芍薬甘草湯‐漢方処方製剤対策

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の「主な医薬品とその作用(通称:医薬品)」の「漢方処方製剤」の「鎮痛」に登場する「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」の対策ページ。本ページでは、当該漢方処方製剤のポイントをまとめたり、「○×問題」を出したり、過去問を紹介したりしています。

インデックス

○×問題

 基本問題です。

問1『芍薬甘草湯は、体力に関わらず、筋肉の急激な痙攣を伴う痛みのあるもののこむらがえり、筋肉の痙攣、腹痛、腰痛に適す。』

正誤と解説はこちら。

解説 問1

 問1ですが、正しい記述です。

 まずもって、体力規定に、そう数のない「体力に関わらず」があります。

 そして、後述しますが、「芍薬甘草湯」のキーワードである「こむらがえり」があります。

 この2点から、選択肢の説明が「芍薬甘草湯」なことが判別できるかと思います。

問2『芍薬甘草湯は、心臓病の人は使用を避ける必要がある。』

正誤と解説はこちら。

解説 問2

 問2は、正しい記述です。

 「芍薬甘草湯」ですが、「適正使用」でよく問われる「使用を避ける」論点があります。

 それが、設問の言う「心臓病」で、「心臓病の人は使用を避ける必要がある」となっています。

 漢方処方製剤で、おそらく唯一の「使用を避ける」なので、ここは、ガチで押えておきましょう。

 参考:適正使用対策‐使用・服用しない 基礎疾患【語呂あり】

問3『芍薬甘草湯は、症状があるときのみの服用にとどめ、連用は避けなくてはいけない。』

正誤と解説はこちら。

解説 問3

 問3は、正しい記述です。

 これも、「適正使用」によく出る論点です。

 選択肢のいうように、芍薬甘草湯は、「鬱血性心不全、心室頻拍がまれに生じる」ため、「症状があるときのみの服用にとどめ、連用は避ける」ようになっています。

 このような文言は、当該芍薬甘草湯のみなので、押えておきましょう。

 参考:適正使用対策‐連用しない各種


試験傾向

 「芍薬甘草湯」ですが、そこそこ出る漢方処方製剤です。

 先の例題で見たように、「適正使用」に絡む論点があることから、優先して押えるべき要注意の漢方処方製剤かと思います。

 実務上でも、「芍薬甘草湯」は、強い鎮痛鎮痙薬・痛み止めのため、需要があります。

 試験以外の点からも、見ておいて損はありません。

 「芍薬甘草湯」は、市販されている漢方処方製剤が多々あります。

 テキストはもとより、ドラッグストア等で、実物を手にして、勉強しましょう。

 amazon参考:芍薬甘草湯

 楽天参考:芍薬甘草湯

体力

 「芍薬甘草湯」の体力規定ですが、「体力に関わらず」となっています。

 当該「体力に関わらず」ですが、非常に押えやすく、選択肢の判別に、たいへんな威力があります。

 真っ先に、体力規定で押えるべきところです。

 「ブログ 体力に関らず」を参考に、憶えていきましょう。

ダメな人

 「芍薬甘草湯」ですが、先に見たように…、

 ・心臓病の人

 …は、使用を避けるとなっています。

 その理由は、「まれに、鬱血性心不全や心室頻拍を生じる」からです。

 当該「鬱血性心不全」と「心室頻拍」は、芍薬甘草湯の固有の論点なので、ガチで押さえておくべきです。

 先の例題でも指摘しましたが、「芍薬甘草湯」は、漢方処方製剤で唯一、「適正使用」で登場するので、ガチで押えておくべきです。

キーワード

 「芍薬甘草湯」のキーワードは、「こむらがえり」です。

 当該こむらがえりには、芍薬甘草湯が代表的な漢方薬なので、押えておきましょう。

 そして、先の例題でも出した論点ですが、「症状があるときのみの服用にとどめ、連用は避ける」も、重要なキーワードです。

 繰り返しますが、こうした表記が為されるのは、「芍薬甘草湯」だけなので、ガッチリ押さえておくべきです。

 ところで、「芍薬甘草湯」には、「カンゾウ」が入っているわけですが、当該「カンゾウ」の「グリチルリチン酸」によって、「偽アルドステロン症」が生じる可能性があります。

 この「カンゾウ」の基本論点も、忘れないようにしましょう。

構成生薬

 「芍薬甘草湯」の構成生薬は、「カンゾウ」です。

 カンゾウが配合される漢方処方製剤は多いですが、当該芍薬甘草湯は、その名称に、「カンゾウ」とあるので、素直にそのまま憶えればいいだけです。

 なお、カンゾウを含む薬は大量にあります。

 「カンゾウを含む漢方処方製剤」は、無理に暗記せず、何回も眺めて、できる範囲で把握するくらいでいいでしょう。

副作用

 「芍薬甘草湯」の「稀な重篤な副作用」は、「肝機能障害 間質性肺炎」です。

 この組み合わせは、たくさんあります。

 該当する薬を、「まれ重篤 肝機能障害・間質性肺炎」にまとめていますが、追々、見ていけばいいでしょう。

 なお、先のページを、無理に暗記する必要はありません。

数字対策

 「芍薬甘草湯」ですが、手引きには、これといった数字がありません。

 「鎮痛」の他の薬には、「比較的長期間(1ヶ月位)服用されることがある」と、記載されるのですが、当該芍薬甘草湯は、そういった旨の記載がありません。

 先に見たように、「芍薬甘草湯」は、連用不可なので、さもありなんといえましょう。

過去問リスト

 「芍薬甘草湯」の過去問演習用として、東京都等の問題をピックアップしました。

 こういう出題があったので、チェックしておきましょう。

東京都

R1 第64問

関西広域連合

R2 第25問

福岡県

チェック用:手引き抜粋

 『芍薬甘草湯』

 『体力に関わらず、筋肉の急激な痙攣を伴う痛みのあるもののこむらがえり、筋肉の痙攣、腹痛、腰痛に適すとされる。』

 『ただし、症状があるときのみの服用にとどめ、連用は避ける。』

 『まれに重篤な副作用として、肝機能障害のほか、間質性肺炎、鬱血性心不全や心室頻拍を生じることが知られており、』

 『心臓病の診断を受けた人では使用を避ける必要がある。』

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:漢方処方製剤」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする