計算機(電卓)のブラインドタッチ:左手編

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 計算機(電卓)のブラインドタッチを左手で行う際の、1~9までの各数字キーの指の置き方や要領、注意事項等を見ていきます。前提として、右手が利き腕の人を想定しています。つまり、利き腕でない方で計算機(電卓)のブラインドタッチをする際のアレコレを、以下に述べていきます。

 「計算機(電卓)を左手で打つ」というのは、なんだか高度な感じがしますが、パソコンのキーボード全盛期の今となっては、かつてほど「壁」はありません。キーボードのブラインドタッチが、そこそこできる人は、計算機(電卓)の左手・ブラインドタッチも、比較的容易にできるようになるかと思います。

 基本はできている、なんていうと高尚な表現になりますが、ほぼ毎日、左手でキーをばちばちと打っているわけでして、『キーボード上で展開されている同じような動作を、計算機(電卓)上でもやる』という応用的塩梅です。利き手じゃないからといって、地獄のような苦労があるってことはないので、ご安心をば。

そもそも、左手打ちだと得なのか?

 「左手打ちだと、得になる」場合は、「右手打ちだと、不利益を蒙る」ってことが成立していることになりますが、実際は、右手の受験の人が多数ですから、右手だからダメなんてことはありません。先のページでも言いましたが、打ち方云々で大幅に点数が上下することは、ありません。

 ただ、確実に言えるのは、「左手打ちだと無駄な動作がない」ということは言えます。正確に言えば、「利き腕でない方の手で計算機が打てると、計算や記入の際に筆記具の持ち替えが生じないので、無駄な動作がなく、当該無駄な動作に付随するミスの可能性を抑えることができ、総じて洗練された解答ができる」わけです。

 しかし、簿記は、美しく解答できれば、合格できる資格試験ではありません。「美しさ」が評価基準なら、大概の人は、受験票に写真を貼った段階で落ちてしまいます。

 ぶっちゃけて言えば、わたしは、無理から左手打ちとなる必要はないと思います。ただ、左手打ち/右手書きは、なかなかに便利な身体技能なので、そういう意味で、身につける訓練なり練習を積むのは、少しも損ではありません。(個人的にはかなりプラス。)

 どこぞのページでも述べたのですが、「合格」だけを考えるならば、利き腕の右手打ちでも十分に合格を果たせます。また、本試験まで日がないなら、無理して左手打ちで臨むより、従来の利き腕で行った方が、明らかにミスは少ないでしょう。

 ま、左手のブラインドタッチは、こうした『抜群のメリットがあるわけではない』事情ですので、プラス(便利、かっこいい)とマイナス(練習と訓練)を比較衡量して、どっちの手で打つかを決めればよいかと思います。

 正直、試験だけだったらいいや。

「5」がキモ部分-左手ブラインドタッチその1

 左手のブラインドタッチにおいても、キモとなるのは「5」のキーで、「5」こそが基本のポジションです。

 左手のブラインドタッチの最初の練習は、ホームポジションである「5」の部分に、「中指」を常に置くことから始めます。

 

 大概の電卓には、「5」のキーに「ぽっちり」があって、目で見なくてもそこが「5」であることがわかる設計になっています。言うなれば、キーボードでいう「F」と「J」のキーに当たるところです。

 まずは、「5」キーのところに、自然と「中指」が「くる」ように、姿勢や身体の体勢を整えてみてください。そして、いつも「そう」なるように、一時間ばかり、身体に憶えこませておいてください。

 左手を、計算機上に「そのように」位置づけることがブラインドタッチの基本中の基本で、「そうしないとブラインドタッチはできない」事情にあるので、必ずそうするように心がけます。ブラインドタッチは「5」がキモです。

「7」「4」「1」は薬指-左手ブラインドタッチその2

 計算した、計算を終えた、用紙に何かを書いた、解答した後で、「中指」が「5」のところに自然と「戻る」ようになったら、次は「7」「4」「1」の扱い方です。

 「7」「4」「1」キーは、「薬指」で打つようにします。

 

 少し難しいのが、当該「7」「4」「1」キーを打つ薬指の練習です。というのも、薬指ってキーボード上でも、それほど使うものではないし、左手の薬指自体、あまり使わないため、最初の内は、思ったように動かないかと思います。

 わたしの場合は、ときおりプルプルして、空中に浮いていました。

 とはいえ、これまでは「薬指」を意識してなかったから、そうなだけで、今後、(7,4,1は薬指ー)と意識し続け手打ち続けていけば、すんなり馴染んで、動くようになります。

 「7」「4」「1」は、やや「難」ありで、要トレーニングのキーです。

「8」「5」「2」は中指-左手ブラインドタッチその3

 次は、「8」「5」「2」キーの指です。当該キーは、「中指」で入力します。

 

 固定化のページでも言ったように、同じキーは、必ず同じ指で打ちましょう。以前の打ち方のクセが、多々顔を現しますが、そこが訓練のしどころです。

「9」「6」「3」は人差し指-左手ブラインドタッチその4

 左手の場合、「9」「6」「3」のキーは、「人差し指」を専属にして打ちます。

 

 人差し指は結構使う指ですので、「利き腕じゃない」由来の違和感はあるかと思います。けれども、毎日毎回、日々の試験勉強なりで左手を使っていると、中指や薬指に比べたら、格段に打てるようになる指です。

 (不快な思いは最初だけ)なんて風に考えて、慰めている内に利き腕と同じくらいに、打てるようになるでしょう。

問題は、四則演算その他のキー-左手ブラインドタッチその5

 四則演算や各キーのタッチは、左手においても、右手と同様の問題が生じます。

 問題の詳細は、先のリンク先のページに述べています。まあ、それぞれが、それぞれ使っている計算機(電卓)に慣れていくしかない、という塩梅です。

左手ブラインドタッチを円滑にするには

 左手のブラインドタッチは、利き腕じゃない分、「意識化」がとても重要になります。意識化とは、簡単に言えば、「この数字を打つときは指が止まる」とか「この式のときは指が固まる」という個々のキータッチ事情を、明白に把握するって塩梅です。

 おそらく、「打てるものは打てる」のだが、「打てないものは、ピクピクするか固まってしまって、全然スマートじゃない」ようになるかと思います。

 そういうところやものを発見したら、メモに書き付けておいて、指が滑らかに動くまで、繰り返し入力します。目安は20~30回くらいで、指の方に「動き」を憶え込ませます。

 そして、打てるようになった!と思っていたのに、気がついたら打てなくなっていた、なんてケーズも多々生じるかと思います。

 ご存知かと思いますが、「指」というのは、使わないと途端に衰えるもので、プロのピアニストやギタリストであっても、練習をサボると途端に曲が弾けなくなるものです。

 計算機(電卓)という道具は、先のピアノやギターのようにシビアではありませんが、「利き腕じゃない」というハンディを考えると、たかが電卓だし、なんて甘い思いは危険のように思います。

 『利き腕じゃないから、すぐに身体は忘れる』と考えて、先のプロのように、日々、左手の指を計算機に慣らしておくべきだと思います。1~50までを足す単純な計算を、1日も欠かさずやっているだけで事態は異なるかと思います。先の計算は、10,000~50,000までを1,000ずつの足し算をする(10,000+11,000+12,000…)なんていう風に、すぐに難しくできるので、オススメです。

左手ブラインドタッチのまとめ

 結論から言うと、左手のブラインドタッチ事情も右手のそれと変わりません。やはり、練習と訓練なくして、上達は絶対にないと断言しておきます。

 絶対的に言い切っているわけですから、練習と訓練を経れば、誰でもできるようになります。ただ、完全なブラインドタッチを目指すとしんどいので、まず、ちょいちょい見ながら打つ「半ブラインドタッチ」を目指しましょう。

 「半ブラインドタッチ」でも、十分に物の役には立ちます。

 あけすけに言うと、「パソコンの登場以来、計算機や電卓に習熟しても、主に役に立つのは簿記試験くらいで、計算機や電卓の技など、かつてのソロバンと同じ運命になるのは明白だ。だから、そんな伝統技能の習得など、そこそこで止めておくのが合理的である」と言えます。

 もっというなら、かつての計算機や電卓のブラインドタッチは、キーボードのブラインドタッチの中に止揚したとも言えるかと思います。あなたは子どもに、キーボードのブラインドタッチと計算機(電卓)のそれと、どっちを優先して教えますか?やはり、答えは、パソコンのキーボードの方でしょう。

 今わたしたちは、『そういう』技術をやっていることを忘れてはいけないと思います。昔ソロバン前電卓、今はパソコンなりにけりです。

みんなとシェアする

感動!GT(グランド・トータルキー)

次のページへ進む。

ブラインドタッチ:右手編

前のページに戻る。

Back to Top.

このページのTOPにもどる。

Back to Homepage.

「オキテ」のホームにもどる。