令和3年度(2021年度)登録販売者 東京都(関東ブロック2)の過去問+解説インデックス

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 令和3年度(2021年度)東京都(関東ブロック2) 登録販売者の過去問+解説。公式の過去問には解説がないので選択肢ごとに解説を付与します。本ページはガイダンスとインデックスのページです。そのほか、難問リストや、漢方処方製剤の問題、生薬の問題をリスト化しています。

インデックス

  1. 過去問:基本知識(20問)
  2. 過去問:人体(20問)
  3. 過去問:法規(20問)
  4. 過去問:医薬品(40問)
  5. 過去問:適正使用(20問)
  6. 過去問 科目別リンク
  7. 難問リスト
  8. 奇問・珍問リスト
  9. 漢方処方製剤リスト
  10. 生薬リスト
  11. 【補足】合格率
  12. 【補足】合格基準

過去問 総リンク

 第1問~第60問までが「午前試験」です。

 第61問~第120問は、「午後試験」です。

 過去問の解説ですが、最新の改定には対応していません。

 (アレ?!)となったら、改定されたものかもしれないので、テキストや手引きの最新記述に、従ってください。

 なお、試験問題は、関東ブロック2で共通しています。

 同じ問題なので、埼玉県,千葉県,神奈川県の受験予定の方も、当該「東京都」試験で過去問演習が可能です。

 「東京都」を、受験予定の「県」に読み替えてご利用ください。

基本知識

 1問:医薬品の本質

 2問:医薬品のリスク評価

 3問:健康食品

 4問:医薬品の副作用

 5問:アレルギー(過敏反応)

 6問:医薬品の使用等

 7問:医薬品の使用等2

 8問:相互作用

 9問:小児等

 10問:高齢者

 11問:妊婦等

 12問:妊婦又は妊娠していると思われる女性

 13問:プラセボ効果

 14問:医薬品の品質

 15問:一般用医薬品の範囲

 16問:販売時コミュニケーション

 17問:コミュニケーション及び情報提供

 18問:サリドマイド及びサリドマイド訴訟

 19問:HIV訴訟

 20問:CJD及びCJD訴訟

人体

 21問:消化器系

 22問:大腸

 23問:呼吸器系

 24問:循環器系

 25問:泌尿器系

 26問:目

 27問:鼻及び耳

 28問:外皮系

 29問:骨格系及び筋組織

 30問:脳や神経系の働き

 31問:有効成分の吸収

 32問:有効成分の代謝・排泄

 33問:医薬品の体内での働き

 34問:剤形

 35問:剤形2

 36問:全身的に現れる副作用

 37問:精神神経系に現れる副作用

 38問:消化器系に現れる副作用

 39問:呼吸器系に現れる副作用

 40問:泌尿器系に現れる副作用

法規

 41問:薬機法 第1条 条文

 42問:販売従事登録

 43問:薬機法 第2条 第1項

 44問:医薬品一般問題

 45問:毒薬及び劇薬

 46問:一般用医薬品のリスク区分

 47問:容器・被包 記載事項

 48問:医薬部外品及び化粧品

 49問:食品

 50問:薬局

 51問:店舗販売業

 52問:配置販売業

 53問:第一類医薬品 書面記載・保存

 54問:リスク区分に応じた情報提供

 55問:医薬品の陳列方法

 56問:掲示板 掲示事項

 57問:特定販売

 58問:濫用等のおそれがあるもの

 59問:医薬品の広告

 60問:監督処分

医薬品

 61問:かぜ(感冒)

 62問:かぜ薬(総合感冒薬)

 63問:漢方処方製剤(かぜ)

 64問:プロスタグランジン

 65問:解熱鎮痛薬

 66問:眠気防止薬 カフェイン

 67問:鎮暈薬(乗物酔い防止薬)

 68問:小児の疳

 69問:鎮咳去痰薬

 70問:漢方処方製剤・生薬(鎮咳去痰薬)

 71問:口腔咽喉薬・うがい薬(含嗽薬)

 72問:制酸薬

 73問:胃腸に作用する薬

 74問:漢方処方製剤(胃腸)

 75問:腸の薬

 76問:胃腸鎮痛鎮痙薬

 77問:駆虫薬

 78問:強心薬

 79問:高コレステロール改善薬

 80問:貧血用薬

 81問:循環器用薬

 82問:痔疾用薬

 83問:婦人薬

 84問:漢方処方製剤(婦人薬)

 85問:内服アレルギー用薬

 86問:鼻に用いる薬

 87問:眼科用薬

 88問:きず等への殺菌消毒成分

 89問:外皮用薬

 90問:皮膚に用いる薬

 91問:抗菌成分及び抗真菌成分

 92問:歯痛・歯槽膿漏薬

 93問:禁煙補助剤

 94問:滋養強壮保健薬

 95問:生薬成分

 96問:消毒薬の殺菌消毒成分

 97問:消毒薬の応急処置

 98問:衛生害虫

 99問:殺虫剤

 100問:一般用検査薬

適正使用

 101問:添付文書

 102問:保管及び取扱い上の注意

 103問:出産予定日12週以内の妊婦

 104問:長期連用しないこと

 105問:相談すること-甲状腺機能障害

 106問:アレルギー用薬の添付文書

 107問:過量服用・長期連用しないこと

 108問:相談すること‐血栓のある人

 109問:授乳を避けること

 110問:漢方処方製剤‐鬱血性心不全

 111問:相談すること‐基礎疾患

 112問:相談すること‐基礎疾患2

 113問:事例問題‐登録販売者の説明

 114問:医薬品等の安全性情報等

 115問:副作用情報等の収集、評価及び措置

 116問:医薬品の副作用等の報告

 117問:医薬品副作用被害救済制度

 118問:医薬品PLセンター

 119問:塩酸フェニルプロパノールアミン(PPA)

 120問:啓発活動

令和3年度 東京都 科目別

 弱点克服等には、以下のリンクで、科目別に演習してください。

 ・令和3年度 インデックス

 ・基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・薬事に関する法規と制度(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第101問~第120問)

難問リスト

 「難問」の問題をリストにしました。確認や傾向チェックにどうぞ。

 ・049問:食品・・・「難」。

 ・063問:漢方処方製剤(かぜ)・・・「難」。

 ・105問:相談すること-甲状腺機能障害・・・「難」。

 ・112問:相談すること‐基礎疾患2・・・「難」。

やや難問リスト

 「やや難」の問題をリストにしました。できたら、取りたい問題です。

 ・052問:配置販売業・・・「やや難」。

 ・057問:特定販売・・・「やや難」。

 ・064問:プロスタグランジン・・・「やや難」。

 ・071問:口腔咽喉薬・うがい薬(含嗽薬)・・・「やや難」。

 ・074問:漢方処方製剤(胃腸)・・・「やや難」。

 ・078問:強心薬・・・「やや難」。

 ・106問:アレルギー用薬の添付文書・・・「やや難」。

 ・110問:漢方処方製剤‐鬱血性心不全・・・「やや難」。

 ・108問:相談すること‐血栓のある人・・・「やや難」。

 ・111問:相談すること‐基礎疾患・・・「やや難」。

奇問・珍問リスト

 当該年度の「奇問・珍問」は…、

 ・044問:医薬品一般問題・・・選択肢c。

 ・046問:一般用医薬品のリスク区分・・・選択肢c。

 ・096問:消毒薬の殺菌消毒成分・・・選択肢a。

 ・105問:相談すること-甲状腺機能障害・・・問題全部。

 …です。

 解けなくてもいいですし、間違ってもいいです。

 しかし、資格試験の鉄則は、「過去問に出たことは、甘く見てはならない」なので、チェックしておきましょう。

漢方処方製剤リスト

 「漢方処方製剤」の問題をリスト化しました。試験直前の追込に活用してください。

 ・063問:漢方処方製剤(かぜ)

 ・068問:小児の疳

 ・070問:漢方処方製剤・生薬(鎮咳去痰薬)

 ・071問:口腔咽喉薬・うがい薬(含嗽薬)

 ・078問:強心薬

 ・081問:循環器用薬

 ・082問:痔疾用薬

 ・083問:婦人薬

 ・084問:漢方処方製剤(婦人薬)

 ・094問:滋養強壮保健薬

生薬リスト

 「生薬」の問題をリスト化しました。試験直前の追い込み時に活用してください。

 ・070問:漢方処方製剤・生薬(鎮咳去痰薬)

 ・078問:強心薬

 ・081問:循環器用薬

 ・095問:生薬成分

 ・105問:相談すること-甲状腺機能障害

【補足】合格率

 令和3年度(2021年度)の東京都(関東ブロック2)の登録販売者試験は、受験者数は「4,888人」で、合格者数が「2,112人」で、合格率は「43.2%」と、相なりました。

【補足】過年度データ

 なお、前年度の令和2年度(2020年度)は、受験者数は「4,437人」で、合格者数が「1,464人」で、合格率は「33.0%」でした。

 そして、前々年度の令和1年度(2019年度)は、受験者数は「5,126人」で、合格者数が「1,334人」で、合格率は「26.0%」でした。

【補足】合格基準

 ご存じかもですが、「東京都(関東ブロック2)」試験の合格基準は、以下の通りです。

 『配点を各問1点とし、以下の2つの基準の両方を満たす受験者を合格とします。』

 1.総出題数(120問)に対する正答率が7割以上(84点以上)であること

 2.試験項目ごとの出題数に対する正答率が3割5分以上であること

 注意すべきは、「2」の「足切り点」です。

 試験項目(試験科目)ごとに、「35%以上」正解する必要があります。

 よって、「20問」の科目は「7問以上」を、んで、「40問」の科目は「14問」は、最低でも取らないといけなくなります。

 逆を言えば、「14問間違えたら、即、不合格」「27問間違えたら、即、不合格」です。

 「点数勘定」は、計画的に!

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする