30代女性向け独学資格ガイド

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 30代女性が独学取得しても損のない資格をリストアップ。自己啓発目的の資格取得なら“お好きに”ですが、就職や転職に用立てたいなら、以下に説述する資格(宅建、簿記2級・3級、登録販売者、通関士)を、見ておくとハズレはありません。危険物取扱者の乙4と消防設備士の乙6は【まあまあ】。後半では、社労士等の士業系資格への警鐘と、医療事務資格への注意に言及します。

30代女性・資格取得リスト

 主に、ハロワの求人数と求人動行が、評価のベースです。

 リストの後に、個々の理由を述べています。気になった資格のところからお目汚しください。士業系資格や医療事務資格への警鐘は最後です。

 【まあまあ】の資格を除けば、これらの資格は、人生の保険・保証となりうる資格で、求人数が多く汎用性が高いので、取って損をこく事はありません。たとえあっても、些少です。取っておくと、いざというときに助けられます。

 優先順位(損のない順)も、この順番です。上から順繰りに取って行けばよいでしょう。

・宅地建物取引士(通称:宅建)

 やはり30代女性も。必置資格。宅建事務需要旺盛。事務職。試験勉強はやや負担あり。

 参考:資格ガイド宅建の独学宅建教材レビュー

・日商簿記3級・2級

 求人多し。試験勉強の負担は少ないも、個人差あり。

 参考:資格ガイド簿記3級の独学簿記3級の教材レビュー

・登録販売者

 求人数が右肩上がりの有用資格。必置資格なので価値大。誰でも受験できるようになった。

・通関士

 実務経験あるなら、の条件付。求人は少ないが、文系技術職なので末永く働ける。未経験でも30代なら間に合う。

 参考:資格ガイド通関士の独学通関士の教材レビュー

・危険物取扱者の乙4

 まあまあ。総務系資格。身体に負担のない求人が時折ある。

 参考:資格ガイド乙4の独学乙4教材レビュー

・消防設備士の乙種6類(乙6:消火器)

 防災・消防要員に。何気に総務系資格。勉強すれば取れる。。

 参考:資格ガイド乙6の独学乙6教材レビュー

30代女性の資格動行‐資格取得は求人数をシビアに

 結論から言うと、求人数が少ない資格は、「すぐには役に立たないし」「いつ役に立つかもわからない」という次第です。

 資格があれば、確かに、就職や転職に資するものはあります。

 しかし、求人の少ない資格だと、「活きない」ことを、頭に入れておかねばなりません。

 どういうことかと言うと、「有資格者の空き待ち」をしないといけないからです。

 当たり前のことですが、企業や事業者に有資格者が充足されていれば、資格の有効需要は生まれません。求人数が10件台の資格は、そういう資格です。

 20代は、自己啓発や社会勉強の意味もあって、求人数をそれほど気にしなくてもよかったのです。

 しかし、30代ともなると、そうバカなこともできません。隣で寝ている人の顔を見てください。後悔先立たず。

 資格に期待をかけていたが、無残な結果に終わった方を多数見ています。

 求人数を踏まえて、費やした労力や時間が無駄にならない資格取得に努めてほしく思います。

 この資格どうなんだろ?と思ったら、以下のページで調べてみてください。

 求人が少ないなら、その資格は頼りにならず、不遜な言い方ですが、逆に、その資格を活かすべく自分で努力しないといけない羽目に陥ります。最良の資格とは、『持っているだけでよい』です。

 求人数は、意外に多くのことを語ります。

 参考:資格・免許別ハローワーク求人数データ

宅建が、やっぱり、よい。

 30代女性が独学取得して極めて損のない資格の筆頭は、「宅地建物取引士(たくちたてものとりひきし。通称:宅建。)です。

 理由は…、

 ①必置資格なので求人が多い。

 ②基本は事務職。

 ③知識・教養として有用。(3流法学部卒くらいになる)

 ④長寿命。

 ⑤市販の教材が充実している。

 ・・・の5つです。

 で、それぞれの理由を見ていきたいのですが、えらく長くなってしまったために、別ページにしました。

 参考:宅建を20代・30代・40代・50代女性に推薦する5つの理由

 『理由がほしい人』は、上記リンクをたどってみてください。

 端的に結論を言うと、『猫も杓子も宅建を取るには、それ相応の背景があって、教材が豊富・取りやすい・難関ではない・就職や転職に有用・日本全国に仕事・勉強になるから・事務職』といった次第です。

 自分の子供や姪に、躊躇なく勧められる資格が宅建です。『何か資格を』と考えているなら、宅建を筆頭に見ていくといいでしょう。

 勉強方法等は「宅建の独学」を、独学向け教材については「宅建教材レビュー」をお目汚しください。

 読むのがメンドクサイ人は、値は張りますが、最も初心者向けの「出る順宅建テキスト&ウォーク問セット」を使えば、挫折少なく勉強できます。本当に基礎・基本からなので、法学部卒や法律既学習の方は使わないでください。

高求人だが、フロント企業にご用心

 最後に蛇足ですが、不動産会社には、暴力団のフロント企業(ヤクザ資本)があるので、就・転職の際は、念入りに下調べをします。

 まず、宅建業の更新回数をチェックします。

 ○○知事免許(1)とか、国土交通大臣免許(1)とかになっている新興の不動産会社には、少し注意をした方がよいです。

 (5)とかだと、20年くらい(※)は営業しているので、まあ老舗であり、やばくはないでしょうが、油断は禁物です。役員が総替のケースがあります。

 (※ 免許の更新は、現在は5年に一回ですが、昔は3年に一回でした。)

 次に、求人先の「会社名」を検索し、過去に悪行やトラブルがなかったかなどを調べ、あるなら避けた方がよいでしょう。

 またまた、都道府県か国土交通省のホームページには、宅建業者に対する「監督処分」や「行政処分」が公表されています。

 たとえば、「都道府県名 宅建業 行政処分」で検索すれば該当ページに、「国土交通省 宅建業 処分」で調べれば、「国土交通省ネガティブ情報等検索システム」等々のデータを閲覧できるので、参考にすべきです。

簿記3級か簿記2級

 30代女性に勧められる資格は、「簿記3級、または、簿記2級」です。

 推薦理由は、「求人がある」からです。直近のハロワデータでは、3級は「約1,500件」、2級は「約1,600件」の求人があり、独学取得可能な資格の中では、有数の求人数を誇ります。

 給料は低いですが確実に仕事があり、また、パート求人も多いので、“全く仕事にあぶれて、完全無給状態になる”ことは防げます。

 また、反論もあるでしょうが、簿記の資格があると、ある程度、事務の適性があると、見てくれます。

 事務系キャリアのある方が、簿記の資格を持てば、さらに当該キャリアに“箔”がつくでしょう。

 さて、「2級と3級、どっちをとるか」ですが…、

 2級は、本格的に経理職や会計業務に就きたい方や、会計事務所・税理士事務所を狙っている方は、取っておく必要があります。

 上記求人は、最低限、簿記2級を求めてくるからです。

 3級は、「2級の反対」です。別段、経理職に強い動機がないとか、会計事務所に勤めたくない方です。

 先の求人数からわかるように、「簿記3級」でも全然構わない会社は多いので、めんどくさい試験勉強を避けたい人は「3級」でOKです。猫も杓子も、2級を取る必要はありません。原価計算・工業簿記は、関係のない人にとっては本当に無用です。

 まあ、とりあえずは、簿記3級から見ていけばいいでしょう。

 勉強方法等:簿記3級の独学

 独学向け教材:簿記3級の教材レビュー

登録販売者を

 「登録販売者」は、現在、誰でも受験できます。かつては、「1年以上の実務経験」が必要でしたが、法改正があって、「誰でも受験できる」ようになりました。

 登録販売者は、一般用医薬品を販売するために必要な医療系資格で、年々、求人数は伸びて、直近では「1800件」近い求人があり、販売系の資格としては、突出した需要があります。

 ぶっちゃけ言うと、販売系資格の中では、TOPクラスです。

 参考:最近の登録販売者求人数:ハロワ資格求人数データ

 参考:商品販売関連技能資格のハローワーク求人数

 わたしの調査では、登録販売者は、ハロワ登録の資格の中でも、有数の右肩上がりの資格で、高齢化社会で薬の需要も続きますから、応じて、寿命の長い資格になる公算が大です。

 求人数だけ見れば、資格の雄「宅地建物取引士」と同じくらいの求人があります。

 「登録販売者」は、超絶に賃金は増えませんが、持っていれば、「職にあぶれるような事態」はなくなりますから、狙う価値のある資格です。

通関士‐文系技術職

 先に挙げた、宅建や簿記に比べると、本項で紹介する「通関士」は、格段に求人は落ちます。

 通関士の平均求人数は「50件強」で、決して多いものではありません。

 また、通関士は必置資格とはいえ、設置基準が厳しくないため、有資格者はほぼ充足しており、先の宅建ほどは、求められないのが実情です。

 しかしながら、それでもなぜ推薦するのかと言うと、『通関士+実務経験』で、一般事務に比べたら、格段に長期で、安定して働けるからです。

 通関手続きは『物』によって変わってくるため、通関業務は、文系技術職といえるほど、専門性の高い業務となっています。

 このため、経験が如実に物を言い、いったん業務を任されるようになると、容易に代替が効かなくなるのです。女性の通関士も多く、「経験の前に性差などない」を体現した仕事となっています。

 『メーカーや商社、流通業等で、貿易事務に携わった経験のある女性』なら、通関士を取得すれば、間違いなく、通関業への就職や転職では有利に働きます。

 また、未経験者採用もしばしば散見されるので、未経験でも資格があれば、それなりに評価されます。30代はギリギリですが、人手不足のところなら行けるでしょう。

 後は個人の適性と能力次第です。何から何まで他人任せできた女性や、自分の仕事をキッチリ仕上げてこなかった人、いつもケツを拭いてもらっていたのにそれにさえ気付かない方には、能力不足で無理です。

 まとめですが、通関士を取得し、勤め上げることができれば、贅沢はできませんが、食いっぱぐれることはありません。安定した職をお求めなら、適しているかと思います。

 なお、貿易が絡むので、多少の英語力が必要です。

 なおのなお、通関士は、「持っているだけ」では、あまり意味がありません。輸出入に絡んだ実務経験がない、通関業やら貿易業務やらに興味がないのなら、パスする方が賢明で、汎用性の高い宅建の方がよいでしょう。

 最後に、勉強方法等は「通関士の独学」を、独学向け教材については、「通関士の教材レビュー」を参考ください。

危険物取扱者の乙4【まあまあ】

 30代女性に、まあまあ勧められる資格は、「危険物取扱者の乙4(可燃性液体)」です。

 資格の名称に「危険物」とあるので、危険な作業をするのかと思う方もおられるでしょうが、「危険でない作業」も、当該資格の業務対象となっています。

 たとえば、定期点検要員や、有資格者要員といった次第で、全然女性でも勤まる仕事です。

 30代女性に乙4を勧める理由は2点あって、『何気に総務系資格』だからなのと、『身体に負担が少ない仕事がある』からです。

 先述したように、乙4には、点検要員やその補助者とか、有資格者としての名義貸しとか、有資格者の控え・交代要員等々の有効需要があり、これらは大体が総務が担うので、総務事務の仕事の幅を広げる目的で、取っておいて損はないです。

 ところで、乙4と耳目にすると、ガソリンスタンドをイメージする方もおられるでしょうが、乙4は給油以外に、「セルフガソリンスタンドでの監視員」の仕事があります。

 ぶっちゃけ言うと、モニター越しに給油作業に「立ち会う」のですが、当該業務は乙4の有資格者しかできないため、有資格者の需要がある、といった手合いです。

 当該モニター監視は、大半が座り仕事で、万が一の責任がありますが、身体に負担はありません。

 この先、大きな病気・怪我をしない保証はありません。立ち仕事が「辛い」どころか「できない」状態になる可能性はあります。

 万が一の際の、身体に負担のかからない仕事の確保の意味で、乙4を取っておいて損はないように思います。夜勤の求人が多いですが、朝・昼・夕の求人も多いです。

 正直なところ、女性にとって、乙4は即効性がないためアレですが、法的需要のある必置資格なので、取っておいて「損」することはないです。

 なお、車の運転のできる方なら、危険物の移送ができるようになるので、乙4があると、求人の幅が広がります。

 勉強方法等は「乙4の独学」を、独学向け教材は「乙4教材レビュー」を参考ください。

消防設備士の乙6【まあまあ】

 30代女性に、まあまあ勧められる資格は、「消防設備士の乙6(消火器)」です。

 当該資格は、『何気に総務系資格』で、総務系キャリアのある方に、適しています。

 病院、介護施設、ホテル・旅館、映画館、商業施設、雑居ビル、工場等は、消防法の縛りが強く、多くの会社では、消防がらみの業務は総務が担います。

 当該資格があると、消火器の典型要員のみならず、「防災担当・消防担当」要員として使われる可能性が高いです。

 先に挙げた施設に勤めている方・勤めようと思っているなら、消防設備士は、評価されるはずです。

 まあ、消防業務が完全に外注化されていて、評価されない可能性もありますが、消防設備士は、法的な需要のある必置資格なので、持っておいて「損」はないです。

 消防設備士:乙6の勉強方法等は「乙6の独学」を、独学向け教材は「乙6教材レビュー」を参考ください。

社労士等の独立開業系国家資格

 まず、士業系資格の最高峰である、「弁護士ですら廃業し、公認会計士ですら職にあり付けない」実情を深く受止めておくべきです。

 国家資格だろうが何だろうが、「資格だけ」で食べていけるのは、完全に過去のものです。

 士業系の資格を取得するとは、『商売』するのと同じことなので、『商売』の部分を無視して士業系の資格に挑戦するのは考え物です。

 わたしは社労士や行政書士を取りましたが、正直言って、今となっては、同じ苦労をするなら、電験3種といった必置資格に時間や労力を割くべきだったと思います。就職や転職に直結するからです。

