11問‐H30下期筆記の過去問と解説

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 第11問は、「漏電遮断器」の問題です。応用問題です。いろんな論点が出題されています。これまでにはない問い方なので、傾向把握の一環として、何度も解いておきましょう。

11問‐漏電遮断器

 

 (クリックして拡大。)

 本問のレベルは「やや難」です。

 応用問題です。「勘」を働かせて解きましょう。

 2電工試験も、難化傾向にあります。こういう出題があっても、落ち着いて解けるようになりましょう。

 本問の答えは、「こちら(記号のみ)」です。

解説

 本問は複合問題で、「漏電遮断器」の器具の知識を問うのと、「接地工事を省略できる場合」の、2つの論点が問われています。

 今までにない出題形式なので、傾向把握の一環として、見ておくべき問題です。

選択肢イ

 選択肢イの「高速形漏電遮断器は、定格感度電流における動作時間が、0.1秒以下である」ですが、正しい記述です。

 「高速形漏電遮断器」という文言で、(アレレ、こんなんあったけ?)となりそうですが、今一度、冷静になって、頭の中の「漏電遮断器」の記憶を辿ってみてください。

 そう、「接地工事を省略できる場合」の論点で、「漏電遮断器」が出てこなかったでしょうか?

 ご存じのように、「水気のある場所以外に施設した機器に電源を供給する電路に、漏電遮断器(感度電流15mA以下、動作時間0.1秒以内)を施設したとき、接地工事を省略できる」という規定がありました。

