独学資格ガイド

簿記1級(日商簿記検定:1級)

(ぼき1きゅう/にっしょうぼきけんてい1きゅう)

資格評価:1つ星

独学可否:独学合格は可能。管理人未取得。


簿記1級とは?

 簿記1級とは、求人数が平均で「240件」と、求人のある資格である。

 ちなみに、簿記2級は「1,500件前後」で、簿記3級は「1,200件前後」の求人である。

 なお、「簿記1級必須」といったような、直に1級そのものを名指しする求人は多くない。

 よくある文言は「簿記2級以上」で、「以上」部分に1級が含まれているわけだが、1級取得者の絶対数が少ないからかと思われる。

 賃金は、2級・3級と比べると格段に高く、賞与付きも多々ある。

 当人の知識と経験を買われ、経理職のエキスパートや管理職候補として採用されるからである。

 とはいえ、額面が2級・3級と変わらない求人が多いのも事実である。

 求人先は、建築業や物品販売業、サービス業といった一般企業だけでなく、会計事務所からも多々ある。


簿記1級の特典

 簿記1級は、ご存知のように、簿記資格の最高峰であるので、合格者には特典が付与される。

 一番大きいのは、簿記1級に合格すると、税理士の受験資格が得られることである。

 後述するが、簿記1級を積極的に狙う理由は、当該「税理士の受験資格」ぐらいである。

 これ以外は、公式によると、大学の推薦に有利だったり、職業訓練の指導員試験で一部免除されたりするが、大多数の人にはあまり関係がないだろう。


合格率と難易度

 合格率は例年10%台を推移してきたが、最近では、「約8%」に落ち込んで来ている。

 もとより、商業簿記・会計学、工業簿記・原価計算とボリュームが多かったが、昨今の会計制度の変容によって、試験内容・出題論点が増えるとともに難易度も上がり、さらなる難関資格となった。

 しかも、試験科目ごとに合格最低点(個々に4割以上の得点がないとダメ)が設定されており、どの試験科目も手が抜けないため、簿記系資格の最高峰にふさわしい試験となっている。

 ちなみに、合格ラインは「7割」の得点である。


簿記1級か、税理士簿記論か

 簿記1級で一番難しいのは、試験勉強云々以上に、「受験の決意」である。

 簿記1級には、税理士試験の「簿記論」というライバルが存在するからである。

 大学・短大等で「経済学」などを履修していると、当該単位だけで税理士試験の受験資格となる。

 経済学は、経済学部の学生のみならず、一般教養で取る学生も多いので、結構な人に税理士の受験資格があることになる。

 故に、結構な数の人は、簿記1級がなくても税理士試験が受験できるわけである。

 このため、簿記の上級資格を取ろう!と思った場合、『同じ時間と労力を費やすなら、簿記1級より、税理士の簿記論に挑戦するのも、大いにあり』という選択肢が生まれるのである。

 簿記論の科目合格は、簿記1級と同程度か、若しくはそれ以上に評価される『資格』である。能力証明は言うまでもない。

 また、合格率は、両者とも「10%前後」で大差はない。

 勉強期間も、おおよそ半年から1年と、違いがない。

 もちろん、難易度は簿記論の方が高いが、手間の点で、一概に言えない。

 というのも、簿記論では、簿記1級の試験科目である会計学の出題はなく、工業簿記や原価計算の出題がない(商的工業簿記は出題される)ので、労力的には“どっこいどっこい”になってしまうのである。

 逆に、工業簿記や原価計算が苦手という人は、簿記論の方に相性がよいと言わざるを得ない。

 このように、簿記1級受験の決断には、「価値的に」「相性的に」「時間的に」、税理士試験の簿記論を併せて考えねばならないのである。

 で、簿記論の受験を踏まえると、『税理士試験』という長丁場の試験の当否を考慮に入れなくてはならず、“最終合格できるのかよ”とか“中途半端に1科目だけ合格しても意味ないジャン”といったように、考えが麻の如くまとまらなくなるのである。