 一般企業で、士業系資格は、ほとんど評価されません。士業系の資格は、その士業系法人くらいしか、仕事の口がありません。

 士業系の資格は、営業経験者であるとか、地縁・血縁が豊富であるとか、先輩・友人・後輩に伝手がいるとか、果てには、『面倒見のいい親切なおじ(おば)さんが親戚にいる』とかの、『商売』の土台がない人は、挑戦すべきではありません。

 参照:士業系資格を考えているなら、前・中に日本政策金融公庫

 上記記事でも述べていますが、当該事業計画書を埋められないなら、少し立ち止まりましょう。

 昨今の現状を踏まえると、「難易度が高い資格=稼げる、安定する」では決してなく、難易度が高いため資格取得に多大なコストと時間がかかってしまい、逆に不安定になるというのが現実です。

医療事務資格は、あまり頼れない

 「女性の資格」と銘打たれると、枕詞のように顔を現わすのが「医療事務資格」です。

 結論から言うと、当該医療事務資格は、「必置資格」ではないので、資格の価値は落ちます。

 つまり、医療事務には、「法律的にコレコレの資格が必要」という縛りがないため、「資格」のパワーが弱いのです。

 言うなれば、「有資格で未経験」より、「無資格だが経験者」の方が採用される、という塩梅です。

 このように、医療事務系の資格は、「物凄く頼れる」ものではないので、注意が必要です。

 とはいえ、「有資格」だと、未経験でも、ある程度の評価が付与されるのは間違いありません。求人票には、「医療事務資格あると、なお良し」との文言が多用されています。

 なお、医療事務の資格はたくさんあって、実にわかり難いです。

 参考:専門的事務処理技能資格のハローワーク求人数

 独学で取るとしたら、「医療事務管理士」となります。受験資格がなく、通信講座(主催者が販売しているテキスト・問題集)も手ごろだからです。

 これ以外は、受験資格(学歴や職歴)が設けられているので、よくよく調べる必要があります。

 下手に医療系資格を狙うよりも、先述した「登録販売者」を狙う方がよいかと思います。

アラカルト

運転免許

 最強資格の1つが運転免許です。

 介護事業から会計事務所まで、ほとんどあらゆる業種で求人があります。

 30代になると反射神経が鈍るので、授業を落としてコストがかさみます。予算には余裕を見ておきましょう。

衛生管理者(1種・2種)

 実務経験が必要となるので、独学1本で取得できませんが、「ある」のなら、取っておくべきです。

 衛生管理者は必置資格なので、持っておくと工場等で、威力を発揮します。

 なお、求人は多くありませんので、後回しでいいです。

独学資格ガイド

 上述した資格以外の有用な資格を探しているなら、ハロワの求人数を元に、独学で取れる資格の価値をクラス別に分類した「独学資格ガイド」を参考にしてみてください。

 役に立たない資格は、ごまんとあります。ぶっちゃけ、役に立たない資格の方が多いくらいです。

 しかし、とはいえども、仕事に直結する資格もあることにはあります。

 今後のキャリアを計る上でも、「求人があって、独学で取れる資格」の存在は、選択の示唆になるかと思います。

 また、資格を履歴書の資格欄に書くと、面接の際に「何でこの資格取ったの?」的な質問をされる可能性が高いです。

 先の述べた「独学資格ガイド」ですが、そこそこ、面接対策に使えると思うので、質疑応答の補強に利用ください。

 逆に言うと、突っ込まれて困るなら、資格名を出してはいけません。わたしは運転免許と乙4、2電工、基本情報技術者以外は表記しません。多くの人は資格に関心はなく、説明は双方の時間の無駄だからです。

 一口で言うと、噛み砕いて説明しても、「フーン」で終わるだけです。

 また、ハロワ登録の資格・免許の求人数データもあります。

 頭に特定の資格なり免許があるなら、一度調べてみることをオススメします。やはり、「求人のない資格」は「当て」になりません。

 参考:資格・免許別ハローワーク求人数データ

みんなとシェアする