 本選択肢では、この漏電遮断器を聞いているように思われます。

 そう、頻出論点の「接地工事省略」の規定が頭に入っていれば、(あのことじゃないの?)的に、正否を推測できた、ってな塩梅です。

 先に見たように、接地工事省略のできる漏電遮断器の規定は、感度電流15mA以下で、動作時間0.1秒以内のものです。

 本選択肢は、「動作時間が、0.1秒以下」とあるので、この規定には合致しています。

 こういうことから推定して、選択肢は、「○」とします。

選択肢ロ

 選択肢ロの「漏電遮断器は、零相変流器によって、地絡電流を検出する」ですが、正しい記述です。

 これは、解けます。漏電遮断器の説明そのものです。テキストで確認しておきましょう。

 漏電遮断器のキーワードは、「零相変流器」「地絡電流」「テストボタン」です。

 こういう次第で、選択肢は、「○」と相なります。

選択肢ハ

 選択肢ハの「高速形漏電遮断器は、定格感度電流が1000mA以下である」ですが、誤った記述です。

 先に見たように、「接地工事を省略できる場合」の論点を思い出してください。

 この場合、「感度電流15mA以下」でした。

 よって、選択肢は、「×」と相なります。

 なお、本問は、常識的に考えても、おかしいと思えるはずです。

 問題文の「1000mA」は、「1A」です。1Aもの大きな電流が流れないと、電路を遮断しないなんて、器械として意味がありません。

 こういう点からも、(おかしいなぁ~)という感じに、正否がつくかと思います。

選択肢ニ

 選択肢ニの「漏電遮断器には、漏電電流を模擬したテスト装置がある」ですが、正しい記述です。

 先も見たように、漏電遮断器のキーワードは、「零相変流器」「地絡電流」「テストボタン」です。

 こういう次第で、選択肢は、「○」と相なります。

補足

 繰り返しますが、本問は、漏電遮断器の知識を問う選択肢と、設置工事省略の知識を問う選択肢の2本立ての問題です。

 こういう“複合的な問題”は、従来、なかった出題形式です。

 2電工でも、こんな風に問題が出るようになっています。

 「高速形漏電遮断器」のように、一見して知らないものでも、テキストの既存知識を応用して解くことが予想されます。今後の傾向把握の一環として、押えておきましょう。

答え

 本問は、「誤っているものはどれか?」なので…、

 正解:ハ

 …と相なります。

 >>> 次の問題へ。


筆記過去問リスト

 第1問から第30問までは、「一般問題」です。

 第31問から第50問までは、「配線図」です。

一般問題

 1問:合成抵抗・・・「ふつう」。文系可。

 2問:交流回路・・・「ふつう」。

 3問:抵抗値・・・「ふつう」。

 4問:熱量・・・「ふつう」。文系可

 5問:スター(Y)結線・・・「難」。

 6問:電圧降下・・・「ふつう」。文系可。

 7問:三線電圧・・・「ふつう」。取れる問題。

 8問:許容電流計算・・・「ふつう」。取れる。

 9問:許容電流・・・「ふつう」。文系取れる。

 10問:分岐回路設計・・・「ふつう」。ド定番。

 11問:漏電遮断器・・・「やや難」。

 12問:地中配線・・・「ふつう」。

 13問:回転速度Ns・・・「ふつう」。

 14問:工具・・・「ふつう」。絶対レベル。

 15問:太陽電池発電・・・「やや難」。

 16問:ケーブル写真・・・「やさしい」。

 17問:器具写真・・・「ふつう」。取れる問題。

 18問:工具写真・・・「やさしい」。基礎。

 19問:電線接続・・・「ふつう」。

 20問:貫通工事・・・「ふつう」。

 21問:施工場所・・・「ふつう」。

 22問:D種接地工事・・・「ふつう」。取れる問題。

 23問:電流減少係数・・・「やさしい」。絶対レベル。

 24問:回路計操作・・・「やや難」。

 25問:対地電圧・・・「やや難」。

 26問:接地抵抗計・・・「ふつう」。取れる。

 27問:開閉器・・・「やや難」。取れる問題。

 28問:電気工事士法・・・「ふつう」。取る。

 29問:電気用品安全法・・・「ふつう」。取る。

 30問:電気設備技術基準・・・「ふつう」。取る。

配線図

 31問:自動点滅器・・・「やさしい」。

 32問:図記号・・・「ふつう」。

 33問:図記号2・・・「ふつう」。基本問題。

 34問:コンセント・・・「ふつう」。

 35問:電線管図記号・・・「やや難」。

 36問:接地抵抗許容値・・・「ふつう」。絶対レベル。

 37問:図記号・・・「ふつう」。

 38問:絶縁抵抗・・・「ふつう」。

 39問:図記号目的・・・「難」。

 40問:最少電線本数・・・「難」。

 41問:スリーブ当て・・・「難」。

 42問:電線管接続・・・「ふつう」。

 43問:器具写真・・・「ふつう」。

 44問:計測器・・・「やさしい」。

 45問:図記号・・・「難」。

 46問:圧着工具・・・「ふつう」。

 47問:スイッチ・・・「ふつう」。

 48問:リングスリーブ・・・「難」。

 49問:差込形コネクタ・・・「難」。

 50問:未使用コンセント・・・「ふつう」。1点取れる。

PDF過去問の閲覧

 

 PDFの閲覧は、スマホだと画面が小さくて見難く、PCだとキーボードやマウス、配線等が邪魔で、かなりイライラします。

 本格的な“過去問演習”には、「タブレット」が最も勝手がよく、ストレスが少ないです。

 手許に「タブレット」がない人は、最もコスパの高い、アマゾンの「Fire HD」を推薦します。他のタブレットと性能が遜色ないくせに、値段は数割安く、もちろん、PDF過去問の閲覧も可能で、費用対効果が秀逸です。

 受験が終わっても、危険物や消防設備士等の試験で使えるし、サブ機としても使えます。2電工を機に「Fire HD」を検討するのも、損はないです。

クレカ嫌い

 わたしのようにクレカの使用が嫌いな人で、コンビニ支払いが多い人は、「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を推薦します。

 1~2%の割引きがあるので、クレカのキャッシュバックを享受できます。

独学向け教材-2電工独学の生命線

 

 結論から言うと、「独学向けの良質な教材」を使うことが、独学合格の“キモ”です。

 詳細は「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」に述べてますが、読むのがメンドクサイ人は…、

 筆記用のテキストは、絵が多くて漢字の少ない「ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格」を、

 筆記用の過去問には、コンパクトで持ち運びやすい「ぜんぶ解くべし! 第2種電気工事士筆記過去問」を使います。

 技能のテキストは、写真の多い「ぜんぶ絵で見て覚える 第2種電気工事士 技能試験すい~っと合格」を…、

 技能の工具は、定番メーカー:HOZANの「HOZAN 電気工事士技能試験セット DK-18」を…、

 技能の材料には、候補問題の作り方を網羅したDVDの付く「準備万端(推奨・2回セット)」を使います。

 (教材には「年度」対応があるので、必ず、自分の受ける年になっているか、確認してください。

 で、進み具合に応じて、独学の欠点を補う「ホーザン 合格クリップ」や、「ホーザン 合格ゲージ P-925」、「ホーザン 合格配線チェッカー Z-22」、「ホーザン-HOZAN-合格マルチツール」を追加投入してください。

 これらで揃えれば、試験勉強の環境としては、鉄壁です。

第2種電気工事士のこまごましたもの

 「第2種電気工事士:独学資格ガイド」でも述べていますが、2電工は圧倒的な求人数を誇る優良資格で、人生の保証・保険になる資格です。わたし個人、とって本当に損がなかったと、ひしひし感じています。何か資格でも、とお考えの方は、いの一番に2電工を推薦します。

 先述したように、文系・電気ド素人でも、試験に巨大なハンデはないので、食わず嫌いをせず、挑戦してみてください。

 第2種電気工事士に関するこまごましたことは、ブログにも投稿しています。興味のある方は、「第2種電気工事士:ブログ記事」をばご参考ください。

みんなとシェアする