まれに重篤な副作用の「肝機能障害・偽アルドステロン症」のまとめ

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 このページでは、漢方処方製剤の「副作用」の「まれに重篤な副作用」のうち、「肝機能障害」と「偽アルドステロン症」の「2つ」が生じる漢方処方製剤を一覧化して、まとめている。横断学習用。当該論点は、厳密に憶える必要はないが、チェック用に。何回も眺めて、知識の整理を。

はじめに

 このページには、漢方処方製剤の「まれに生じる重篤な副作用」のうち、「肝機能障害」と「偽アルドステロン症」の「2つ」が生じる漢方処方製剤をリスト化しています。

 当該論点は、「2個」しかないので、押えやすいです。

 就寝前のひと時や、通勤通学時の細切れ時間のチェック用に、活用ください。

1つ目

 「まれ重篤」が「肝機能障害・偽アルドステロン症」となっているのは…、

 第1節「精神神経薬」の「かぜ」の「葛根湯」です。

 当該葛根湯は、まれに重篤な副作用として、肝機能障害、偽アルドステロン症が発生します。

 葛根湯は、メジャーな漢方処方製剤ですが、このように、重篤な副作用が生じるので、気軽に使用できるものではないと言えます。

2つ目

 次の最後の漢方処方製剤は、第14節「漢方処方製剤・生薬製剤」に分類される「清上防風湯」です。

 当該清上防風湯も、まれに重篤な副作用として、肝機能障害、偽アルドステロン症が発生します。

補足

 ところで、第14節「漢方処方製剤・生薬製剤」には、「まれ重篤」で副作用3つが生じる「防已黄耆湯」や「防風通聖散」があります。

 参考:まれ重篤 肝機能障害・偽アルドステロン症・間質性肺炎

 先の「清上防風湯」も、第14節に分類されている漢方処方製剤です。

 第14節の漢方処方製剤は、「まれ重篤副作用」の起きるものがそこそこあるので、個々を比較しながら、憶えていきましょう。

副作用リンク

 「漢方処方製剤」の「副作用」については、以下のページも参考にしてください。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする