13問‐乙4公式過去問解説

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 第13問は、保安講習の問題です。テキストと、過去問なり問題集で問題演習していれば、100%取れる問題です。難易度は「やさしい」です。公式の過去問には解説がないので選択肢ごとに解説を付与する。暗記や憶え方、まとめページへのリンクもある。

13問‐保安講習

 


 本問のレベルは「やさしい」です。

 選択肢の個々は実に簡単で、捻られたところもありません。

 本問を落とすと、致命的な失点となります。

 こういう「取れる問題」を、落とさないことが、独学合格の肝です。

 本問の答えは、「こちら(番号のみ)」です。

解説

 ぶっちゃけ、答えを言うと、選択肢の1です。

 「保安講習」とは、実際に危険物の取扱作業をしている、危険物取扱者に受講義務があります。

 選択肢1は、解説の余地がないほど、そのままの記述で、即「○」です。

 選択肢2「危険物保安監督者のみ受講」ですが、明らかに「×」です。

 危険物保安監督者に保安講習の受講義務はありません。

 選択肢3「罰金刑以上に処せられた者が受講」ですが、これも「×」です。

 おそらく、ごろつき出題者は、「車の免許」及び「車の講習」との混同を図っているのでしょう。

 (運転免許だと、処分によっては、講習受けることがあるから、危険物もそうなんじゃね?!)的な発想をする受験生を刈り取ろう、といった次第です。

 出題者の汚い手に嵌ってはいけません。繰り返しますが、受講義務があるのは現業の危険物取扱者のみです。

 選択肢4の「危険物施設保安員」ですが、選択肢2と同じような設問です。同様に「×」です。

 保安講習は、「危険物取扱者」が受けるものです。

 「危険物施設保安員」は、先の危険物保安監督者同様に、受講義務はありません。

 付け加えると、規模の大きなところで設置義務のある、「危険物保安統括管理者」にも、講習受講義務はありません。併せて憶えておきましょう。

 選択肢5も、「×」です。んなーこたない、と突っ込みを入れた人が多数かと思います。

答え

 設問は、「正しいものはどれか?」です。

 従って、正解は選択肢の1となります。

 答え:1

 次の問題へ。

受講義務の危険物取扱者

 先述したように、危険物取扱者で、実際に危険物を取り扱っているなら、講習の受講義務があります。

 ここで言う「危険物取扱者」とは、甲種・乙種・丙種の免状を持っている人です。

 類問として、「保安講習は、立会いを行なう甲種及び乙種の免状保有者が受けなくてはならない」などと、出題されることがあります。

 言うまでもなく、「×」です。

 立ち会い云々は関係ないですし、丙種の免状保有者も、講習を受けなくてはいけません。

 また、「単なる有資格者」に、受講義務はありません。

 つまり、危険物取扱者の免状があっても、実際に危険物の取扱業務に従事していないなら、講習を受けなくてもいい、といった次第です。

 このあたりもよくよく出るので、しっかり見ておきましょう。

参考リンク

 本問のおさらいには、以下のブログ記事が役に立ちます。

 ブログ:危険物保安監督者の要点まとめ(へたな語呂付き)

 ブログ:危険物施設保安員は「監督の補助」で(語呂付き)

過去問その他の問題

 本問以外の問題は、以下のリンク先にあります。

 通勤・通学中にどうぞ。

法令

 1問:危険物の品名・・・基本中の基本問題。「やさしい」。

 2問:予防規定・・・迷彩あるも「普通」。

 3問:指定数量と危険物当て・・・「ふつう」。基本問題。

 4問:保安距離・・・「ふつう」。語呂合わせ。

 5問:消火設備・・・「難」。捨て問でよい。

 6問:屋内タンク貯蔵所・・・「難」。解けなくはない。

 7問:市町村長への届出・・・「ふつう」。取れる問題。

 8問:許可の取消・・・「ふつう」。基礎・基本レベル。

 9問:定期点検・・・「やさしい」。絶対レベル。

 10問:移動タンク貯蔵所・・・「やさしい」。1点取れる。

 11問:給油取扱所・・・「やさしい」。絶対レベル。

 12問:危険物保安監督者・・・「ふつう」。取れる問題。

 13問:保安講習・・・「やさしい」。絶対レベル。

 14問:運搬容器・・・「やさしい」。基本問題。

 15問:免状の書換・再交付・・・「ふつう」。

物化

 16問:可燃物・・・「やさしい」。文系でも解ける。

 17問:燃焼要素・・・「ふつう」。

 18問:mol計算・・・「ふつう」。ガンバレ文系。

 19問:自然発火・・・「ふつう」。文系でも取れる。

 20問:消火剤・・・「やさしい」。文系ガチ取り。

 21問:静電気・・・「やさしい」。文系可。

 22問:燃焼熱計算・・・理系可。文形不可。

 23問:化学基礎・・・「ふつう」。文系OK。

 24問:金属のイオン化列・・・「やさしい」。文系100%。

 25問:状態変化・・・「やさしい」。文系OK。

性消

 26問:類別の特性・・・「やさしい」。戦車に轢かれろ。

 27問:第4類の貯蔵・取扱・・・「やさしい」。幼年学校。

 28問:第1石油類・・・「やさしい」。保育園。

 29問:乙4の貯蔵・・・「ふつう」。解ける。

 30問:4類火災・・・「ふつう」。

 31問:4類性状・・・「ふつう」。

 32問:自動車ガソリン・・・「ふつう」。解ける。

 33問:灯油・・・「ふつう」。解ける。

 34問:アセトアルデヒド・・・「やや難」。だが解く。

 35問:アセトン・・・「難」。

アーカイブ(旧掲載問題)

 旧20問(H29)‐静電気

 旧21問(H28)‐熱化学用語

 旧27問(H29)‐泡消火剤

 旧29問(H29)‐ガソリン

独学向け教材

 「教材レビュー」にて詳細に述べていますが、読むのがメンドウな人は…、

 テキストは、文系でも大丈夫な「チャレンジライセンス 新訂版」を…、

 問題集は、難化傾向用の「乙種4類 危険物取扱者試験」を利用します。

 なお、わたしのようにクレカ使用が嫌いな人で、コンビニ支払いが多い人は、「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を推薦します。

 1~2%の割引きがあるので、クレカのキャッシュバックを享受できます。

PDF過去問の閲覧

 

 PDFの閲覧は、スマホだと画面が小さくて見難く、PCだとキーボードやマウス、配線等が邪魔で、かなりイライラします。

 本格的な“過去問演習”には、「タブレット」が最も勝手がよく、ストレスが少ないです。

 手許に「タブレット」がない人は、最もコスパの高い、アマゾンの「Fire HD」を推薦します。他のタブレットと性能が遜色ないくせに、値段は数割安く、もちろん、PDF過去問の閲覧も可能で、費用対効果が秀逸です。

 受験が終わっても、ボイラーや冷凍機械等の試験で使えるし、サブ機としても使えます。2電工を機に「Fire HD」を検討するのも、損はないです。

乙4のこまごましたもの

 乙4に関するこまごましたことは、たとえば、「危険物取扱者や消防設備士を他府県受験するときの願書と封筒」などを、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「危険物取扱者 乙種4類:ブログ記事」をばご参考ください。

 試験科目個々の勉強方法は、「乙4の独学」をお読みください。

みんなとシェアする