独学資格ガイド

Cクラス資格

 Cクラス資格とは、他にいい資格があるので、積極的に取る必要のない資格や、求人数及び求人機会が少ないために、取得に意味のない資格や、かつては需要があったがだんだんとニーズの減ってきた資格など、多少難があって諸手でオススメのできない資格です。

 端的に言えば、「取っても意味のない資格」「取っても」です。

 勤務先から取るようにいわれるなど、相応の理由がない限りは、取得する必要はないように思われます。

Cクラス資格

 現在、Cクラスの資格は、以下の通りです。

マンション管理士

 マンション管理士のハロワの求人数は、「平均12件前後」であり、極めて少ない求人しかない資格である。

 →続きを読む。

簿記1級

 簿記1級とは、求人数が平均で「240件」と、求人のある資格である。

 →続きを読む。

1級FP技能士

 1級FP技能士とは、求人数が平均で3件前後と、求人数が極度に限られている資格である。

 →続きを読む。

2級FP技能士

 2級FP技能士とは、求人数が平均で10件前後と、求人数が極度に限られている資格である。

 →続きを読む。

危険物取扱者:甲種

 危険物取扱者 甲種とは、求人数が「平均60件前後」の資格である。ちなみに、乙種は「1,400件前後」、丙種が「150件前後」の求人があるので、これら2つの上級資格とはいえ、求人が多くなるわけではない。

 →続きを読む。

危険物取扱者:乙種1類

 危険物取扱者:乙種1類(乙1)とは、求人数が平均で0件と、極めて限定的な求人しかない資格である。

 →続きを読む。

危険物取扱者:乙種2類

 危険物取扱者:乙種2類(乙2)とは、求人数が平均で1件と、極めて限定的な求人しかない資格である。

 →続きを読む。

危険物取扱者:乙種3類

 危険物取扱者:乙種3類(乙3)とは、求人数が平均で0件と、極めて限定的な求人しかない資格である。

 →続きを読む。

危険物取扱者:乙種5類

 危険物取扱者:危険物取扱者:乙種5類(乙5)とは、求人数が平均で0件と、極めて限定的な求人しかない資格である。

 →続きを読む。

危険物取扱者:乙種6類

 危険物取扱者:乙種6類(乙6)とは、求人数が平均で0件と、極めて限定的な求人しかない資格である。

 →続きを読む。

みんなとシェアする