五積散‐漢方処方製剤対策

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の「主な医薬品とその作用(通称:医薬品)」の「漢方処方製剤」の「婦人薬」に登場する「五積散(ごしゃくさん)」の対策ページ。本ページでは、当該漢方処方製剤のポイントをまとめたり、「○×問題」を出したり、過去問を紹介したりしています。

インデックス

○×問題

 基本問題です。

問1『五積散は、比較的体力がある者に使用できる。』

正誤と解説はこちら。

解説 問1

 問1ですが、誤った記述です。

 「五積散」ですが、体力規定(虚実)は、「体力中等度又はやや虚弱」です。

 この虚弱は、かぜの「小青竜湯」などしかなく、ごくわずかしかないので、「体力いろいろ」で、ピンポイントで憶えましょう。

 さて、設問の「比較的体力があり」ですが、同じ「婦人薬」の漢方では、「桂枝茯苓丸」が該当します。「比較的ブクブク」です。

問2『五積散は、カンゾウとマオウを含む。』

正誤と解説はこちら。

解説 問2

 問2は、正しい記述です。

 「五積散」ですが、構成生薬のカンゾウに加えて、マオウが配合されています。

 「婦人薬」の漢方にて、「カンゾウ・マオウ」のコンビなのは、当該「五積散」のみとなっています。

 カンゾウ入りの語呂合わせに加え、「胡麻(五マ)」くらいに憶えてしまいましょう。

問3『五積散は、まれに重篤な副作用として、肝機能障害、腸間膜静脈硬化症を生じることが知られている。』

正誤と解説はこちら。

解説 問3

 問3は、誤った記述です。

 「五積散」ですが、「まれ重篤副作用」が「ない」です。

 「婦人薬」にて、設問の「腸間膜静脈硬化症」があるのは、「加味逍遙散」です。


試験傾向

 「五積散」ですが、そこそこ登場する漢方処方製剤です。

 できるだけ、「婦人薬」の漢方は、押えておきましょう。

 なお、「五積散」は、市販されている漢方処方製剤があります。

 テキストはもとより、ドラッグストア等で、実物を手にして、効能などを勉強しましょう。

 amazon参考:五積散

 楽天参考:五積散

体力

 「五積散」の「体力規定(虚実)」は、「体力中等度又はやや虚弱」となっています。

 先述したように、この虚実は、数えるくらいしかないので、ピンポイントで憶えてしまいましょう。選択肢判別の武器となります。

 語呂合わせあります。「中弱の5尺の青竜刀が最後け?」です。詳細は、「体力いろいろ」を一読願います。

ダメな人

 「五積散」の禁忌ですが、手引きには…、

 「体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)

 「胃腸の弱い人

 「発汗傾向の著しい人では、不向きとされる

 …となっています。

 「五積散」には、アドレナリン作動成分の「マオウ」が入っていることから、当該禁忌を押えるといいでしょう。

 他のページでも述べていますが、「婦人薬」の漢方は、「柴胡桂枝乾姜湯」を除いて、何かしらの禁忌があるので、チェックしておきましょう。

キーワード

 「五積散」のキーワードは、「腰痛・神経痛・関節痛」や「更年期障害」くらいです。

 まあ、効能等がガチで問われることはないので、見るだけ見ておきましょう。

構成生薬

 「五積散」の構成生薬は、「カンゾウ・マオウ」です。

 まずもって、カンゾウについては、語呂合わせ「甘い桃を加味した生姜温泉へGO」で憶えてください。

 語呂の詳細は…、

 「甘い」は、カンゾウ(“甘”草)です。

 「桃」は、「“桃”核承気湯」です。

 「加味」は、「“加味”逍遙散」です。

 「生姜」は、「柴胡桂枝乾“姜”湯」です。

 「温泉」は、「“温”経“湯”」です。

 「GO」は、「“五”積散」です。

 「五積散」は、当該カンゾウ入りの語呂に出てくるので、「カンゾウ入り」と把握します。

 次に、「マオウ入り」ですが、これは、「胡麻(五マ)」くらいに憶えましょう。

 なお、暗記用のアレですが、名称に「五」の付く漢方は、「五積散」のほかに、鎮咳去痰の「五虎湯」があります。

 当該「五」コンビですが、両方とも、構成生薬が「カンゾウ・マオウ」です。

 よって、「胡麻…“五”があれば、“マ”オウ入り」くらいに憶えるといいでしょう。

副作用

 「五積散」の「稀な重篤な副作用」は、「ない」です。

 さて、「婦人薬」で、「まれ重篤副作用」があるのは、「温清飲」と「加味逍遙散」と「桂枝茯苓丸」と「柴胡桂枝乾姜湯」の「4つ」です。

 これら以外の漢方には、まれ重篤副作用が「ない」ので、先の漢方を個別的に押えた方が、効率的です。

 語呂合わせですが、「肝機能障害」をまとめたものが、「坪内“逍遥”、“飲”みすぎで“ブク”ブク太り、“再”検査」です。

 「五積散」は、先の語呂には出てこないので、「逆算」で、「まれ重篤なし」と把握します。

 ところで、先の語呂の「坪内“逍遥”」の「加味逍遙散」は、肝機能障害に加えて、「腸間膜静脈硬化症」があります。

 そして、「“柴”胡桂枝乾姜湯」の「柴胡桂枝乾姜湯」は、肝機能障害に加えて、「間質性肺炎」があります。

数字対策

 「五積散」ですが、手引きには…、

 『比較的長期間(1ヶ月位)服用されることがある。』

 …と、記載されています。

 当該1ヶ月服用は、「婦人薬」のすべてに共通する「数字」です。

 さて、当該「五積散」ですが、手引きには、先の長期連用の「例外」として…、

 「“感冒”に用いられる場合の五積散

 …という記載があります。

 「五積散」は、基本的に、体質改善目的で「1ヶ月位」ほど服用されますが、例外的に、「感冒」のときは、短期服用・受診勧奨なので、注意してください。

 まあ、「感冒」は、インフルエンザですので、長期服用がまずいと判断できるかと思います。

 試験的には、「五積散は、神経痛や腰痛、“感冒”を患った人には、比較的長期間(1ヶ月位)服用されることがある」くらいに、出題されると思います。

 当然、「×」です。

 なお、同じ「婦人薬」の「桃核承気湯(便秘)」にも、「短期服用→受診勧奨」の注意事項があります。

過去問リスト

 「五積散」の過去問演習用として、東京都等の問題をピックアップしました。

 こういう出題があったので、チェックしておきましょう。

東京都

R2 第82問

H30 第83問

関西広域連合

・近年なし

福岡県

H30 第83問

語呂合わせ一覧

 当該漢方の語呂をまとめておきます。チェック用に。

 ・中弱の5尺の青竜刀が最後け?…体力中程度、体力虚弱。

 ・甘い桃を加味した生姜温泉へGO…カンゾウ入り。

 ・胡麻(五マ)…マオウ入り。

 ・坪内逍遥、飲みすぎで、ブクブク太り、再検査、肝機能障害…肝機能障害。

 なお、語呂合わせですが、「婦人薬 語呂 まとめ・解説」「婦人薬 語呂 逆引き」にまとめているので、こちらも活用してください。

チェック用:手引き抜粋

 『五積散』

 『体力中等度又はやや虚弱で冷えがあるものの胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、更年期障害、感冒に適すとされる。』

 『しかし、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人では、不向きとされる。』

 『比較的長期間(1ヶ月位)服用されることがある。』

 『構成生薬として、カンゾウとマオウを含む。』

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:漢方処方製剤」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする