2電工筆記の“最低限”の暗記表・暗記公式

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 第2種電気工事士の筆記試験で憶えておくべき、最低限度の「表」や「公式」を、優先順位の高い物から、リストアップ。とりあえず、「分岐回路」「分岐開閉器の施設位置」「絶縁抵抗値」「接地抵抗値」の表だけは憶えておく。確実にプラス1~2点できる。残りは、時間を見て、コツコツ押えれば押えるほど、点が伸びる。

最低限度憶えておく暗記表・暗記公式

 2電工・筆記試験にて、最低限度、憶えておくべき「表」と「公式」をまとめました。

 頻出論点ばかりです。

 本ページの「表」と「公式」を丸暗記すれば、最低5点は取れます。

 最終確認用にブックマークに入れたり、細切れ時間の有効利用に、ご活用ください。

インデックス

  1. 分岐回路
  2. 分岐開閉器の施設位置
  3. 絶縁抵抗値
  4. 接地抵抗値
  5. 許容電流値
  6. 電流減少係数
  7. 電圧降下・電力損失
  8. 電動機・幹線許容電流
  9. 憶え切れないアドバイス

分岐回路

 

 ガチで、表のすべての項目を、暗記してください。

 ほぼ毎年、出題されています。最優先暗記事項です。

 憶え方はありません。機械的に覚えこむしかありません。

 なお、表の数字は、微妙に異なるので気をつけてください。

 「B 20A」の分岐回路のコンセントの定格電流は「20A以下」と“ゆらぎ”がありますが、「20A」の分岐回路のそれは「20A」と、限定された数字となっています。

 前者は「20A以下」なので「15A」とかでもOKですが、後者はガチの「20A」なので、「15A」だと「×」となります。

 当該論点は、ほぼ毎年、第9問から10問あたりで出ています。この表さえ覚えたら1点です。

 参考過去問:H29上期‐第9問

 参考過去問:H29下期‐第9問

分岐開閉器の施設位置

 

 ガチで、表のすべての項目を、暗記してください。

 これまた、毎年出題されています。最優先暗記事項です。

 当該分岐回路ですが、幹線から「原則として3メートル以内」に、分岐開閉器(開閉器及び過電流遮断器)を設けることになっています。

 本試験に出るのは、当該原則の「例外」のところで、その例外をまとめたのが、上記の表です。

 難しそうに見えますが、やることは、先の表に、問題文の数字を当てはめるだけです。

 「H29上期第10問」や「H29下期第10問‐分岐回路の遮断器」を参考にしてください。

絶縁抵抗値

 

 ガチで、表のすべての項目を、暗記してください。

 毎年出題されているうえ、「一般問題」と「配線図」の2問にかけて、出題されることもあり、費用対効果が“最も”高いです。最優先暗記事項です。

 いのいちに憶えないといけないところは、右端の「該当する電路」です。

 問題が指定している電路さえ把握できれば、当該「該当する電路」と照合すれば、答えを導けます。

 参考過去問:H29下期‐第25問

接地抵抗値

 

 ガチで、表のすべての項目を、暗記してください。

 これも、毎年出題されているうえ、「一般問題」と「配線図」の両方で出ることもあります。最優先暗記事項です。

 本試験では、事細かく問われるので、表の個々の項目を暗記しましょう。

 表さえ憶えていれば、即効で解ける問題が大半なので、暗記の苦労は報われます。

 参考過去問:H29上期‐第23問

許容電流値

 

 おなじみの絶縁電線の許容電流値です。

 そこそこの出題率なので、押さえておくべきです。

 この表は、単線・より線の各数字(太さ・断面積)を、丸暗記する必要があります。

 いい憶え方がなく、機械的に憶えないといけないので、通勤・通学時に何度も何度も目を通してください。

 この「表」さえ頭に入れば、1問確実に取れます。

電流減少係数

 

 1つの電線管に複数の電線を収める施設の際に登場するのが、当該「電流減少係数」です。よく出ます。

 頻出論点なので、押さえておくべきです。

 暗記の手助けとしては、表を見てのとおり、「3本以下」のときに電流減少係数は「0.70」で、「4本」で「0.63」、「5本または6本」で「0.56」となっています。

 引き算すれば、「0.07」ずつ減っていることが分かります。

 んなもんで、最初の「3本以下」の「0.70」を暗記して、後は「1割の0.07ずつ減っていく」と頭に入れます。こうすると、細かい数字を憶えなくて済みます。

 参考過去問:H29上期‐第7問

 参考過去問:H29下期‐第7問

電圧降下・電力損失

 

 

 公式さえ憶えていれば、解ける「電圧降下」と「電力損失」です。

 そこそこの出題率です。

 押えておくと、捨て問筆頭の「電気理論」で、貴重な1点が確保できます。

電動機・幹線許容電流

 

 電動機がある幹線の許容電流ですが、出題にムラがあって、出たり出なかったりです。

 できれば、押えておきたいのですが、余裕がないなら、「後回し」でもよいでしょう。

 先の表の「計算式」さえ憶えていれば取れるので、暗記に勤しみましょう。視界に配偶者が居る時に暗記作業をすると捗ります。

 参考過去問:H29上期‐第8問

 参考過去問:H29下期‐第8問

憶え切れないアドバイス

 先の表は、ガチで丸暗記するしかありません。

 何回も見て、何回も紙に書いて、頭に叩き込んでください。

 とはいえ、すべての表を憶え切れない人もいるでしょう。わたしもそうでしたw

 ぶっちゃけ言えば、本試験の筆記試験の“その時”だけ、頭に残っていればいいのです。

 憶えられなかったものは、本試験当日、試験会場に行く電車やバスの中で、反芻してください。

 これで、1つくらいは、憶えられます。

 次に、試験開始前の待ち時間を、暗記に充ててください。

 試験会場の自分の席に座ると、“意外に手持ち無沙汰”です。

 こういう時間は、格好の暗記タイム。

 憶えられなかった表、不安のある表を睨みつけて、頭に刻み付けます。

 ほいで、試験が始まったら、速攻で、問題冊子の余白に、先ほど憶えようとした表を書き出します。これで、いつ忘れてもOKです。

 先に挙げた「表」は、本当によく出るものなので、ここまでしても、価値があると思います。

第2種電気工事士のこまごましたもの

 「第2種電気工事士:独学資格ガイド」でも述べていますが、2電工は圧倒的な求人数を誇る優良資格で、人生の保証・保険になる資格です。わたし個人、とって本当に損がなかったと、ひしひし感じています。何か資格でも、とお考えの方は、いの一番に2電工を推薦します。

 先述したように、文系・電気ド素人でも、試験に巨大なハンデはないので、食わず嫌いをせず、挑戦してみてください。

 第2種電気工事士に関するこまごましたことは、ブログにも投稿しています。興味のある方は、「第2種電気工事士:ブログ記事」をばご参考ください。

みんなとシェアする