体力いろいろ

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 このページでは、『しばり』の「体力」のうち、細々したものをリストアップする。体力規定が「ない」ものや、「体力中程度またはやや虚弱」のもの、「体力中程度またはそれ以上」のものをまとめている。横断学習用。チェック用。知識整理用。

ガイダンス

 このページでは、「漢方処方製剤」の「体力規定がない」ものや、「体力中程度またはやや虚弱」のもの、「体力中程度またはそれ以上」のものをまとめています。

 選択肢を判別するキーとなる可能性が多々あり、また、数も少ないので、押さえておくべきかと思います。

 ヒマな時間に「眺める」くらいで、2~3個が頭に残れば、上々くらいにやってみてください。

体力規定が「ない」

 「体力」の『しばり』がない漢方処方製剤があります。

 実に憶えやすいので、まずは、ここからです。

 それは…、

 ・紫雲膏

 ・中黄膏

 …の「2つ」です。

 これら2つは、「皮膚に用いる薬」なのですが、「体力」について、明記されていません。

 よって、問題文に、「体力中程度で…」などと問われていて、選択肢に紫雲膏や中黄膏があれば、即効で消去できる、ってな次第です。

 「漢方処方製剤の塗り薬、体力規定なし」です。

体力中程度またはやや虚弱

 「体力」が、「体力中程度またはやや虚弱」となっているのは…、

 ・小青竜湯

 ・柴胡桂枝湯

 ・五積散

 …の「3つ」です。

 「小青竜湯」と「柴胡桂枝湯」は、「かぜ」の漢方処方製剤です。

 んで、「五積散」は、「婦人薬」の漢方処方製剤です。

 体力のふつうの人に、そして、虚弱な人にも、服用できるので、変な言い方ですが、守備範囲は広いといえます。

 こういう「体力」規定は、先の「3つ」しかないので、チェックしておきましょう。

 くだらない憶え方ですが、「中弱の5尺の青竜刀が最後け?」です。

 「中」は、「体力“”程度」です。

 「弱」は、「体力虚“”」です。

 「5尺」は、「“五積”散」です。なお、1尺は約30センチで、5尺は約150センチです。

 「青竜刀」は、「小“青竜”湯」です。

 「最後け?」は、「柴胡桂枝湯(“さいこけ”いしとう)」です。

 「中弱」のところがイマイチですが、まあ、頭に残るかと思います。

 個人的には、「小青竜湯」だけは、押さえておくべきかと思います。昔も今も、ド頻出の漢方処方製剤です。

体力中程度またはそれ以上

 「体力」が、「体力中程度またはそれ以上」となっているのは、「鎮咳去痰」の漢方処方製剤の…、

 ・麻杏甘石湯

 ・神秘湯

 …の「2つ」です。

 「体力」には、「体力中程度」と「体力中程度以上」というものはあるのですが、「体力中程度またはそれ以上」となっているのは、先の「2つ」だけです。

 体力が「中程度」でもいいし、「中程度以上」でもよいということです。

 こういう記載なのは、先の「2個」しかないので、押えておきましょう。

 憶え方としては、「魔境の秘湯は、中以上」くらいの語呂です。

 「魔境」は、「麻杏甘石湯(“まきょう”かんせきとう)」です。

 「秘湯」は、「神“秘湯”」です。

 「中」は、「体力“”程度」です。

 「以上」は、「体力中程度“以上”」です。

 まあ、悪くない語呂なので、使えたら使ってください。

体力リンク

 『しばり』の「体力(虚実)」については、以下のページを参考にしてください。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする