簿記3級のテキスト・問題集・過去問レビュー

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 簿記3級の教材は、テキスト・問題集・過去問ともに、本格版のものを利用する。本試験は、「実務重視」路線への変更のため、格段に難化。もうカンタンには受からないので、相応の理由がない限り、簡易廉価版は避ける。教材の各レビューから、教材の買い方順など。

ひとくち基本方針‐3級も本格版

 結論から言うと、格段に難化した簿記3級では、本格版の教材である 「合格テキスト 日商簿記3級」と 「合格トレーニング 日商簿記3級」と 「合格するための過去問題集 日商簿記3級」を使う、といった次第です。

 3級には、簡易廉価版の教材もありますが、相応の理由がない限り、たとえば、お試し受験とか、本試験まで日がないとか、昔簿記を勉強したことがあるとかの事情がない限り、お勧めできない、といった次第です。

テキスト・問題集は、TACの本格版

 端的に言うと、テキストは「合格テキスト 日商簿記3級」で、問題集は「合格トレーニング 日商簿記3級」です。

 先に挙げた、TACのテキストはカラーで見やすく、文字も大きく、すべてに仕訳が表記されています。丁寧な解説と、過不足のない説明、豊富な図解で、内容的に挫折することはないはずです。

 最近では、理論穴埋め対策として、「テキストの読み込み」も求められているので、説明と記述がたっぷりの本テキストが、最適かと思います。

 そのほか、本試験では定番となっている「帳簿記帳」についても、しっかり説明がなされているので、この点でも、安心です。

 問題集も、「こーしてこーなってこうなる」を表す勘定連絡図がしっかりしているうえ、解説及び解き方の説明が詳細なので、混乱することはありません。

 そして、両者とも、B5サイズなのもいいです。大きいと使いやすいです。

 こうした次第で、質・量・使い勝手のバランスが取れたTACの本格版が、使って安心な教材かと思われます。

 わたしは、かつて、簿記2級の際、簡易な教材を使ったため、挫折寸前までいったことがあります。受験するとしたら、わたしは、迷わずTACの本格版を使用するでしょう。

 かつては、「3日で受かる」などと揶揄されていた簿記3級ですが、完全に潮目が変わって、昨今の試験は、格段に「難化」しています。

 合格率は、おおむね「4~5割」ですが、「2~3割台」になることも珍しくなく、油断のできない試験に変貌しています。

 独学で行くなら、教材へのお金を惜しんではいけません。

 ところで、TACの教材には、読者向けの質問制度が設けられているので、この点でも、安心かと思います。(まあ、使わないけど。)

 参考:合格テキスト 日商簿記3級

 参考:合格トレーニング 日商簿記3級

過去問候補2冊

 過去問には、ド定番のTAC「合格するための過去問題集 日商簿記3級」か、ネットスクールの「日商簿記3級過去問題集(とおる簿記シリーズ)」を利用します。

 両社とも、簿記業界で定評かつ暖簾のある企業であり、ド素人受験生の多くが、両社の教材で独学合格している“大”実績があります。

 わたくし事ですが、簿記2級受験の際にネットスクール製の過去問を使いましたが、良質な過去問での演習は、実力の伸びが違いました。

 かつてと比べ、過去問演習の比重は落ちていますが、それでも過去問は鉄板の問題集です。

 過去問は、先に挙げた2冊のうちどちらかを使えば、万全です。

 どちらがいいかは、正直、甲乙つけがたいです。

 TACの過去問は、「過去問の解き方ガイダンス」が秀逸だし…、ネットスクールのは、「問題の手書き風解き方」が優れているといった次第で、どちらも「いい」のです。

 選ぶのが面倒ならテキスト・問題集と同一出版社の「合格するための過去問題集 日商簿記3級」を…、

 テキスト・問題集とはちょっと変えたいという方は「日商簿記3級過去問題集(とおる簿記シリーズ)」にするといいでしょう。

 内容は均衡しています。どちらを使っても、試験勉強に支障はありません。

予備教材

 やはり、『相性』というものはあります。本格版の教材でも、まったく「???」なら、予備教材を追加します。

 先の本格版なら、まあまず、内容的に不足はないのですが、それでも、全くの初心者には、わからないときがあります。

 このときは、「みんなが欲しかった 簿記の教科書」と「みんなが欲しかった 簿記の問題集 日商3級」を追加します。

 当該2冊は、『とにかくわかりやすい』ように作られているので、初学者の人でも、挫折しにくい構成となっています。

 わかる人にとっては冗長ですが、わからない人にとっては、「かゆいところに手が届く」という塩梅です。

 せっかく挑戦したのに、挫折で終わるのは、ホント、つまらないです。

 当該2冊で、何とか突破口を開いてください。初学者系の中では、異色のできばえです。あーそういうこと的な発見があるかと思います。

 参考:みんなが欲しかった 簿記の教科書

 参考:みんなが欲しかった 簿記の問題集 日商3級

買い方の順序‐先にテキスト・後から過去問

 簿記3級の教材は、まず、テキストと問題集の2冊を買い、追って、過去問を追加購入します。

 「先に、テキスト・問題集」で「後で、過去問」です。

 こういう買い方をするのは、最新の過去問が掲載されたものを買うべきだからです。

 過去問には、対応する試験が明記されています。たとえば、「第○○回‐×月試験対応」などなどです。

 先に過去問を買ったはいいが、進みが遅くて、予定していた試験に間に合わないってなことは多々あります。

 ですから、最初に買うのは、テキストと問題集で、進捗に応じて、過去問を買う、という次第です。

簡易廉価版

 まず、簡易廉価版を使う際は、必ず、先に挙げた2冊の過去問「合格するための過去問題集 日商簿記3級」と「日商簿記3級過去問題集(とおる簿記シリーズ)」のうち、どちらかを使ってください。

 簡易廉価版だけでは、如実に問題演習数が不足してしまうからです。問題演習の『量』を過去問で確保しないと、ほぼ、受かりませんので注意してください。

 簡易廉価版には…、

 中央経済社の「テキスト」と「問題集(ワークブック)

 TACの「スッキリわかる 日商簿記3級」というシリーズが…、

 ネットスクールの「サクッとうかる日商簿記3級商業簿記」が、簡易廉価版の候補に挙げられます。

諸手を挙げて推奨はできない

 当該簡易廉価版の教材ですが、わたしは、あまり推奨しません。

 先に述べたように、安易に安い教材を使うと、挫折したり中断しかねないからです。

 独学では、教材にお金を惜しむと、結果的に「損」です。教材の差額分など、再受験の手数料で、吹き飛びます。

 買うのであれば、本格版です。

 しかし、簡易廉価版でも、相応の理由があるのなら、使用を否定するものではありません。

 たとえば、目標は簿記2級で、ガイダンス的に3級を勉強したいだけとか…、

 とりあえず、手っ取り早く全体像をつかみたいとか…、

 本試験まで日にちがないとか…、です。

 こうした事情があるなら、簡易廉価版でも構いませんが、時間と予算に余裕があり、本気で簿記3級の合格を狙うなら、やはり、万全な本格版が適切かと思います。

ネットスクールのテキスト・問題集は「保留」

 テキストと問題集にはTACのを勧めましたが、ネットスクールのそれは、「保留」です。

 新シリーズに変わった際に、“独特のレイアウト”になったため、わたしには「読み難い」のです。

 また、以前のような濃い内容ではなく、薄まった感がします。こんな次第で、わたしは「保留」です。

 なお、ネットスクールの過去問は、市販教材のなかでも、かなり良質ですので、大丈夫です。

 参考:テキスト「日商簿記3級に合格するための学校【テキスト】

 参考:問題集「日商簿記3級に合格するための学校【問題集】

簿記3級からいい計算機を

 簿記3級でも、いい計算機を使ってください。

 ダメ計算機でも合格はできますが、かなりストレスが溜まります。

 「勉強能率」と「計算ミスの激減」の点から、簿記3級の時点で、高品質の電卓に切り替えることを勧めます。

 計算機を選ぶ際は、「簿記検定試験の計算機(電卓)選び」を参考にしてみてください。

 読んで考えるのがめんどくさい人は、「売れ筋の電卓は、結局なに?」で選ぶか、わたしが愛用している「DF-120GT」を買えばいいでしょう。

まとめ

 簿記3級の独学合格を目指すなら、本格版の教材を利用するのが、最も安定しています。

 豊富な解説や図・表があるので挫折が少なく、解き方の例も多いので能率に優れます。現時点では、TACのテキストと問題集、そして、過去問で揃えれば、必要かつ十分です。

 いいものは、裏切りません。

 なお、簡易廉価版を使っても合格できなくはありませんが、『問題演習が不足がち』になる致命的な欠点を、必ず念頭に置いて、過去問を追加してください。

 本格版‐参考:合格テキスト 日商簿記3級

 本格版‐参考:合格トレーニング 日商簿記3級

 本格版‐参考:合格するための過去問題集 日商簿記3級

簿記3級のこまごましたもの

 簿記3級に関するこまごましたことは、たとえば、「簿記3級を勉強する前に知っておきたい3つのこと」とかの記事を、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「簿記3級:ブログ記事」をばご参考ください。

みんなとシェアする