「 簿記3級 」タグの投稿記事

支払地代‐簿記3級仕訳

仕訳問題で狙われるのが、「支払地代」です。 当該論点のポイントは、「正確な勘定科目」が使えるかどうか、です。 言い換えると、「勘定科目を知っているかどうか」の知識問題ってな塩梅です。 土地を借りて支払った費用は、「支払地代」の勘定で処理します。 問題文 よくある問題文としては…、...続きを見る

2016年12月20日 10:09 AM

所得税の源泉徴収税額の納付‐簿記3級仕訳

簿記試験の方針は、「実務重視」路線に切り替わっており、「実務で多用する取引」や「実務上、重要な処理」が、出題されるようになっています。 「所得税の源泉徴収税額の納付」も、こうした背景から、よく出るようになっています。 仕訳そのものは単純でも、源泉徴収制度について理解していないと、...続きを見る

2016年11月25日 10:37 AM

訂正仕訳のコツ‐簿記3級仕訳

仕訳問題で頻出なのが、「訂正仕訳」です。 応用問題中の応用問題で、底の浅い受験生を、即、狩れることもあって、仕訳問題のみならず総合問題でも引っ張りだこの論点となっています。 当該「訂正仕訳」のコツは、「本来なら、どうなっているのか?」を考えることです。 問題文1 よくある問題文と...続きを見る

2016年11月14日 5:38 AM

固定資産と消耗品の購入‐簿記3級仕訳

仕訳問題で狙われるのが、「固定資産と消耗品の購入」です。 まず、「消耗品」の処理が2通りあるので、問題文の指示に従っているかどうかの判定があります。 次に、固定資産購入の際の付随費用の処理が試されます。 残るは、受験生へのイヤらしい「引っ掛け」です。 問題文 よくある問題文として...続きを見る

2016年11月12日 11:57 AM

当座預金の開設‐簿記3級仕訳

仕訳問題で狙われそうなのが、「当座預金の開設」です。 ぶっちゃけ言うと、頻出ではありません。 しかし、簿記3級の性質上、“実務的な可能性”があるので、出題されることはあります。 簿記3級は、個人事業者や中小事業主の経理・会計を対象としています。 試験勉強では、超メジャーな「当座...続きを見る

2016年11月11日 5:27 PM

借入金の借入と返済‐簿記3級仕訳

仕訳問題で狙われるのが、「借入金の借入と返済」です。 最近の仕訳問題では、「問題文が読めているか、よくある商取引を理解できているか」を、ことさらに試しに来ます。 当該論点の仕訳はカンタンなのですが、問題文に少々“難”があるので、仕訳や処理の方法を丸暗記しただけは、間違ってしまいま...続きを見る

2016年10月24日 12:00 PM

手形借入金と手形貸付金‐簿記3級仕訳

仕訳問題で狙われるのが、「手形借入金と手形貸付金」です。 この論点は、「手形借入金」と「手形貸付金」の勘定科目を憶えているかどうか、が最大のポイントです。 そう多用される勘定ではないので、受験生の多くは、存在そのものを忘れがちです。 しかし、酒の肴になるようなものばかりを好んで食...続きを見る

2016年10月22日 12:36 PM

商品券の精算‐簿記3級仕訳

仕訳問題で狙われるのが、「商品券の精算」です。 当該論点が頻出なのは、「商品券」と「他店商品券」という、言葉はよく似ているが、実体は別物の勘定科目を使うことになるからです。 また、日常生活で使うそれとは異なるので、余計、混乱します。 ま、根っこの部分はカンタンですので、「混乱」し...続きを見る

2016年10月21日 11:04 AM

売上の応用問題‐簿記3級仕訳

昨今では、普通の仕訳は出題されず、応用的な問題が大半です。 「売上」の仕訳も、あの手この手で論点が付け加えられて、格段に“複雑化”されているので、「慣れ」が必要です。 ま、1つ1つの論点は手に負えるので、慎重に解答すれば1点取れます。 問題文 よくある問題文としては…、 「商品5...続きを見る

2016年10月20日 11:51 AM

内容不明の入金と判明‐簿記3級仕訳

端的に言うと、「内容不明の入金と判明」は、3つも受験生を試せます。 まず、「仮受金」で仕訳が切れるか…、 次いで、「判明した場合」の仕訳が切れるか…、 最後に、「判明」の際に、正しい仕訳が切れるか…、 …といった感じで、「受験生・落としポイント」がたくさんある、という次第です。 ...続きを見る

2016年10月19日 12:20 PM





1 / 4123...最後 »