96問‐東京都 過去問と解説

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 本問は、「医薬品」の「消毒薬の殺菌消毒成分」についての問題です。基礎・基本的なものばかりなので、難しいところはありません。テキストと過去問を繰り返しておけば、まず、取れます。

96問‐消毒薬の殺菌消毒成分

 

 (クリックして拡大。)

難易度コメント+こたえ

 本問の難易度は、「ふつう」です。

 なお、本問の解答は、こちら(数字のみ)です。

選択肢a

 選択肢aの「日本薬局方に収載されているクレゾール石鹸液(クレゾール石ケン液)は、原液を水で希釈して用いられるが、刺激性が強いため、原液が直接皮膚に付着しないようにする必要がある。」ですが、正しい記述です。

 「クレゾール石鹸液(ポリアルキルポリアミノエチルグリシン塩酸塩、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル)」の正しい記述です。

 よって、選択肢は、「正」となります。

 なお、選択肢の文章には、続きがあって…、

 「付着した場合には直ちに石鹸水と水で洗い流し、炎症等を生じたときには医師の診療を受けるなどの対応が必要である。」…とあります。

 「使用上の注意」は、頻出論点なので、必ず、テキストを精読しておきましょう。

 テキストで確認しておきましょう。

選択肢b

 選択肢bの「エタノールのウイルスに対する不活性効果は、イソプロパノールよりも低い」ですが、誤った記述です。

 直球のド定番論点です。絶対に解けないとダメです。

 強さは、「エタノール>>>イソプロパノール」です。

 手引きには、「イソプロパノールでは、ウイルスに対する不活性効果はエタノールよりも低い」…とあります。

 よって、選択肢は、「誤」となります。

選択肢c

 選択肢cの「次亜塩素酸ナトリウムは、強い還元力により一般細菌類、真菌類、ウイルス全般に対する殺 菌消毒作用を示す」ですが、誤った記述です。

 要注意の選択肢です。

 間違っているのは、「強い還元力」のところです。

 正しくは、「強い酸化力」です。

 文系の人には厳しいです。テキストを精読しておきましょう。

 よって、選択肢は、「誤」となります。

 なお、後半の「一般細菌類、真菌類、ウイルス全般に対する殺 菌消毒作用を示す」は、正しい記述です。

 消毒薬の「何に効いて何に効かないか」は、ド定番論点なので、個々で正確に押えておきましょう。即、1点です。

 参考:次亜塩素酸ナトリウム

選択肢d

 選択肢dの「トリクロルイソシアヌル酸(トリクロロイソシアヌル酸)は、塩素臭や刺激性、金属腐食性 が比較的抑えられており、プール等の大型設備の殺菌・消毒に用いられることが多い」ですが、正しい記述です。

 「トリクロルイソシアヌル酸ナトリウム」の正しい記述です。

 「トリクロルイソシアヌル酸ナトリウム」や「ジクロルイソシアヌル酸ナトリウム」といえば、「プールの消毒」です。押えておきましょう。

 なお、これら2つの成分は、「有機塩素系殺菌消毒成分」です。成分名を問うた県もあるので、注意してください。

 よって、選択肢は、「正」となります。

補足

 消毒薬は、「2つ」に分類されています。

 「手指・皮膚の消毒のほか、器具等の殺菌・消毒にも用いられる成分」と「専ら器具、設備等の殺菌・消毒に用いられる成分」の2つです。

 当該分類を問うた県がありました。

 たとえば、「エタノールは、専ら器具、設備等の殺菌・消毒に用いられる成分である」とかです。

 「×」です。

 エタノールは、「手指・皮膚の消毒のほか、器具等の殺菌・消毒にも用いられる成分」に分類されています。

 受験生の盲点を突く出題と言えましょう。

 「2つ」の分類に注意して、テキストを読んでおいてください。

答え

 「a」は「正」です。

 「b」は「誤」です。

 「c」は「誤」です。

 「d」は「正」です。

 「正しい組み合わせ」は、

 正解:2

 さて、最終解答でミスったのなら、必ず、「登録販売者の解答は2回念押し‐最終得点は2~3点上がる」に、目を通しておきましょう。選び方を変えるだけで、点が取れます。

 >>> 次の問題へ。

医薬品

 61問:かぜ(感冒)

 62問:かぜ薬(総合感冒薬)

 63問:漢方処方製剤(かぜ)

 64問:プロスタグランジン

 65問:解熱鎮痛薬

 66問:眠気防止薬 カフェイン

 67問:鎮暈薬(乗物酔い防止薬)

 68問:小児の疳

 69問:鎮咳去痰薬

 70問:漢方処方製剤・生薬(鎮咳去痰薬)

 71問:口腔咽喉薬・うがい薬(含嗽薬)

 72問:制酸薬

 73問:胃腸に作用する薬

 74問:漢方処方製剤(胃腸)

 75問:腸の薬

 76問:胃腸鎮痛鎮痙薬

 77問:駆虫薬

 78問:強心薬

 79問:高コレステロール改善薬

 80問:貧血用薬

 81問:循環器用薬

 82問:痔疾用薬

 83問:婦人薬

 84問:漢方処方製剤(婦人薬)

 85問:内服アレルギー用薬

 86問:鼻に用いる薬

 87問:眼科用薬

 88問:きず等への殺菌消毒成分

 89問:外皮用薬

 90問:皮膚に用いる薬

 91問:抗菌成分及び抗真菌成分

 92問:歯痛・歯槽膿漏薬

 93問:禁煙補助剤

 94問:滋養強壮保健薬

 95問:生薬成分

 96問:消毒薬の殺菌消毒成分

 97問:消毒薬の応急処置

 98問:衛生害虫

 99問:殺虫剤

 100問:一般用検査薬

令和3年度 東京都 科目別

 弱点克服等には、以下のリンクで、科目別に演習してください。

 ・令和3年度 インデックス

 ・基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・薬事に関する法規と制度(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第101問~第120問)

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする