管理業務主任者の教材レビュー

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 管理業務主任者の独学向け教材は、2系統に分かれます。法律的なことを勉強したことのない「初学者」と、ある程度の法律知識のある「法学部卒・法律学習済み・宅建合格者」によって、教材を使い分けるのが最も効率的で、費用も抑えられます。

初学者向けリンク

 民法等、法律の学習をしたことのない人は、「はじめて法律に接する初学者向け教材」の方をご覧ください。

 法学部卒等の方は、このまま、読み進めてください。

法学部卒・法律学習済み・宅建合格者向け教材

   

 結論から言うと、法学部を卒業した人や、他資格で法律の勉強をした事のある人、宅地建物取引士の合格者は、以下のTACの教材を推薦します。

 テキストは、「管理業務主任者 基本テキスト」を、

 過去問は、「管理業務主任者 項目別過去7年問題集」を使います。

 推薦理由は、本試験に必要なことを、簡潔かつ網羅しているからです。

 法律の素養がある人にとっては、初心者向けの説明やレクチャーなど、邪魔なだけ。

 当該テキストには、余計なことは載っていませんし、過去問には「年度」と「頻度」と「重要度」と、必要な情報だけにレイアウトが割かれています。

 当該2教材で、本試験に必要なことを、ストレートに、かつ、短期間でインプット・アウトプットできます。

 テキストは、必要十分な内容で、おおむね評価も高いです。

 過去問は、過去7年分の問題が網羅されていて解説も穏当なので、良質の問題演習を必要十分に確保できます。

 また、TACの教材は、同梱された読者ハガキを送ると、法改正用のパンフレット(+正誤表)を送ってくれるので、アフターサービスの点でも及第点です。個人的にはPDFより紙の冊子が好きなので高評価です。下の画像はわたしが往時に受け取った冊子です。

 

 試験勉強の最後まで使えますし、値段も相応で、他社製品とそう変わりません。わたしも本教材で独学合格しました。

 まとめます。「法学部卒・法律学習済み・宅建合格者」に該当する方は、「基本テキスト」と「過去7年問題集」を使うのが、最も効率がよくてコストも抑えられるでしょう。

 なお、テキストと過去問だけで不安があるなら、「ラストスパート 管理業務主任者 直前予想模試」を追加すれば、鉄壁です。

はじめて法律に接する初学者向け教材

   

 結論から言うと、序盤は、早稲田セミナーのテキスト「ごうかく! 管理業務主任者 攻略テキスト」と、過去問「ごうかく! 管理業務主任者 攻略問題集」から手始めにやっていきます。

 中盤からはTACの「管理業務主任者 一問一答セレクト1000」で問題演習の不足分を補い、

 直前期あたりから「ラストスパート 管理業務主任者 直前予想模試」で仕上げる、という寸法です。

テキストについて

 「管理業務主任者の独学」でも述べていますが、市販教材の大半は、『宅建の合格者を前提にした作り』になっており、ゼロからの初学者には、厳しいものとなっています。

 初学者の人なら、途中で詰まりそうなもの・手を焼きそうなものばかりなのです。

 しかし、まだしも使い勝手のよいのが、先に挙げた早稲田セミナーのテキストと過去問です。

 一番大きな推薦理由は、「とにかく、わかりやすさを追求している」ところです。

 イラストやワンポイントアドバイスに紙面を割いたり、図や画を多用したり、憶えやすいように「語呂合わせ」を載せていたりと、「初学者向け」の編集をしています。

 条文をただ並べただけのダメ教材と比べたら、比較を絶して、使いやすいテキストだと、言わざるを得ません。“企業努力”の跡が見受けられます。

 個人的には、「語呂合わせ」が多いのを、高く評価しています。管理業務主任者は、要は「暗記と記憶」の試験なので、威力を発揮すると思います。

 こんな次第で、法律の文章に接したことのない人でも、最後まで取り組めるテキストとなっています。

過去問について

 次に、過去問題集ですが、ポイントを絞った過不足ない解説で、初学者でも、戸惑うことはないと思います。

 ただし、掲載問題数が「250問」と、他社の「50問×7年」の「350問」と比べると、掲載数は少な目です。

 これは、長所でもあり、短所でもあります。

 初学者にとっては、「ぶ厚い問題集」というのは、それだけで、やる気を削ぐものなのです。

 しかし、当該過去問題集は、「250問」と“薄め”の作りとなっているので、はじめての人にとっては、「達成しやすいもの」になっています。

 初学者の人は、無理してきついのを使うよりも、まずは、「達成しやすいもの」を使うべきかと思います。こうした「量の少なさ」も、推薦する理由です。

 ただし、本書だけでは、問題演習の数が不足するので、中盤以降に、下記の2冊を追加します。

初心者が中盤・後半に用いる追加教材

 先のテキストには問題がないのですが、過去問には、「過去問演習が少ない」という致命的なものがあります。

 よって、まずは、「一問一答セレクト1000」を用いて、過去問演習の不足分を補います。

 当該問題集は、1問1答形式で1,000題あるので、不足分を補うのに一番適しています。多少重複しますが、いい復習になるので気にはならないでしょう。

 当該問題集を2~3回ほど繰り返したら、同じくTACの模試問題集「直前予想模試」で、問題演習を追加します。

 この2冊をやれば、過去問の不足分を、十分に埋めることができます。

 それでも不安があれば、他社の予想問題集なり模試問題集で問題演習を補えば、鉄壁となります。

 初学者でも、問題演習数さえ確保していれば、合格点ギリギリで通ります。

 初学者という『壁』は、『数』で突破できるので、がんばってください!

民法副読本

 管理業務主任者には、「民法」が試験科目にあるのですが、これが、難関となっています。

 テキストを読んでも、いまいち頭に入らない人は、読書で、基礎的な素養を身に付けてから、テキストに入りましょう。

 民法の推薦本としては、「弁護士が教える分かりやすい「民法」の授業」や、「民法はおもしろい」があります。

 ガチガチの法律本でないので、最後まで読み通せるかと思います。民法がぜんぜんダメな人は、机の前で脂汗を流すよりも、ふとんに寝転びながら、先の2冊を読みましょう。2冊を読破すれば、ずっと、楽になるはずです。

管理業務主任者のこまごましたもの

 管理業務主任者に関するこまごましたことは、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「管理業務主任者:ブログ記事」をばご参考ください。

みんなとシェアする