登録販売者 東京都の過去問インデックス

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の東京都の過去問のインデックス。独学者や不合格者向けの内容。各年度の各試験科目ごとのリンクがある。弱点補強に有効。過去の試験の合格率も併せて掲載。試験科目別の傾向も。

東京都 過去問 インデックス

東京都 過去問+解説

 直近の令和3年度試験ですが、過去の試験と比べると、そこそこ受かりやすくなっています。

 「3択問題」が増えたり、問題そのものの難易度が下がったりしています。

 試験問題の作成者が変わったか、他県に比べると東京都試験が突出して難しかったのでその是正か、実情はわかりませんが、やさしくなっているのは、事実です。

 「難化」ならぬ「容易化」が、今後も続くかどうかは、不明です。

 よって、令和3年度試験に拘泥せず、過去の難しかった試験を基準に、過去問演習に臨んでください。

過去問の解説について

 過去問の解説ですが、試験年度の改定には、即しています。

 しかし、最新の改定には対応していません。

 (アレ?!)となったら、改定されたものかもしれないので、テキストや手引きの最新記述に、従ってください。

 では、過去の試験問題です。

令和3年度(2021年度)過去問

 ・令和3年度 インデックス

 ・基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・薬事に関する法規と制度(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第101問~第120問)

令和2年度(2020年度)過去問

 ・R2 東京都 ガイダンス

 ・医薬品に共通する特性と基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・薬事に関する法規と制度(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第101問~第120問)

令和1年度(2019年度)過去問

 ・R1 東京 ガイダンス

 ・医薬品に共通する特性と基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・薬事に関する法規と制度(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第101問~第120問)

平成30年度(2018年度)過去問

 ・H30 東京 ガイダンス

 ・医薬品に共通する特性と基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・薬事に関する法規と制度(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第101問~第120問)

平成29年度(2017年度)過去問

 ・H29 東京 ガイダンス

 ・医薬品に共通する特性と基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・薬事に関する法規と制度(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第101問~第120問)

平成28年度(2016年度)過去問

 ・H28 東京 ガイダンス

 ・医薬品に共通する特性と基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・薬事に関する法規と制度(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第101問~第120問)

【補足】直近の合格率

 直近の令和3年度は、受験者数が「4,888人」で、合格者数が「2,112人」で、合格率は「43.2%」と、相なりました。

 合格率は、おおむね「40%」で、低めの部類に入ります。

 令和1年度のように、合格率が30%を切るときもあります。

 とはいえ、きちんと勉強した人なら、受かる難易度です。逆に、ずさんな勉強だと落ちるでしょう。努力がストレートに現れます。

過年度データ

 以下は、過年度のデータです。

 令和2年度は、受験者数は「4,437人」で、合格者数が「1,464人」で、合格率は「33.0%」と、相なりました。

 令和1年度は、受験者数は「5,126人」で、合格者数が「1,334人」で、合格率は「26.0%」と、相なりました。

 平成30年度は、受験者数が「5,001人」で、合格者が「1,769人」で、合格率は「35.4%」でした。

 平成29年度は、受験者数が「4,556人」で、合格者が「1,946人」で、合格率は「42.7%」でした。

 平成28年度は、受験者数が「5,344人」で、合格者が「1,732人」で、合格率は「32.4%」でした。

 平成27年度は、受験者数が「5,169人」で、合格者が「2,098人」で、合格率は「40.6%」でした。

【重要】公式を必ずチェックする

 登録販売者試験は、都道府県ごとに実施されます。

 よって、試験の詳細は、都道府県ごとに異なります。

 たとえば、R3試験の中部ブロックですが、他の県は予定通り試験が行われましたが、三重県だけ、試験が延長となりました。本試験の5日前の話です。

 たとえば、R3試験の静岡県ですが、マスクが「不織布」に限定されて、実施されました。

 こういう情報は、公式から提供され、個別連絡が“なされない”のがほとんどです。

 よって、受験予定地の公式を、小まめにチェックする必要があります。

 公式は、「登録販売者 東京都」などで検索すれば、該当ページに辿り着けます。

 試験を申込んだら、必ず、公式を「お気に入り」になどに入れて、即断にチェックできるようにしてください。

 また、当方の「Twitter」でも、各種告知を行うので、不安な人は、フォローしておいてください。

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

みんなとシェアする