登録販売者 呼吸器官に作用する薬 漢方処方製剤 インデックス

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の「医薬品」の「第2節‐呼吸器官に作用する薬」に登場する「漢方処方製剤」のインデックスページ。「鎮咳去痰」や「喉の痛み」の漢方処方製剤のインデックス

インデックス

  1. 傾向はやわかり
  2. 鎮咳去痰 インデックス
  3. 喉の痛み インデックス

傾向はやわかり「呼吸器官に作用する薬」の漢方処方製剤

 第2節「呼吸器官に作用する薬」の「漢方処方製剤」ですが、そう目立った出題はありません。

 しかし、直近の傾向を見ると、過去の出題実績を無視した出題傾向が見受けられます。

 つまり、これまでに問われていないものがビシバシと出題されているのです。

 当該論点の漢方処方製剤も、ガッツリ問われても、遜色のない状況です。

 最低でも、「かぜ」の薬と被る「半夏厚朴湯」や「麦門冬湯」は、押えておきましょう。

 余裕があれば、すべての漢方処方製剤を、チェックしておきましょう。

呼吸器官に作用する薬

 では、「漢方処方製剤」の第2節「呼吸器官に作用する薬」の個々のページへのリンクです。

「鎮咳去痰」の漢方処方製剤

甘草湯

半夏厚朴湯

柴朴湯

麦門冬湯

五虎湯

麻杏甘石湯

神秘湯

「咽喉の痛み」の漢方処方製剤

桔梗湯

駆風解毒散

駆風解毒湯

白虎加人参湯丸

響声破笛丸

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:漢方処方製剤」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする