登録販売者 婦人薬 漢方処方製剤 インデックス

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の「医薬品」の「第6節‐婦人薬」に登場する「漢方処方製剤」のインデックスページ。

インデックス

  1. 傾向はやわかり
  2. 婦人薬 インデックス

傾向はやわかり「婦人薬」の漢方処方製剤

 第6節「婦人薬」の「漢方処方製剤」ですが、実に高い頻度で出題される漢方処方製剤です。

 第6節ですが、いわゆる「カタカナ成分」が数個しかないのです。

 その分だけ、問題のウエイトが「漢方処方製剤」に、配偶者のように“重くのしかかってくる”、といった寸法です。

 ほぼ毎回、出題される県が多いです。

 「婦人薬」の漢方は、最低限度、勉強しておきましょう。1点確保できます。

婦人薬

 では、「漢方処方製剤」の第6節「婦人薬」の個々のページへのリンクです。

温経湯

温清飲

加味逍遙散

桂枝茯苓丸

五積散

柴胡桂枝乾姜湯

四物湯

桃核承気湯

当帰芍薬散

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:漢方処方製剤」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする