まれに重篤な副作用の「腸間膜静脈硬化症」のまとめ

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 このページでは、漢方処方製剤の「副作用」の「まれに重篤な副作用」のうち、「腸間膜静脈硬化症」が生じる漢方処方製剤を一覧化して、まとめている。横断学習用。当該論点は、厳密に憶える必要はないが、チェック用に。何回も眺めて、知識の整理を。

はじめに

 このページには、漢方処方製剤の「まれに生じる重篤な副作用」のうち、「腸間膜静脈硬化症」が生じる漢方処方製剤をリスト化しています。

 出題実績は、“そんなにない”のですが、昨今の難化傾向からすると、じゅうぶんに、出題範囲に入っています。

 たとえば、「漢方処方製剤○○は、まれに重篤な副作用として、腸間膜静脈硬化症が生じる」などと出題される公算が大です。

 当該論点の漢方処方製剤は、「3個」しかありません。

 最後に「語呂合わせ」もあります。

 「お気に入り」にでも入れておいて、本試験日の移動時間や、試験直前の休み時間で、押えてしまいましょう。

補足

 なお、「腸間膜静脈硬化症」ですが、手引きにコメントや注釈がないので、その症状等を深追いしなくてもよいと思います。

 わたしたちが目指しているのは「登録販売者」であって、お医者さんではありません。

1つ目 腸間膜静脈硬化症

 まずもって、第6節「婦人薬」の「加味逍遙散」です。

 当該加味逍遙散は、腸間膜静脈硬化症のほか、肝機能障害も、「まれ重篤」の副作用となっています。

 判別の重要なキーとなるので、併せて、チェックしておきましょう。

2つ目 腸間膜静脈硬化症

 次は、第7節「内服アレルギー用薬」の「鼻」の「辛夷清肺湯」です。

 当該辛夷清肺湯は、腸間膜静脈硬化症のほか、肝機能障害、間質性肺炎も、「まれ重篤」の副作用となっています。

3つ目 腸間膜静脈硬化症

 最後の3つ目は、第14節「漢方処方製剤・生薬製剤」の「黄連解毒湯」です。

 当該黄連解毒湯は、腸間膜静脈硬化症のほか、肝機能障害、間質性肺炎も、「まれ重篤」の副作用となっています。

憶え方

 下手な語呂ですが、「超、大いに売れた坪内逍遥を成敗」くらいに、頭に入れましょう。

 詳細ですが…、

 ・超・・・“腸”間膜静脈硬化症

 ・大いに売れた・・・“お”おいに“うれ”・・・“黄連”解毒湯

 ・坪内逍遥・・・加味“逍遙”散

 ・成敗・・・せいはい・・・辛夷“清肺”湯

 …ってな次第です。

 くだらないですが、そこそこ頭に残るはずです。

 なお、「坪内逍遥」ですが、明治の作家です。

 んで、「逍遥」は、「散歩・そぞろ歩き」の意味です。

副作用リンク

 「漢方処方製剤」の「副作用」については、以下のページも参考にしてください。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする