危険物取扱者 甲種の公式過去問+解説インデックス

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 危険物取扱者 甲種の公式の過去問の解説。公式の過去問には解説がないので選択肢ごとに解説を付与する。約40問分の問題と解説へのインデックス。

甲種過去問解説 インデックス

ガイダンス

 公式には、甲種の例題が「45問」、公開されています。

 ご存じでしょうが、本試験では、「法令」が「15問」、「物化」が「10問」、「性消」が「25問」の合計「45問」が出題されます。

 本試験形式なので、自分がどれだけ取れるか、チェックしてください。

 注意事項あります。

 おおむね、例題の過去問は、基礎・基本的なものが大半ですが、ときおり、難問が、たとえば、「旧2問(R3):指定数量」や「旧10問(R3):危険物保安監督者」があります。

 しかし、こういう難問は、できなくても気にする必要はありません。他の問題で、合格点は、“じゅうぶんに”確保できるからです。

 本試験では、例年、こういう“解けない問題”が出されていますが、まあ、言ってしまえば、一種の“目くらまし”で、受験生を混乱させるのがこれらの役割です。

 基礎・基本的なこと、頻出事項をしっかりやっておけば、試験には受かります。難問や奇問は、拘泥しないようにしてください。時間と労力の無駄です。

文系向け注意2点

 理系の人には無問題ですが、文系には絶対レベルの注意事項が2つあります。

 1点目ですが、鬼門の『物化』に、そこそこ難しい問題が出てきています。

 たとえば、「17問:燃焼」や「23問:炭化カルシウム純度」です。

 「例題」で出ているということは、「本試験」で登場する公算が「大」です。

 すべての問題が、このくらいのレベルになるわけではありませんが、心を引き締めて、「物化」に臨んでください。

 「甲種:文系の独学」でも強調していますが、「物化こそ本試験」です。

 2点目の注意は、「分子式」についてです。

 結論から言うと、基本的な分子式は憶えておく必要があります。

 先に挙げた「17問:燃焼」では、問題文に「エタノール」としか記載されていません。

 また、「43問:硝酸」では、危険物の名称が出ず、「分子式」のみが記載されています。

 こうした問題は、「分子式」を知らないと解きようがないので、基本的なものは、“できるだけ”憶えておく必要があります。文系は白目を剥きそうですが、仕方ありません。配偶者の顔を見れば、“どんなことにも耐えられる”はずです。

 なお、すべての危険物の分子式を覚える必要はありません。

 危険物“個々”の分子式は、6類危険物の代表的なものだけを、たとえば、過酸化水素(H2O2)や硝酸(HNO3)などを、覚えるとよいでしょう。

 対して、他の類では、分子式での出題実績はないので、たとえば、1類の「重クロム酸カリウム(K2Cr2O7)」といった失神しそうなものは、憶えなくてよいかと思われます。

