「 簿記2級 」タグの投稿記事

簿記2級の歴史的背景‐エア合格者

ご存知のように、簿記2級の試験方針は、「実務重視」路線になっています。 こうなった背景を、以下に述べるので、暇な時間にお目汚しください。 さて、かつての簿記2級試験は、「パターン学習で、でるところだけやっときゃ、すぐ受かった試験」でした。 一発合格者はもとより、2~3週間で受かる...続きを見る

2017年5月23日 10:35 AM

簿記2級の救済試験と一発合格について

試験方針が「実務重視」に切り替わったため、予断を許さない「簿記2級」ですが、基本的には、「あきらめなければ受かる」といった次第です。 簿記2級は、過去のデータからすると、ときおり「40~50%」もの高合格率の試験が行われています。 直近では、「第136回(H26.2.23)」が4...続きを見る

2017年5月22日 10:13 AM

仕入割引を絶対に間違えないようにするには‐簿記2級仕訳

仕訳問題で狙われるのが、「仕入割引」です。 仕訳そのものは、難しくありません。「仕入割引」の額を掛け算して、「収益」として認識すれば、仕訳が切れるからです。 しかし、「仕訳」のカンタンさは「見かけだけ」のものです。 油断していると、間違えて憶えていたとか、混同していたとか、どっち...続きを見る

2016年11月16日 11:29 AM

「にしむくさむらい‐西向く侍」で日数計算

結論から言うと、「にしむくさむらい‐西向く侍」という語呂を覚えておくと、日数の計算が正確になる、といった次第です。 日割計算は、多くの試験で出題されます。 たとえば、簿記試験の端数利息などです。 よくある形式としては、「4月1日から6月12日までは、何日あるか?」といった手合いで...続きを見る

2016年10月2日 12:45 PM

その他有価証券の「その他有価証券評価差額金」は、税金と絡めて‐簿記2級ノート

「その他有価証券」を時価評価した際の損益は、「その他有価証券評価差額金」という、長ったらしい、まさに、犬も食わない会計学を体現した勘定科目で処理されます。 こうした処理をするのは、その他有価証券には、「税金」の問題もあるからです。 たとえば、「その他有価証券評価益」や「その他有価...続きを見る

2016年9月26日 4:02 PM

その他有価証券の時価評価と洗換法は、「ベンチャー株だから」‐簿記2級ノート

「その他有価証券のイメージは「ベンチャー株」」でも述べましたが、「その他有価証券」とは、おおむね「ベンチャー株」と捉えておくと理解が早まります。 で、その他有価証券の論点である「時価評価」と「洗換法」も、「ベンチャー株だから」と考えると、整理がつきます。 危ないから、時価 「その...続きを見る

2016年9月24日 11:50 AM

その他有価証券のイメージは「ベンチャー株」‐簿記2級ノート

いまいちイメージのつかめない「その他有価証券」ですが、間違いを恐れずに言うと、「ベンチャー株≒その他有価証券」と考えておくと、その一連の処理が憶えやすくなります。 言うなれば、学生時代の友人が会社を立ち上げた、この際に、“少し”出資してくれといわれ、対価として受け取った「株」が、...続きを見る

2016年9月23日 11:28 AM

子会社株式と関連会社株式は「%」まで狙われる‐簿記2級ノート

子会社株式と関連会社株式の論点の第一は、「どういう株式が、それに当たるかどうか」です。 問題の資料には、おおむね、取得した株式の「発行済み株式総数」が記されているはずです。 その際に、自社の取得割合を計算して、判別する、ってなところが頻出論点です。 発行済み株式総数の「50%超」...続きを見る

2016年9月22日 10:56 AM

クレジット売掛金の支払手数料は、彼我の「力の差・立場の差」‐簿記2級新論点ノート

クレジット売掛金のポイントは、「支払手数料」が発生するところです。 この「支払手数料」は、「売上」の際に、おおむね計上されます。 公式のサンプル問題では、「信販会社への手数料は、販売時に計上する」との指示が記されています。 『新宿商店は、商品¥100,000をクレジット払いの条件...続きを見る

2016年9月21日 10:41 AM

有価証券の「勘定科目」と「表示科目」についての基礎理解‐簿記2級ノート

財務諸表の作成問題では、まず、有価証券が狙われるはずです。 非常に煩雑だからで、落ち着いて解かないと、手痛い失点を犯してしまいます。 で、有価証券の「表示科目」ですが、当該論点は、『目的』からアプローチすると、やる気の遺漏が少ないです。 「勘定科目」と「表示科目」の差 間違えるこ...続きを見る

2016年9月20日 10:33 AM





1 / 4123...最後 »