6問‐乙4公式過去問解説

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 危険物取扱者 乙種4類(乙4)の公式過去問の、第6問目の解説。第6問は、屋内タンク貯蔵所の問題です。ただし、本問は、「平屋建て以外の屋内タンク貯蔵所」となっており、難易度はやや高くなっています。公式の過去問には解説がないので選択肢ごとに解説を付与する。暗記や憶え方、まとめページへのリンクもある。

6問‐屋内タンク貯蔵所

 

 本問のレベルは「難」です。

 本問は「問題文」に注意しなくてはいけません。出題実績のほとんどない「平屋建て以外の屋内タンク貯蔵所」が出題されています。

 いつも通りの「平屋建の屋内タンク貯蔵所」の感じで問題を解いてはいけません。

 まあ、正直、本問は落としても仕方のない問題です。

解説‐一見すると難しいが解けないことはない

 本問を解く際に注意しないといけないのは、本問のテーマは「平屋建て以外」の「屋内タンク貯蔵所」となっているところです。

 多くのテキストでは、「平屋建の屋内タンク貯蔵所」が記載されているはずです。

 しかし、本問の「平屋建て以外の屋内タンク貯蔵所」について、記載しているテキストはまだ少ないため、受験生の中には“全く知らない”ことが予想されます。

 ですから、本問は「消去法」で選択肢を絞り込んで、後は「運を天に任す」のみです。

 正解:2

消去法でいく

 本問のような、「新問題」については、「消去法」で行くのがベストです。

 選択肢1ですが、これは、よくわからないため「?」とします。

 選択肢2は、怪しさを感じます。「平屋建の屋内タンク貯蔵所」の規定を思い出してください。

 「平屋建の屋内タンク貯蔵所」でのタンク専用室の窓は、「網入りガラス」としなくてはいけませんでした。

 「平屋建以外の屋内タンク貯蔵所」でも、窓の規制は同じような感じがします。んなもんで、「とりあえず×」としておきます。

 選択肢3は、なんとなく常識的に判断できそうです。「平屋建」だろうが「平屋建以外」だろうが、タンクはさび止めをするのが穏当です。「○」としましょう。

 選択肢4は、「平屋建の屋内タンク貯蔵所」の規定から類推できます。

 「タンクの容量制限の語呂と憶え方」でも述べているのように、「平屋建の屋内タンク貯蔵所」には、容量制限があります。

 「平屋建以外の屋内タンク貯蔵所」も、同じ屋内のタンクですから、容量制限があっておかしくありません。んなもんで「○」としましょう。

 最後の選択肢5ですが、これは不明で、「?」です。

 「平屋建の屋内タンク貯蔵所」では、壁・柱・床は耐火構造で、はりは不燃材料でしたが、「平屋建以外」つまり「2階・3階がある建物」なら、はりも耐火構造であっておかしくありません。

