人体 もくじ‐令和3年度(2021年度) 東京都(関東ブロック2)

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 令和3年度の東京都(関東ブロック2)の登録販売者試験の「人体」のもくじ。「人体の働きと医薬品」は「20問」出題で、東京都(関東ブロック2)の第21~第40問までを占める。個々の問題への総リンクを挙げる。総評的なことも。

ひとくち傾向

 令和3年度(2021年度)の東京都(関東ブロック2)の「人体」ですが、例年と比べて、「やさしく」なっています。

 とてもシンプルな出題で、ひねくれた問題がなく、サクサクと取れると思います。

 8~9割は取れるので、シッカリとテキストを精読し、過去問を演習しておきましょう。

 本当に、当該年度の東京都(関東ブロック2)の「人体」は、これといった注意事項はありません。

 とはいえ、「カタカナ語句」は、よく出るので、シッカリ押えておきましょう。

 そして、「副作用」は、どの副作用も出題されるので、全部を押えてください。あまり出ない副作用だからと言って、油断してはいけません。

人体

 21問:消化器系

 22問:大腸

 23問:呼吸器系

 24問:循環器系

 25問:泌尿器系

 26問:目

 27問:鼻及び耳

 28問:外皮系

 29問:骨格系及び筋組織

 30問:脳や神経系の働き

 31問:有効成分の吸収

 32問:有効成分の代謝・排泄

 33問:医薬品の体内での働き

 34問:剤形

 35問:剤形2

 36問:全身的に現れる副作用

 37問:精神神経系に現れる副作用

 38問:消化器系に現れる副作用

 39問:呼吸器系に現れる副作用

 40問:泌尿器系に現れる副作用

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする