独学資格ガイド

Sクラス資格

 Sクラス資格とは、管理人が以下の選択基準から、老若男女が「取っておいて決して損にならない資格」を分類したものです。

 現時点で、「危険物取扱者:乙種4類」、「宅地建物取引士(通称:宅建。旧称:宅地建物取引主任者)」、「簿記2級(日商簿記検定:2級)」があります。

 資格の独学取得の際に、参考にしてください。


Sクラス資格の選択基準

 求人数及び求人機会が多いこと。

 長期間の試験勉強にならないこと。つまり、仕事や家事・育児、学業の負担とならないこと。

 難易度が「適当」であること。つまり、重箱の隅をつつくような問題がないこと、試験のための試験でないこと。

 取得コストが低いこと。

 知識及び教養として、優れたものが身に付くこと。

Sクラス資格

 現在、Sクラスの資格は以下の3つです。

危険物取扱者:乙種4類

 危険物取扱者:乙種4類とは、求人数が平均で500件前後(または、1,200件)と多く、ガソリンスタンドや運送業、食品や化学、医薬品、製造業、ビルメンテナンスと幅広い求人のある資格である。

 →続きを読む。

宅地建物取引士(通称:宅建。旧称:宅地建物取引主任者。)

 宅地建物取引士(通称:宅建)とは、求人数は平均で1,200件前後と、求人需要はとても大きい。ちなみに辺縁不動産資格の管理業務主任者は平均100件、マンション管理士が平均15件の求人であることからすると、宅建は、「比較を絶した、比べようのない求人数」があるといえる。

 →続きを読む。

簿記2級(日商簿記検定:2級)

 簿記2級(日商簿記検定:2級)とは、求人数は平均で1,500件前後と、求人需要は特に大きい。ちなみに簿記1級の求人数は240件、簿記3級は1,200件と、簿記2級が一番多い。

 →続きを読む。

みんなとシェアする