50代男性向け独学資格ガイド

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 50代男性向けの、独学合格可能な資格リスト。50代からでも正社員採用のあるビルメン業に必須の2資格(2電工・乙4)と、定年後も踏まえると推奨できる2資格(管理業務主任者・二級ボイラー技士)と、お勉強用の簿記3級の解説と、士業系資格への警鐘をまとめています。

50代男性・資格取得リスト

 主に、ハロワの求人数と求人動行が、評価のベースです。

 リストの後に、個々の理由を述べています。気になった資格のところからお目汚しください。士業系資格への警鐘は最後です。

 万が一の際は、再就職が格段に厳しくなる年代ですが、以下の資格があれば、路頭に迷うリスクは格段に下がり、失業期間の長期化も防げることでしょう。

 優先順位(損のない順)も、この順番です。上から順繰りに取って行けばよいでしょう。

・第2種電気工事士(通称:2電工)

 突出して求人のある資格。中高年層にも仕事あり。試験の難易度も高くない。

 参考:資格ガイド2電工の独学筆記教材レビュー実技教材レビュー

・危険物取扱者 乙種4類(通称:乙4)

 これまた、求人のある資格。賃金は安いが、年を取っても仕事がある。難化したが、独学合格可能。

 参考:資格ガイド乙4の独学乙4教材レビュー

・電気主任技術者(通称:電験3種)

 理系キャリアなら、2電工ではなく電験。求人多数。簡単には取れないが、文系でも挑戦する価値はある。

・二級ボイラー技士

 就・転職、再就職用。賃金は低く求人の地域差もあるが、まだ仕事がある。定年後の一手一石に。試験勉強の負担は少ない。

 参考:資格ガイド二級ボイラー技士の独学二級ボイラー技士の教材レビュー

・管理業務主任者

 就・転職、再就職用。管理職経験者や営業経験者向け。定年後の一手一石に。あとあと効く。要試験勉強。

 参考:資格ガイド管理業務主任者の独学管理業務主任者の教材レビュー

・日商簿記3級

 お勉強資格。定年後の株式投資のために。試験勉強の負担は少ない。

 参考:資格ガイド簿記3級の独学簿記3級の教材レビュー

 50代の資格事情はざっとこうした次第で、個々の詳細を、以下に述べていきます。

 士業系資格については、最後の方にあります。

資格は「決め手」にならない。

 まず指しあたって言っておきたいのは、「資格=評価」ではない」ということです。

 資格で価値があるのは、「必置資格」という資格で、要は、法的な需要のある資格以外、50代で評価されることはほとんどありません。

 どれほど履歴書の資格欄が埋まっていようと、勤務先の業務に関係しない資格の評価は「ゼロ」で、再就職の決め手にはならないのです。

 そして、国家資格であろが公的資格だろうが、知名度の低い資格、設置義務のない名称だけの資格(=名称独占資格)は、いくら取っても資することはないので、自己啓発の意味で取るにしても、「有用な資格」を取った後から、おいおい取ることを勧めます。

 また、資格に何がしかを求めるなら、資格を選ぶ際は、求人数の多さを調べてください。(このページの最後にリンクがあります。)

 資格について、絶対に知っておくべき実情は、「資格=必ず職にありつける」ではないことです。

 「求人数から見る資格-74%の資格には求人がない」でも述べていますが、ハロワに登録されている資格のうち、7割の資格には求人がない現状です。

 弁護士や公認会計士でも廃業する昨今、難関国家資格といえども、「仕事がなければ仕方がない」のです。

 「わたしだけのケース」かもしれませんが、50代になって、“なんでそんな資格を持ってるの?”と、資格に精通しているわたしですら「???」となる資格をたくさん取っている人がいましたが、彼は、取った資格とは全く関係のない仕事に就いています。

