試験科目のうち、「法令」と「物化」が免除され、試験は「性消」の10問だけとなる次第です。

 性消10問は、おおむね、2週間から3週間あれば、消化できますから、穏当に、本試験に間に合う→試験放棄少なし、ってな具合かと思われます。

 次は、試験放棄者のお布施額です。

おまけ:お布施額

 お布施とは、「試験を放棄した人数に、受験料をかけた数字」です。

 乙1は、おおむね毎年500人強が試験を放棄しています。

 乙1の受験料は「3,400円」ですので、1年につき「170万円」が、お布施されていることになります。

 お布施はホドホドに。

乙1の勉強方法など-リンク

 乙1の勉強方法や、独学での進め方は「乙種1類の独学」をばご参考ください。

独学向け教材-リンク

 「教材レビュー」にて詳細に述べていますが、読むのがメンドウな人は…、

 テキストには「チャレンジライセンス 乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者テキスト 新訂版」を…、

 過去問には、「乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者試験」でそろえれば、鉄壁です。(本書は毎年版が改まるので、必ず『年度』を確かめてください。

 試験そのものは、高合格率ですが、難化傾向にある今は、テキストに過去問を追加するほうが「1発合格」です。

危険物取扱者のこまごましたもの

 危険物取扱者に関するこまごましたことは、たとえば、「危険物取扱者や消防設備士を他府県受験するときの願書と封筒」などを、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「危険物取扱者:ブログ記事」をばご参考ください。

みんなとシェアする