49問‐H29の過去問と解説

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 平成29年度(2017年度)宅地建物取引士:第49問は、「土地」の問題です。扇状地、三角州、台地、埋立地といったテキストに記載のある選択肢で構成されています。どれも、頻出かつ定番事項なので、きちんと勉強した受験生なら、まず間違いなく、点が取れるはずです。

49問‐土地

 

 (クリックして拡大。)



難易度・優先順位ひとこと

 本問のレベルは「ふつう」です。

 基本事項ばかりです。

 ほとんどの受験生は、点を取るので、絶対に落とさないようにしましょう。

 本問の答えは、「こちら(数字のみ)」です。

解説

 本問は、「不適当なもの」を選ぶ問題です。

 問題文には、別段、注意すべき設定はありません。

 ふつうに解いていってください。

 ところで、過年度の試験問題を見たい方は、後述する「参考リンク」を活用ください。

選択肢1

 選択肢1の「扇状地は、山地から河川により運ばれてきた砂礫等が堆積して形成された地盤である。」ですが、正しい記述です。

 「扇状地」の説明そのものです。

 当該扇状地は、実によく出るので、ガチ暗記してください。何度も何度も、出ています。

 よって、選択肢は、「適当」となります。

選択肢2

 選択肢2の「三角州は、河川の河口付近に見られる軟弱な地盤である。」ですが、正しい記述です。

 テキストそのとおりの記述です。

 よって、選択肢は、「適当」となります。

選択肢3

 選択肢3の「台地は、一般に地盤が安定しており、低地に比べ、自然災書に対して安全度は高い。」ですが、正しい記述です。

 「台地・・・安全」は、よく出ます。

 テキストで必ず押えておきましょう。

 よって、選択肢は、「適当」となります。

 なお、「台地」でも、「辺縁部・・・がけ崩れ」と「台地上の浅くて広い谷は、水に浸かる」、「台地上の埋立地は、液状化」の危険があるので、注意してください。

選択肢4

 選択肢4の「埋立地は、一般に海面に対して比高を持ち、干拓地に比べ、水害に対して危険である。」ですが、誤った記述です。

 埋立地は、干拓地よりかは、安全です。

 よって、選択肢は、「不適当」となります。

 なお、埋立地も干拓地も、水害の危険があり、宅地としては、好ましいものではありません。

答え

 「1」は「適当」です。

 「2」は「適当」です。

 「3」は「適当」です。

 「4」は「不適当」です。

 本問は、「不適当なものはどれか?」の問題なので…、

 正解:4

 …と相なります。

 >>> 次の問題へ。


参考リンク

 当該年度のぜんぶの問題(1~50)のリンクは、「こちら」です。

 類似問題あります。テーマ別の問題演習は、「宅建「その他」の「統計」の過去問リスト」を一読ください。

独学向け教材

 宅建の独学向け教材には、「2系統」あります。

 はじめて法律を学ぶ方は「宅建(初学者向け)」を、参考にしてください。

 んで、法学部卒等で、ある程度の素養のある人は、「宅建(経験者向け)」を、参考にしてください。

PDF過去問に一言

 

 PDFの閲覧は、スマホだと画面が小さくて見難く、PCだとキーボードやマウス、配線等が邪魔で、かなりイライラします。

 PDF過去問の演習には、「タブレット」が最も勝手がよくて、ストレスも少ないです。

 手許に「タブレット」がない人は、最もコスパの高い、アマゾンの「Fire HD」を推薦します。

 他のタブレットと性能が遜色ないくせに、値段は数割安く、もちろん、PDF過去問の閲覧も可能で、費用対効果が秀逸です。

 受験が終わっても、他の試験で使え、サブ機としても使えます。受験を機に「Fire HD」を検討するのは、損はないです。

宅建のこまごましたもの

 試験勉強については、「宅地建物取引士(宅建)の独学」を、参考にしてください。

 「宅建」という資格を、より知りたい方は、「資格ガイド Sランク資格:宅地建物取引士」を、一読願います。

 ブログに試験勉強に関する記事を投稿しています。興味のある方は、「宅建タグの投稿記事」を、お目汚しください。

みんなとシェアする