「 簿記2級出題区分改定 」タグの投稿記事

簿記2級の出題区分改定スケジュール

H28年度(平成28年6月試験・11月試験、翌平成29年2月試験)より、追加される新論点は、以下の通りです。 記帳内容の集計・把握(※特殊仕訳帳がなくなる) 売買目的有価証券の時価法 債券の端数利息の処理 クレジット売掛金(※勘定科目の言い換え) 電子記録債券・電子記録債務(※勘...続きを見る

2015年8月3日 10:10 AM

簿記2級出題区分の改定ポイント4-微妙な論点・要注意論点

多くの論点は、勘定科目の言い換えだったり、簿記1級のダウングレードだったりで、そう不安はないのです。 しかし、怖がらせる意図はないのですが、新しく簿記2級に追加される論点のうち、どうなるのかわからないのが、「製造業を営む会社の決算整理」と「月次決算」と「課税所得の算定方法」の3論...続きを見る

2015年7月31日 8:33 AM

簿記2級出題区分の改定ポイント3-簿記1級からのダウングレード系統

ご存知のように、平成28年度から30年度にかけて、簿記2級の出題区分が改定されます。 そのうち、「簿記1級のダウングレード論点」は、以下の通りです。 何が言いたいのかというと、「これらの論点では、大きな混乱は少ない」という次第です。 というのも、以下の論点は既に簿記1級で出題され...続きを見る

2015年7月30日 11:16 AM

簿記2級出題区分の改定ポイント2-なくなる論点(特殊商品売買・社債・繰延資産・本支店会計)

ごぞんじのように、簿記2級の出題区分の改定がなされます。 平成28年度以降の試験で、出題されなくなる主要な論点は、以下の4つです。 念のために言っておきますが、平成27年度の試験(2015年11月の本試験、2016年2月の本試験)では、そうではないのでご注意ください。 特殊商品売...続きを見る

2015年7月29日 10:31 AM

簿記2級出題区分の改定ポイント1-カンタンな勘定科目言い換え系

ご存知のように、簿記2級は平成28年度から試験範囲が改定されます。 当該改定のうち、簡単な部類に入るのが、以下の勘定科目言い換え系です。 それぞれ新しく追加される勘定科目なのですが、内実は、「言い換え」だけなので、カンタンです。 「勘定科目が頭に入っていればいいだけ」なので、しっ...続きを見る

2015年7月28日 9:31 AM

平成28年度以降の簿記2級には、予想問題集を追加する

結論から言うと、大きく変わる簿記2級ですが、良質なテキストと問題集、過去問で、しっかりと問題演習を重ねるという勉強方法は、あんまり変わらない、といった次第です。 ただし、変わるところもあります。 従来と変えないといけないことは、「予想問題集」を必ず追加して、新論点の問題演習をする...続きを見る

2015年7月27日 9:49 AM

簿記2級の出題区分の改定は、あんまり怖くない-1級のダウングレードか焼き直し

ご存知のように、簿記2級の出題区分は、平成28年から29年、30年と3年かけて、出題区分に大きな変更が加えられます。 (正確には、平成28年6月の本試験から、改定適用後の試験問題に、順次なっていきます。) 確かに、「やる」ことは、大きく変わります。 しかし、それほど、試験そのもの...続きを見る

2015年7月24日 10:17 AM

平成28年度以降の簿記2級は、古本を使ってはいけない

結論から言うと、平成28年度6月以降の試験を受ける受験生は、簿記2級の独学では、古本のテキストや問題集を使ってはいけない、という塩梅です。 簿記2級は、来年度から平成28年にかけて、試験範囲が大きく変わります。 当該変更は、小手先の変更ではなくて、簿記2級史上、最大規模の変更とな...続きを見る

2015年7月23日 12:16 PM

簿記2級の出題区分改定は、いい変更

簿記2級の出題範囲は、平成28年度から30年度にかけて、大きく変わることになります。 (正確に言うと、平成28年4月から、つまり、平成28年6月の本試験から、変更適用後の新しい試験問題となっていきます。付け加えると、「回」ごとではなく「年度」ごとに変更が適用されていく、段階別変更...続きを見る

2015年7月22日 10:55 AM





1 / 11