宅地建物取引士(宅建)の予想問題集レビュー

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 宅地建物取引士(通称:宅建)の予想問題集・模試問題集のレビュー。宅建は、過去問だけでも合格はできるが、予想問題集・模試問題集を解いておくと、合格はさらに確実な物になる。復習目的のほか、問題演習数を稼いだり、様々なタイプの問題を解いたりして、実践力を身に付けることができる。以下、有用な予想問題集・模試問題集を挙げていく。

結論

 最初に結論から言うと、「出る順宅建士 予想模試」「TAC直前予想 宅建士」「パーフェクト宅建の直前予想模試」の3つのうち、どれか1つ、余裕があれば、2つを解いていれば、自信をもって、本試験に臨めます。

 以下に、宅建の予想問題集・模試問題集を見て行きますが、ひとまず、注意事項が2点あります。

注意1:まず、テキスト・過去問

 1番目の注意事項です。

 優先順位を間違えないでください。

 予想問題集や模試問題集の前に、まずは、テキストと過去問を“完全制覇”することを優先してください。

 テキストと過去問が終わっていないのなら、予想問題集や模試問題集を、無理して解く必要はありません。

 テキストと過去問をやる方が、なまじっか予想問題集等をやるよりも、受かります。

 試験に出るのは、“圧倒的に”、テキストと過去問の方です。

注意2:買う時期

 予想問題集・模試問題集ですが、購入時期に注意してください。

 予想問題集・模試問題集の発売は、テキスト・過去問とは、ずれるのが一般的です。

 予想問題集・模試問題集は、例年、6月以降に発売されるのが常です。

 毎年、買い直した人に会ってます。誤って、古い年度のを、買わないようにしてください。()

 序盤・中盤では、予想問題集・模試問題集は、必要ありません。ある程度、試験勉強が進んだ6月以降に、追々、見ていくといいです。

1.推奨

 

 個人的に、強く推薦する予想問題集・模試問題集は、「出る順宅建士 予想模試」です。

 推薦理由は、「4回分」が掲載されていてボリュームが一番あるのと、やはり、LEC製という看板からです。

 基礎・基本的な問題のほか、奇妙奇天烈な難問、ナンダコレ的な奇問もあって、バラエティに富んでいます。

 当該問題集を解いていれば、かなり、『実戦力』が付きます。

 本試験でどんな問題が出ても、冷静に対処できるでしょう。

 なお、本書は「4回」分が掲載されており、他社製は「3回」がほとんどなので、単価的には妥当です。

 予想問題集を探しているなら、「とりあえずLEC」でいいです。

 本屋をチェックしましたが、一番減ってました。

2.推奨

 

 次に進めるのは、TACの「TAC直前予想 宅建士」です。

 先のLECとは違って、3回分しかありませんが、その分、解説や特集記事が豊富です。

 当該問題集を勧めるのは、LECや住宅新報出版のテキスト・過去問を使った人です。

 というのも、他の出版社の異なる説明や解説に触れることで、自分の使っているテキストの理解が深まるからです。

 (あー、こうとも考えられるのね)的な発見が、多々あるように思います。

 違う系統の教材に触れると、とても、勉強になります。応用力が付きます。TACのテキスト等を使ってないなら、当該問題集を解いて、TAC的な考え方に接してみてください。

3.推奨

 

 3番目に勧めるのは、住宅新報社の「パーフェクト宅建の直前予想模試」です。

 当該問題集の特徴は、タイプの異なる問題があるところです。

 まず、基礎基本的な予想問題で、過去問のいい復習になります。

 次に、法改正に重きを置いた予想問題で、法改正にとても強くなります。

 PDFやプリントで法改正対策を取るよりも、格段に、点が取れます。

 最後の予想問題は、ハイレベルのもので、本試験での難問対策になります。

 他の出版社にはない“つくり”なので、個別的な対策を取りたい人に、お奨めします。

みんなとシェアする