簿記1級は、がんばれる人だけ受けるべき-非公式の受験資格

 簿記1級の受験生として最適な方は、「税理士というキャリアを本気で考えていて、税理士の受験資格が“ない”人」である。

 こうした人は、簿記1級取得に大いなる“価値”があり、だからこそ、がんばれる。

 そのほか、会計指導者になりたいとか、専門学校等で講師や教師になりたいといった強い思いがあれば、簿記1級という試験を勝ち抜くことができよう。

 また、経理職に長年奉職してきた人が、自身のキャリアの総決算的な意味合いで取るとか、昨今の簿記状況を再勉強するとかであれば、取得を勧められる。

 このように、簿記1級に関して、明白なイメージや目的意識、具体的な取得価値が固まっている人は、「費やす物と得られる物が引き合う」ので、簿記1級に挑戦すべきである。

 簿記1級に受験資格はないが、簿記系最高峰資格に挑戦するに値する、非公式の受験資格は存在するように思われる。

 反対に、単に「1級に憧れる」といった、緩い動機では受験しない方がよく、決意が固まるまでは待った方がよい。

 というのも、「費やす物と得られる物が引き合わない」ので、高確率で挫折するからである。

 はっちゃけた言い方をすると、人間は、馬ニンジン同様に、「利得」が対応していないと動かないのである。

 憧れだけでは、試験勉強の現実に、身体も頭もついてこない。


再度言うが、相当な決意が必要

 先も述べたが、簿記1級は、税理士を目指しているが受験資格のない人等以外には、「これ」といった利点がないので、相当な決意と覚悟がないと、試験勉強が続かない。

 そのうえ、ボリュームの多さが、やる気の“蒸発”に追討ちをかける。

 簿記1級の市販教材は、試験の科目別で編まれており、おおむね、テキスト3~4冊・問題集3~4冊でシリーズ化されていて、簿記2級の倍以上の分量を誇る。

 単価はそれぞれ2,000円強で、教材代だけで12,000円~16,000円強かかり、過去問を加えて2万円近い費えとなる。

 このように、簿記1級は、分量的に、コスト的に、かなりのものがある。

 本屋の店先で、簿記1級の教材がド~ンと積み上がった机を想像してから、受験を決断する方が無難であろう。


まとめ

 簿記1級は、Cクラスとした。

 というのも、簿記1級は“二の足を踏む試験”だからで、加えて、よほどに強い意志がないと、合格できないからである。

 多くの人にとって、「費やす物と得られる物が引き合わない」ので、やる気の維持が最高峰に難しい試験である。

 税理士試験の受験資格があるわたしからすると、「簿記1級」の取得に費やされる時間・コスト・労力と、簿記1級の合格証書とは、全く引き合わない。

 簿記1級を受験するなら、簿記論を受けるだろう。簿記論の方が難しいが、まだ「合格に夢と価値がある」からである。わたしは、「エサ」がないと、動けない。

 なお、就職や転職目的なら、簿記2級や3級で十分であり、簿記1級までは必要でない。

 簿記1級は、個々の事情によって大差のある『取得価値』をきちんと見極めた上で受験すべきであり、従って、一般の老若男女が争って取得する必要もないことから、Cクラスの資格とした。

 ハローワーク平均求人数:253人 (2015/09/30)

 →最新データは、こちら

 →他の会計資格の求人数は、「こちら」まで。

簿記1級の資格メモ

 簿記1級に関する、一般的事柄や試験日程・日時、取得に要する費用等を、以下にまとめました。

簿記1級の一般事項

 商工会議所の実施する「公的資格」で、定番の評価がある。

 簿記1級は、検定試験であり、一定の能力評価がなされる。

 簿記1級は、一般によく知られている資格なので、面接で説明を省略できる。

 簿記1級に、受験資格はない。2級や3級がないと受けられないわけではありません。

簿記1級の試験日程・日時

 例年、6月・11月の、1年に「2回」行われる。2級・3級のように「2月」は実施されないので注意。

 申込み日は、おおむね本試験日の2ヶ月前より受付開始である。

 願書配布も、おおむね本試験日の2ヶ月前より受付開始である。

 願書の配布先は、おおむね商工会議所だが、大きな書店で配られているので、受付に聞いてみるのが吉。

 なお、本ページの作成時では、簿記1級は、「商工会議所」が主催しています。念のため、「簿記1級 公式」などで検索をかけて、必ず正式なソースで情報を検証してください。

簿記1級のめやす取得費用

 一口で言うと、「30,000円前後」である。

 テキスト4冊で、おおむね計8,000円強。

 過去問も4冊で、おおむね計8,000円強。

 過去問は、おおむね3,000円強。

 受験料は、7,710円(例年価格)。交通費や切手代等の雑費を2,000円ほど見込んで…、

 総計は、「30,000円弱」という次第である。

 そのほか、予想問題集などの予備教材の予算を見込んでおく。

 価格参考:アマゾン-簿記1級

試験に関すること

 簿記1級の難易度を一口で言うなら、「難」である。

 合格率は、おおむね8%~10%である。9割は落ちる試験である。

 勉強期間は、おおむね6ヶ月以上は見ておく。

補足コンテンツ/関連リンク

 簿記に関するこまごましたことは、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「簿記2級:ブログ記事」や「簿記3級:ブログ記事」をばご参考ください。

みんなとシェアする