 現下の傾向では、6類危険物の基本的なものは、分子式まで押える、です。

 では、以下に、甲種の例題を挙げていきます。問題演習の一環として、通勤や通学時に消化してください。

法令

 1問:各類性質・・・「ふつう」。

 2問:指定数量・・・「ふつう」。

 3問:予防規定・・・「ふつう」。

 4問:保有空地・・・「ふつう」。

 5問:消火器・・・「ふつう」。

 6問:屋外タンク貯蔵所・・・「ふつう」。

 7問:給油取扱所・・・「ふつう」。

 8問:仮使用・・・「ふつう」。

 9問:監督処分・・・「ふつう」。

 10問:免状の記載内容・・・「やや難」。

 11問:保安講習・・・「ふつう」。

 12問:移動タンク貯蔵所・・・「ふつう」。

 13問:貯蔵取扱・・・「ふつう」。

 14問:定期点検・・・「ふつう」。

 15問:運搬・・・「ふつう」。

物化

 16問:表面燃焼・・・「ふつう」。

 17問:燃焼・・・「難」。

 18問:燃焼点・・・「ふつう」。

 19問:帯電防止策・・・「ふつう」。

 20問:二酸化炭素消火剤・・・「ふつう」。

 21問:混合物・・・「ふつう」。

 22問:起電力・・・「ふつう」。

 23問:炭化カルシウム純度・・・「難」。

 24問:芳香族化合物・・・「ふつう」。

 25問:全圧・・・「ふつう」。

性消

 26問:性状・・・「ふつう」。

 27問:第2類危険物・・・「ふつう」。

 28問:性質・・・「ふつう」。

 29問:5類危険物の貯蔵取扱・・・「ふつう」。

 30問:保護液貯蔵・・・「ふつう」。

 31問:3類消火・・・「ふつう」。

 32問:鉄粉火災・・・「ふつう」。

 33問:1類性状・・・「ふつう」。

 34問:硝酸アンモニウム・・・「ふつう」。

 35問:リン化カルシウム・・・「ふつう」。

 36問:黄りん・・・「ふつう」。

 37問:5類性状・・・「ふつう」。

 38問:ジアゾジニトロフェノール・・・「ふつう」。

 39問:硫黄・・・「ふつう」。

 40問:有害気体・・・「ふつう」。

 41問:アセトアルデヒド・・・「ふつう」。

 42問:アニリン・・・「ふつう」。

 43問:硝酸・・・「ふつう」。

 44問:三フッ化臭素・・・「ふつう」。

 45問:過酸化ナトリウム・・・「ふつう」。

更新履歴

 公式過去問の更新履歴を述べておきます。

令和3年(2021年)

 新しく「3問」が追加されています。

 ・2問:指定数量

 ・10問:免状の記載内容

 ・29問:5類危険物の貯蔵取扱

 …です。

 新問の追加の際、削除された問題があります。

 それらは、以下の…、

 ・旧2問(R3):指定数量

 ・旧10問(R3):危険物保安監督者

 ・旧29問(R3):黄りん

 …に、アーカイブ化しました。

 力試しとして、挑戦してみてください。

令和2年(2020年)

 新しく「4問」が追加されています。

 11問:保安講習

 14問:定期点検

 19問:帯電防止策

 27問:第2類危険物

 …です。

令和元年(2019年)

 令和元年の例題ですが、3問が追加されています。

 「16問:燃焼点」と「28問:鉄粉火災」と「38問:アニリン」です。

 新問追加の分、問題の番号が変わったので、それぞれを修正しています。

独学向け教材

 まず、「理系」からです。

 テキストは「わかりやすい! 甲種危険物取扱者試験」を…、

 問題集は「本試験によく出る! 甲種危険物」を利用します。

 当該2冊は、「危険物取扱者試験」ではド定番のシリーズで、わたしが受けた試験会場では、半数以上の人が手にしており、あまりの利用率に驚いたくらいです。この2冊を使えば、大丈夫でしょう。

 なお、過去問には、「甲種危険物取扱者試験」がありますが、理系の人は、買わなくていいでしょう。

 次に、「文系」です。

 詳細は、「教材レビュー」で述べていますが、読むのが面倒な人は…、

 過去問は「甲種危険物取扱者試験」を…、

 そして、物化が超絶苦手な人は「甲種危険物受験の為の わかりやすい物理・化学 」を使ってください。

 テキストと問題集は、乙種のを再利用します。

 

 おおむね、文系で甲種を受験する人は、わたしのように、受験資格が「4種類(※)」のはずです。テキストと問題集は、「お古」で十分です。わたしは、使い古しのテキストと問題集でざっくり復習し、ほいで、過去問を新たに買ったのですが、これで、9割取れてました。

 ところで、教材類を捨ててしまった人は、ド定番の「わかりやすい! 甲種危険物取扱者試験」を使います。問題集は、過去問で代用できるので要りません。

 なお、過去問の「甲種危険物取扱者試験」は、文系の必須教材ですので、必ず購入ください。

 なお、わたしのようにクレカ使用が嫌いな人で、コンビニ支払いが多い人は、「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を推薦します。

 1~2%の割引きがあるので、クレカのキャッシュバックを享受できます。

PDF過去問の閲覧

 

 PDFの閲覧は、スマホだと画面が小さくて見難く、PCだとキーボードやマウス、配線等が邪魔で、かなりイライラします。

 本格的な“過去問演習”には、「タブレット」が最も勝手がよく、ストレスが少ないです。

 手許に「タブレット」がない人は、最もコスパの高い、アマゾンの「Fire HD」を推薦します。他のタブレットと性能が遜色ないくせに、値段は数割安く、もちろん、PDF過去問の閲覧も可能で、費用対効果が秀逸です。

 受験が終わっても、ボイラーや冷凍機械等の試験で使えるし、サブ機としても使えます。2電工を機に「Fire HD」を検討するのも、損はないです。

危険物取扱者のこまごましたもの

 危険物取扱者に関するこまごましたことは、たとえば、「危険物取扱者や消防設備士を他府県受験するときの願書と封筒」などを、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「危険物取扱者:ブログ記事」をばご参考ください。

 試験科目個々の勉強方法は、文系は「甲種:文系の独学」を、理系は「甲種:理系の独学」を一読をば。

みんなとシェアする