 ですから、選択肢5は「?」とします。

答えを絞り込む

 「○」と考えられる、選択肢の3と4を消去します。

 残るのは、1の?、2のとりあえず×、そして、5の?となります。

 ここまで来たら、3分の1の「33%」で当たるので、好きな番号をマークします。

 「知らない」んだから、「答えようがない」からです。

解答のコツ

 一概に言えませんが、このことは頭に入れておきましょう。

 危険物取扱者試験では、難しい問題、新しい問題、意味不明な問題が出た場合、おおむね「基礎・基本」的なものが「解答のキー」となっていることが多いです。

 本問のように、選択肢の中では基本レベルの「窓ガラスには網要りガラス」を知っていて、そこから類推して答えることができたら、正解という寸法です。

 新問題・難問・珍問に当たったら、難しい選択肢に拘泥せず、「基礎・基本レベル」の選択肢に狙いをつけてみてください。

参考リンク

 本問のおさらいには、以下のブログ記事が役に立ちます。

 ブログ:タンクの容量制限の語呂と憶え方

独学向け教材

 「教材レビュー」にて詳細に述べていますが、読むのがメンドウな人は…、

 テキストは、文系でも大丈夫な「チャレンジライセンス 新訂版」を…、

 問題集は、難化傾向用の「乙種4類 危険物取扱者試験」を利用します。

過去問その他の問題

 本問以外の問題は、以下のリンク先にあります。

 通勤・通学中にどうぞ。

法令15問

 1問:危険物の品名・・・基本中の基本問題。「やさしい」。

 2問:予防規定・・・迷彩あるも「普通」。

 3問:指定数量と危険物当て・・・「ふつう」。基本問題。

 4問:保安距離・・・「ふつう」。語呂合わせ。

 5問:消火設備・・・「難」。捨て問でよい。

 6問:屋内タンク貯蔵所・・・「難」。解けなくはない。

 7問:市町村長への届出・・・「ふつう」。取れる問題。

 8問:許可の取消・・・「ふつう」。基礎・基本レベル。

 9問:定期点検・・・「やさしい」。絶対レベル。

 10問:移動タンク貯蔵所・・・「やさしい」。1点取れる。

 11問:給油取扱所・・・「やさしい」。絶対レベル。

 12問:危険物保安監督者・・・「ふつう」。取れる問題。

 13問:保安講習・・・「やさしい」。絶対レベル。

 14問:運搬容器・・・「やさしい」。基本問題。

 15問:免状の書換・再交付・・・「ふつう」。

物化8問

 16問:可燃物・・・「やさしい」。文系でも解ける。

 17問:mol計算・・・「ふつう」。ガンバレ文系。

 18問:自然発火・・・「ふつう」。文系でも取れる。

 19問:消化剤・・・「やさしい」。文系ガチ取り。

 20問:静電気・・・「やさしい」。文系可。

 21問:燃焼熱計算・・・理系可。文形不可。

 22問:化学基礎・・・「ふつう」。文系OK。

 23問:金属のイオン化列・・・「やさしい」。文系100%。

性消9問

 24問:類別の特性・・・「やさしい」。戦車に轢かれろ。

 25問:第4類の貯蔵・取扱・・・「やさしい」。幼年学校。

 26問:第1石油類・・・「やさしい」。保育園。

 27問:泡消火剤・・・「やさしい」。取れる問題。

 28問:乙4の貯蔵・・・「ふつう」。解ける。

 29問:ガソリン・・・「ふつう」。解ける。

 30問:灯油・・・「ふつう」。解ける。

 31問:アセトアルデヒド・・・「やや難」。だが解く。

 32問:アセトン・・・「難」。

アーカイブ

 旧21問:熱化学用語

PDF過去問について

 公式のPDF過去問は、ノートPCやスマホで見ることはできます。

 しかし、本格的な“問題演習”となると、「タブレット」での閲覧が最も勝手がよく、ストレスが少ないです。

 スマホだと画面が小さくて問題文が読み難く、PCだとキーボード等が邪魔で、問題を解くのに集中できない、といった塩梅です。

 

 当方は、PDF形式の過去問は、12インチのタブレット(thinkpad helix2)で閲覧しています。

 PCと違って周辺がごちゃごちゃしないので、普通に「紙」の過去問を解くような感じに、問題演習ができる、といった次第です。

 こんな次第で、PDFタイプの過去問演習でイライラしている方は、「タブレット」の利用を勧めます。

 なお、手許に「タブレット」がない人は、最もコスパの高い、アマゾンの「Fire HD」を推薦します。

 アンドロイド製のタブレットと性能が遜色ないくせに、値段は数割安いので、コストパフォーマンスが秀逸です。もちろん、PDFの閲覧もできます。

 とりわけ、スマホしか持ってない方に勧めます。小さい画面での問題演習は、倍疲れて倍時間がかかります。

 受験が終わっても、アレコレ使えますし、安価なサブ機としても使えます。これを機に「Fire HD」を買っても、損はないです。

 インチ数は8インチから10インチくらいが適当です。

乙4のこまごましたもの

 乙4に関するこまごましたことは、たとえば、「危険物取扱者や消防設備士を他府県受験するときの願書と封筒」などを、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「危険物取扱者 乙種4類:ブログ記事」をばご参考ください。

 試験科目個々の勉強方法は、「乙4の独学」をお読みください。

みんなとシェアする