毒物劇物取扱者のテキスト・過去問題集

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 毒物劇物取扱者の独学向け教材の紹介。市販教材はダメ教材が目立つ。よって、テキストは、技術評論社の「改訂新版 毒物劇物取扱者 合格教本」を使用する。過去問題集は、公論出版の「毒物劇物取扱者試験」を使う。両者とも、徹底して試験向けなので、速やかに合格レベルの実力が付く。

あっさりひとくち

 結論から言うと、先述したように、「改訂新版 毒物劇物取扱者 合格教本」と「毒物劇物取扱者試験 公論出版」を使用する、といった次第です。

 毒物劇物取扱者の教材事情ですが、単に羅列しただけのダメ教材が多く出回っています。

 劇物毒物に多少の知識があれば、ベタっと並べただけの物でも有効なのでしょうが、文系だったり、前提知識に欠けていたりするなら、全く使用に耐えません。

 んなもんで、①受験向けの内容で、②適切な解説・指導が付され、③勉強しやすい効率的なものを選ぶと、先の2冊と相なる、ってな次第です。

 「毒物劇物取扱者の独学」でも述べていように、毒物劇物の試験は、都道府県によって、かなり違いがあります。

 とはいえ、先の2冊であれば、偏りなく勉強できるので、どの都道府県にも対応可能です。

テキスト

 

 テキストには、技術評論社の「改訂新版 毒物劇物取扱者 合格教本」を使用します。

 一口で言うと、定評・定番のテキストで、実に“試験向け”に作られており、使い勝手がいい一冊です

 使い勝手が最もよいのは、「実地(性質・貯蔵・取扱方法等)」のところです。

 本試験では、際立った特徴が問われます。たとえば、「重クロム酸カリウム・・・橙赤色」がよく出るわけです。

 本テキストでは、「臭い」「色」等のキーワードで、毒物劇物が横断的に整理されているので、効率よく毒物劇物の記憶が可能、といった寸法です。

 この点、羅列だけのテキストを使うと、自分で整理しなくてはならず、大いに手間を食います。

 また、何が出て、何が出ないかを明らかにしているので、試験に狙われるものから、習得できる、といった寸法で、実に効率よく実力を養えます。

 「法規」や「化学」も、説明やワンポイントアドバイスが多いので、この点も、高評価です。初めて勉強する者にとって、迷いなく勉強できるはずです。もちろん、「さくいん」もあります。

 ダメ教材が多い中で、本書は、最も使い勝手のよいテキストかと思います。他に候補がなければ、「改訂新版 毒物劇物取扱者 合格教本」でよいでしょう。

 しかし、「欠点」もあります。

 掲載されている問題数が少ないので、この1冊だけでは、問題演習が不足してしまいます。

 そのため、後述する過去問題集で問題演習の数を確保することになります。

過去問題集

 

 本書は、実質過去問です。

 先に述べましたが、毒物劇物の市販教材には、ダメ教材が多々あり、10~20年前の問題を平気で掲載しているものがそこそこありました。

 しかし、本書は、近年の問題だけで編まれているので、傾向に沿った問題演習が可能となります。

 また、日本全国ではありませんが、主要な都道府県の過去問を掲載しているので、偏りのない試験勉強が可能となります。

 掲載問題数が多く、大体の問題に解説も付与されており、わからないところがあっても、「テキストつき」なので、すぐに確認できます。

 毎年、版が改めているところも、わたしは高く評価しており、問題集としては、市販教材中、一番の品質かと思います。

 言うまでもないですが、「さくいん」があります。

 ところで、本書は、「テキスト&過去問」と銘打たれています。テキスト部分の「法規」と「化学」は、よくまとまっています。

 しかし、「実地(性質等)」のところは、一口で言えば、“羅列”で、ウンザリするはずです。

 「実地(性質等)」は、先に挙げたテキストで勉強するようにしましょう。まあ、問題集として割り切れば、支障ありません。

 なお、先述したように、本書は、毎年、新版が出ます。自分が受験する「年度」を確かめて、ご購入ください。

まとめ

 テキストは、「改訂新版 毒物劇物取扱者 合格教本」を使います。

 過去問題集は、「毒物劇物取扱者試験 公論出版」です。

 この2冊で、鉄壁の布陣が敷けるはずです。

 当該2冊で実力を涵養し、受験予定地のPDF過去問で傾向を掴めば、文理ともども、まず間違いなく合格です。

PDF過去問はタブレットで

 ところで、PDF過去問の問題演習ですが、「タブレット」での閲覧が効率がいいです。

 

 当方、PDF過去問の閲覧には、12インチのタブレットを使いますが、「紙」の過去問と遜色なく、問題演習に集中できています。

 スマホだと画面が小さくて問題文が読み難く、PCだとキーボードやマウス、配線等が邪魔で、かなりイライラします。

 本格的な“問題演習”には、「タブレット」が最も勝手がよく、ストレスが少ないというのが実感とするところです。

 「タブレット」がない人は、最もコスパの高い、アマゾンの「Fire HD」を推薦します。

 アンドロイド製のタブレットと性能が遜色ないくせに、値段は数割安く、もちろん、PDFの閲覧も可能で、コストパフォーマンスが秀逸です。

 受験が終わっても、アレコレ使えますし、安価なサブ機としても使えます。これを機に「Fire HD」を買っても、損はないです。

こまごましたもの

 毒物劇物取扱者の勉強方法等は、「毒物劇物取扱者の独学」を参考ください。

 毒物劇物取扱者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「毒物劇物取扱者の投稿記事 」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする