危険物取扱者 乙種5類(乙5)の合格率と挫折率

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 危険物取扱者 乙種5類(乙5)の合格率と挫折率のデータ。その他、受験者数も併せて挙げる。乙5の合格率は、受験者数ともども、年々、じわじわと下がってはいるが、他の類と比べれば緩やかである。H29では、受験者数・合格率が微増した。合格率は高めの部類で、挫折率は少ない。おまけの、お布施額と、乙5関連リンクも。

乙種5類(乙5)の合格率

 危険物取扱者の乙種5類(乙5)の直近の平成29年度の合格率は「69.4%」です。

 過去の平均は、「68.5%」となっています。

 H29の乙5は、合格率が「66.9%→69.4%」と、そこそこ回復しています。

 年々、下がり続けていた乙6でしたが、ようやく下げ止まった感があります。

 今後も、増加するかどうかは、不明で、予断を許しません。

 とはいえ、乙5は、例年、きちんとテキストと過去問を消化していれば合格できるので、合格率等は、そう神経質になる必要はないかと思われます。

 ところで、危険物の全種全類の合格率については、「PDF:危険物取扱者 全種全類 合格率一覧」をば参考ください。

高合格率だが

 乙5は、乙種の中でも合格率の高いほうですが、これには理由があります。

 乙5は、危険物の数が多く、試験勉強の手間がかかるのです。

 このため、試験問題に多少の調整があり、“テキストや過去問を消化していれば、点の取れる出題が多い”といった寸法です。

 しかしながら、乙5は、確かに、70%近い合格率ですが、“決してカンタンではない”ので、注意が必要です。相応の勉強をしておかないと、まぐれでも受かりません。

 そして、乙5の高い合格率の背景としては、「甲種の受験資格獲得」という、具体的な目的を持った受験生が多いのも、一因と思われます。

 「甲種」の受験資格に、「乙類4つ」があるのですが、これは、乙3と乙5が固定で、「乙1 or 乙6」のどちらか、そして、「乙2 or 乙4」のどちらかが指定されています。

 乙5は、受験資格を得るためにはどうしても取得しないといけないため、気合の入った受験生が多い→合格者多い、という塩梅です。

 こうした「受験層」も、高合格率の背景にあります。適当な勉強では落ちるので、安易な受験は控えるべきです。

受験者数

 「甲種の受験資格」になるとはいえ、乙5そのものに大きな需要がないので、受験者数は低下の一途です。

 参考:乙5独学資格ガイド

 H29には、「14042人→14751人」と、微増しましたが、一時的なものかもしれません。

 まあでも、乙4の合格後に、いつでも甲種が受けられるように「甲種の受験資格」を得ておくのは悪くありません。きちんと勉強すれば受かるので、時間に余裕があるなら、乙5の受験を考えましょう。

乙5の挫折率

 挫折率とは、「試験を申し込みはしたが、本試験は受けなかった、試験放棄をした人の割合」です。

 乙5の挫折率は、例年「3%」と低く、申し込んだ人のほとんどが受験していることがわかります。

 ちなみに、乙4の挫折率は「11%弱」で、甲種のそれは、「14%強」となっています。

 乙5の挫折率が低い理由は、「乙種5類の独学」でも述べていますが、やはり、「性消1科目」だからでしょう。

 危険物取扱者の乙種には、試験免除制度があり、乙種の何がし(ほとんどは乙4)があれば、試験科目のうち、「法令」と「物化」が免除され、試験は「性消」の10問だけとなる次第です。

 性消10問分の試験勉強は、おおむね、2週間から3週間あれば、消化できますから、穏当に、本試験に間に合う→試験放棄少なし、ってな具合かと思われます。

 次は、試験放棄者のお布施額です。

おまけ:お布施額

 お布施とは、「試験を放棄した人数に、受験料をかけた数字」です。

 乙5は、おおむね毎年600人が試験を放棄しています。

 乙5の受験料は「3,400円」ですので、1年につき「204万円」が、お布施されていることになります。

 お布施はほどほどに。

乙5の勉強方法など-リンク

 乙5の勉強方法や、独学での進め方は「乙種5類の独学」をばご参考ください。

独学向けの教材

 「教材レビュー」にて詳細に述べていますが、読むのがメンドウな人は…、

 テキストには、文系でも使えるし、基本問題が多くて挫折の少ない「チャレンジライセンス 乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者テキスト 新訂版」を…、

 過去問には、唯一の市販過去問である「乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者試験」でそろえれば、鉄壁です。(当該過去問は毎年版が改まるので、必ず『年度』を確かめて、受験年度の適っているかどうかを確かめてください。

 乙5の合格率は高いですが、それでも、危険物取扱者試験自体が難化しているので、テキストに過去問を追加するほうが無難です。

危険物取扱者のこまごましたもの

 危険物取扱者に関するこまごましたことは、たとえば、「危険物取扱者や消防設備士を他府県受験するときの願書と封筒」などを、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「危険物取扱者:ブログ記事」をばご参考ください。

みんなとシェアする