 資格詐欺とまでは言いませんが、50代にターゲットを絞った資格商法は何気に多いので、価値を踏まえたうえで、資格を取得をしてください。

 2~3つの業界を除けば、資格は「数」ではありません。

“ハズレのない”2電工と乙4

 結論から言うと、50代男性がまず取得しておくべき資格は、「第2種電気工事士(通称:2電工)」と「危険物取扱者 乙種4類(通称:乙4)」です。

 資格取得を考えているなら、2電工と乙4から、手をつけるのがベストです。

 当該2資格を推薦する切実な理由は、まず、「求人の数が多い」からで、他の資格と比べて、格段に「ハズレ」がないのです。

 2電工と乙4は、全国満遍なくコンスタントに求人があり、しかも、それぞれ社会の根幹を担う電気とガソリンが対象の資格なので、廃れにくい長寿命の資格となっています。

 後述しますが、両資格は、中高年齢でも正社員採用の多い設備・メンテナンス業に強いので(両資格はほぼ必須)、万が一の際は、格段に生活が安定します。

 加えて、両資格は、パートタイマーの仕事も多く、“つなぎの仕事”も見つけやすい特徴があります。

 いったん失業すると長期化しやすい50代では、貴重な求人の機会を得られるはずです。

 その上、両資格は、「激務ではない仕事も多い」ので、体力に自信がなくても何とか仕事をこなすことができます。

 このように、2電工と乙4さえあれば、今後、「仕事がなくてどうにもならない」とか「他に行くところがないだろう?的な、足元を見られた低待遇」や、「病気や怪我で生活保護一直線」というような、リスクと危機を避けることができる有用な資格となっています。

 安定という点で、2電工と乙4は、頭を1つ2つ飛び抜けたものがあります。

ビルメンテナンス資格の登竜門

 中高齢となると、正社員になるのは格段に難しくなります。

 しかし、それでも、比較的なりやすい業種が、ビルメンテナンスといった設備業です。

 ビルメンテナンス業では、「資格がないと、法的に作業ができない」ことが多く、資格の取得が推奨されており、2電工と乙4はその最たるものとなっています。

 反対に言うと、両資格がないと、ビルメンテナンス業では話にならない、という塩梅です。無資格者は、ほぼ書類で撥ねられます。

 ビルメンテナンス業に必要な資格は、2電工と乙4以外に、「電験3種」や「二級ボイラー」、「第3種冷凍機械責任者」、「消防設備士」といった資格がありますが、まずは、鉄板資格の2つを取ってから、ボチボチ取っていけばいいでしょう。

 これらの資格は多日程で受験の機会も多く、難関資格でもないので、後回しでも大丈夫です。

 なお、本格的に、ビルメンテナンス業に進もうと思っている方は、残りの資格も、積極的に取って行きましょう。持っている方が格段に評価は高いですし、仕事に就けたら、「資格手当」という形で即現金化(1資格あたり2千~5千円@月)するからです。

 また、これら設備系の資格に興味があるのなら、「二級ボイラー」を、まず狙うといいでしょう。(後述。)

 参考:全くゼロからの設備・メンテナンス資格スケジュール

ガソリンスタンド監視‐乙4

 端的に言うと、50・60代を求める仕事は、あまりありません。

 しかし、探せばあるもので、50・60代でもいいですという仕事に、「セルフのガソリンスタンドの監視要員」があります。

 当該業務は、モニター越しに給油作業の「立会い」をするのですが、当該仕事の求人文句に、「シルバー歓迎」とか、「68歳まで継続雇用可能」と記されていることが多いのです。

 仕事は、安全と防災を司るので責任は大きいですが、それでも、仕事自体は、ボタンを押すという単調なものなので、結構長続きしている方を見受けます。

 夜勤を求められることも多いですが、やはり、長く勤められるのは魅力であるかと思います。

 当該監視業務をするのに、「乙4」は必須で、定年後のことを踏まえると、「乙4」の魅力は大きいです。

理系キャリアなら、そして、できることなら文系も電験3種

 先ほど2電工を推奨しましたが、理系キャリアの方は、「第3種電気主任技術者(通称:電験3種)」を勧めます。

 電験3種は、2電工の上位互換資格なので、電気的な素養がある人は、電験3種です。

 難易度は、電験3種の方がはるかに高いですが、資格の価値も、応じて高くなっています。まあ、待遇・賃金・職種に巨大な差はないのですが、業務や仕事の選択肢が大きいです。

 ちなみに、電験3種があると2電工の筆記は免除です。

 ところで、先にビルメン業界に求められる資格を述べましたが、文系キャリアのある方も、できるなら電験3種まで考えておきましょう。

 電験3種は、3年間有効の科目合格制度なので、文系でも、がんばれば合格できる資格です。

 電験3種は必置資格なので、ビルメン業や設備業等で欲しがられる資格です。不埒なことを言うと、「とりあえず有資格者が欲しい」ところもあるので、未経験でも有資格者にはそれなりのプラスがあります。

 電験3種はスグに取れない資格ですが、有力資格として頭の片隅に置いておきましょう。

 こういう言い方はよくありませんが、電験3種クラスを持っていれば、50代でも「求人の網」に引っかかります。

まとめ的なもの

 2電工と乙4の両資格は「守り」に強いので、資格の価値は高いです。今後、『困り果てる』事態は、大いに避けることができます。

 両資格に費やした金銭・時間・労力は、就職・転職の際に、それか、安心・安全という精神的な形で、必ず取り戻せます。

 人生の保険・保証として、2電工と乙4は、他の資格と比べて段違いで有用であるといわざるを得ません。

 最後に、両資格とも、独学で取得可能なのも、推薦する理由です。

 つまり、高額な費用のかかる専門学校に通わなくてもいいし、退屈な講座を受講しなくてもいいし、長時間の試験勉強が強いられるわけでもない、という塩梅です。

 さらに付け加えるなら、勉強の手軽さも魅力なのです。

 2電工の実技は、どうしても机の前の試験勉強となりますが、2電工・筆記と乙4は、通勤電車内で十分消化できます。

 わたしはほとんどを電車の中で済ませました。1本前の電車が人身に遭い、後続の電車内で2時間缶詰になった際に、筆記の過去問を総復習したのがいい思い出になっています。

 勉強の手間(取りやすさ)。取得コスト。有用さ。求人の多さ。

 2電工と乙4は、費用対効果からして、他の資格と比べて段違いで有用であるといわざるを得ません。

 中学生の言い方ですが、現状の「最強資格」は、2電工と乙4です。

 資格を取ろうと思うなら、まず、この2資格の取得から始めてください。地球を踏み外さないくらいに、カタイ資格です。

 反対に言うと、取っては見たが、どうにもならない「ザル資格」はたくさんあります。

 最後に、危険物の乙4の勉強方法は「乙4の独学」を参考に、使用教材は、「危険物:乙4の教材」をばご参考ください。

 第2種電気工事士の勉強方法は「第2種電気工事士の独学」を…、

 独学向けの教材については、「2電工・筆記教材レビュー」と「2電工・実技教材レビュー」をば、お目汚しください。

推奨資格1-二級ボイラー技士

 諸手を挙げて推奨はできませんが、50代の人には、「二級ボイラー技士」を取得しておくことを勧めます。

 この資格を持っていると、すぐ仕事が決まるわけではありません。

 しかしそれでも、必置資格である二級ボイラー技士には、資格の中でも“まだ求人のある方”なので、50代・未経験でも、当該二級ボイラー技士免許だけで仕事が決まることもあります。(賃金はビックリ額ですが。)

 また、先に推薦した「乙4」を持っているなら、当該資格も併せて取ることを勧めます。

 というのも、ボイラーの半分弱は、重油を使う油炊きボイラーだからで、重油の取扱いと立会いのできる「乙4」と相性がいいためです。

 最近では、ガス炊きボイラーが増えているので、乙4の地位は低下していますが、それでもまだまだ油炊きのほうが多いので、「乙4+2ボイラ」はセットで持っておく方がいいでしょう。

 まあでも、ボイラーの資格は地域差があるため、“温暖な地方”にお住みの方は、考え物です。やはり、ボイラーの需要は雪国の方が多いためです。

 しかし、病院やホテル、旅館、大型商業施設では、大概ボイラーがあるので、取得しておいて損はないかと思われます。

 蛇足ですが、50代の方は、お金がかかりますが、免許証まで発行しておくことを勧めます。せっかく決まりかけた仕事を失いかねないためです。(ガイド参照

 参考:二級ボイラー技士の独学二級ボイラー技士の教材

推奨資格2-管理業務主任者

 すぐに仕事が決まるわけではありませんが、「管理業務主任者」という資格があります。

 管理業務主任者は必置資格で、マンション管理業を営むのに必要な資格です。

 求人数はそれほどないのですが、『法的需要』があるので、常に一定の求人があります。

 管理業務主任者の仕事は、マンション管理組合との折衝といった「粘り強さ」が求められる仕事なので、管理職に就いている方や、上下間の調整に腕を振るっている方は、適性のある業務となっています。

 ゼネコンや建設業等で、「マンション」に携わってきたことのある方なら、マンション管理について未経験でも、採用されると聞いています。

 また、先の話となりますが、定年後の仕事として、マンションの管理人の仕事があります。

 管理業務主任者は、管理人の資格ではありませんが、有資格者にはそれなりの評価が与えられます。

 というのも、有資格者の欠員が出てしまうと、会社自体が営業できなくなるので、有資格者の確保は会社にとって大きな意味があるからです。

 まあ、もう既に充足しているので、「ないよりかは、あったほうがいい」程度の評価ですが、それでも「ないよりかは、あった方がマシ」です。

 定年後の再就職を円滑にする意味でも、50代で管理業務主任者を取っておいて、損はないように思います。

 参考:資格ガイド管理業務主任者の独学管理業務主任者の教材レビュー

簿記3級‐お勉強資格

 正直言うと、50代になって、会計的な事柄に接触がなかった人は、「縁がなかった」としか言いようがありません。

 ですから、簿記3級を取ったとしても、仕事にも、就職や再就職にも、直接、役には立たないでしょう。

 とはいえ、簿記3級を取っておくと、定年後に、「株式投資」という結構、頭脳を使う趣味を持てます。

 1ヶ月か2ヶ月、簿記3級のテキストの前で計算機をいじっておれば、決算や帳簿、会計や財務や経理といった“会社の数字”に苦手意識は持たなくなりますし、合格した後で、企業分析に関する本を数冊読めばいいです。

 簿記3級には、会計的なことの基礎が詰まっているので、下手な会計本を読むより、はるかに身に付くものが多いです。

 定年後は時間が自由になりますから、株式投資にも、多くの時間が割けます。

 企業の財務諸表や有価証券報告書が、曲りなりにでも読めるようになる簿記3級は、定年後の実益を兼ねた趣味を作るうえでも、有用かと思います。

 参考:「簿記3級で、ぶっちゃけいいんでない?-知識・素養編

 勉強方法等:簿記3級の独学

 独学向け教材:簿記3級の教材レビュー

独立開業系の士業・国家資格

 50代の人にとって、士業系資格による独立・開業で大事なことは、「経験」です。

 わたしが言いたい「経験」とは、当該士業職に関する実務的経験や知識ではありません。

 ここで言う「経験」とは、「事業をやったことがあるか、どうか」です。

 50代の方が士業資格を取って独立・開業したいという方に、わたしが「がんばってください!」というときには、明確な基準があります。

 その基準とは、今までに、会社を潰したことがあるとか、何かしらの事業をやっていたが畳んだとか、会社で新規事業の立ち上げをゼロからやったといった、『商売』の経験があるかどうか、です。

 こう言うとアレですが、本当に、心底『独立開業』したいのであれば、50代になる前に、何かしら事業をやっておかないといけないのです。

 商売に関しては、「1度のある・なし」が実に重要で、ずっと会社勤めをして50を迎えたという人と、最終責任者の事業者となって1度でも痛い目にあった人とは、全く事情が異なります。

 失敗は成功の元といいますが、ホントその通りで、失敗していない人は、まず失敗します。

 30代や40代の若いうちなら、その失敗を、体力を持ってカバーできますが、50代となると、もう体力的に、そして、時間的にも厳しいのです。

 ずっと会社勤めだったという方は、士業資格による独学・開業を勧めませんし、従って、資格の取得も勧めることができません。

 よく、「カーネルサンダースは、60になって成功した」なんていいますが、逆を言えば、彼以外にうまく行った人はあまりいない、という証左ではないでしょうか。

 また、彼も、かなりの失敗を重ねて60を迎えたことも、絶対に見落としてはいけないと思います。

 最近の士業系の資格は、少々覚悟がいるくらい、難化しています。

 安易な挑戦は、本当に時間を無駄にするどころか、晩節を汚しかねないので、よくよく考えて受験するようにしてください。

 「廟算して勝つ」といいますが、「開業する前から、もう顧客がいる」くらいの下準備ができて、挑戦するくらいが丁度いいです。

 そして、就職や転職目的での士業系資格の取得は、絶対に勧められません。

 一般企業で、士業系資格は、ほとんど評価されません。士業系の資格は、その士業系法人くらいしか、仕事の口がありません。

 就職や転職に強い資格は、別にあります。

 わたしは社労士や行政書士を取りましたが、正直言って、今となっては、同じ苦労をするなら、『電験3種』に時間や労力を割くべきだったと思います。就職や転職に直結するからです。

 少々きついことを言いましたが、夢は夜見るもので、昼見るべきは3年分の事業計画書です。

独学資格ガイド

 上述した資格以外の有用な資格を探しているなら、ハロワの求人数を元に、独学で取れる資格の価値をクラス別に分類した「独学資格ガイド」を参考にしてみてください。

 役に立たない資格は、ごまんとあります。ぶっちゃけ、役に立たない資格の方が多いくらいです。

 また、資格を履歴書の資格欄に書くと、面接の際に「何でこの資格取ったの?」的な質問をされる可能性が高いです。

 先に述べた「独学資格ガイド」ですが、そこそこ、面接対策に使えると思うので、質疑応答の補強に利用ください。

 また、ハロワ登録の資格・免許の求人数データもあります。

 頭に特定の資格なり免許があるなら、一度調べてみることをオススメします。やはり、「求人のない資格」は「当て」になりません。

 参考:資格・免許別ハローワーク求人数データ

みんなとシェアする