響声破笛丸‐喉の痛み‐漢方処方製剤対策

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の「主な医薬品とその作用(通称:医薬品)」の「漢方処方製剤」の「喉の痛み」に登場する「響声破笛丸(きょうせいはてきがん)」の対策ページ。本ページでは、当該漢方処方製剤のポイントをまとめたり、「○×問題」を出したり、過去問を紹介したりしています。

インデックス

○×問題

 基本問題です。

問1『響声破笛丸は、体力に関わらず広く応用できる。』

正誤と解説はこちら。

解説 問1

 問1ですが、正しい記述です。

 「響声破笛丸」ですが、体力規定(虚実)は、「体力に関わらず」です。

 当該「体力に関わらず」は、数がそんなにないので、押えやすいです。

 「ブログ 「体力に関らず」」を参考に、まとめてドンで憶えてしまいましょう。

 また、「響声破笛丸」ですが、加えて、「広く応用できる」と、大きな特色があります。

 試験に出しやすいところなので、併せて、押えてしまいましょう。

問2『響声破笛丸は、カンゾウを含み、ダイオウが含まれることもある。』

正誤と解説はこちら。

解説 問2

 問2は、正しい記述です。

 「響声破笛丸」には、「カンゾウ」が配合されています。

 「喉の痛み」の漢方処方製剤ですが、そのすべてに「カンゾウ」が入っています。

 んなもんで、「喉の痛み・・・全部カンゾウ入り」くらいに憶えてしまいましょう。

 そして、当該「響声破笛丸」だけ、「ダイオウが含まれること」があります。

 「響声破笛丸」だけ、他の喉の痛みの漢方と構成生薬が異なるので、意識して憶えてしまいましょう。

問3『響声破笛丸は、咳や痰に対する効果がある。』

正誤と解説はこちら。

解説 問3

 問3は、誤った記述です。

 本問は、ガチ暗記してください。

 「響声破笛丸」に限らず、「喉の痛み」の漢方処方製剤は、咳や痰に対する効果を標榜しません。

 つまり、分類上、咳・痰と、喉の痛みとは、“別物”扱いとなっています。

 言い換えれば、「喉の痛み」の漢方処方製剤は、「喉の痛み」に限定されている、ってな次第です。

 当該規定は、よくよく出題されており、たとえば、「(喉の痛みの)漢方処方製剤の○○は、咳や痰にも効果がある」などと出題されています。

 「×」ですので、テキストをチェックしておいてください。


試験傾向

 「響声破笛丸」ですが、あまり出ない漢方処方製剤です。

 しかし、試験傾向を見るに、いつ問われてもおかしくない状況です。

 比較的押えやすいので、憶えてしまいましょう。

 なお、「響声破笛丸」は、市販されている漢方処方製剤があります。

 テキストはもとより、ドラッグストア等で、実物を手にして、効能などを勉強しましょう。

 amazon参考:響声破笛丸

 楽天参考:響声破笛丸

体力

 「響声破笛丸」の「体力規定(虚実)」は、「体力に関わらず広く応用できる」となっています。

 まずもって、「体力に関わらず」という“押えやすい”表記なので、「響声破笛丸」は、先ずここを押えましょう。

 参考:ブログ 「体力に関らず」

 んで、「広く応用できる」も、選択肢判別の心強い武器となります。

 参考:「幅広く応用できる」と「広く応用できる」のまとめ

 シッカリ押えましょう。

ダメな人

 「響声破笛丸」の禁忌ですが、「胃腸が弱く下痢しやすい人では、食欲不振、胃部不快感等の副作用が現れやすい等、不向き」とあります。

 当該禁忌は、「喉の痛み」の漢方処方製剤に共通するものです。

 「喉の痛み・・・胃腸弱いダメ」くらいに憶えてしまいましょう。

キーワード

 「響声破笛丸」のキーワードは、「しわがれ声」くらいです。

 本試験では、そう突っ込んだ出題がなさそうなので、常識的な範囲でやっていけばいいでしょう。

構成生薬

 「響声破笛丸」の構成生薬は、「カンゾウ」です。

 先述しましたが、「響声破笛丸」に限らず、「喉の痛み」の漢方処方製剤は、すべて、「カンゾウ」が配合されています。

 「喉の痛み・・・すべてカンゾウ入り」と憶えてしまいましょう。

 そして、当該「響声破笛丸」だけ、「カンゾウ」に加え、「ダイオウ」が“含む場合がある”のです。

 表現に、“一応”、気をつけてください。

 手引きの表記は、「含む」ではなくて、“含む場合がある”と、ダイオウが入っているときもある、という表現になっています。

 整理すると…、

 ・喉の痛み・・・構成生薬は、カンゾウのみ。

 ・響声破笛丸・・・構成生薬は、カンゾウ・ときどきダイオウ。

 …です。

 「響声破笛丸」だけ、「ダイオウ入り」の場合があるので、チェックしておきましょう。

 憶え方ですが、「ときどき大きな声と笛」くらいの語呂で、押えてしまいましょう。

 「ときどき」は、「“ときどき”ダイオウ」です。

 「大きな」は、「“ダイ”オウ」です。

 「声と笛」は、「“響”破“”丸」です。

 語呂に、(祭りかな?)くらいを付け足せば、イメージが湧くので、憶えやすいと思います。

 …「(祭りかな?)ときどき大きな声と笛」、一句できてますね。

副作用

 「響声破笛丸」の「稀な重篤な副作用」は、「ない」です。

 といいますか、「喉の痛み」の漢方処方製剤には、まれ重篤副作用が「ない」です。

 「喉の痛み・・・まれ重篤なし」と、まとめてドンで、憶えてしまいましょう。

数字対策

 「響声破笛丸」ですが、手引きには…、

 「短期間の使用に限られるものでないが、漫然と使用を継続することは避け、5~6日間使用して症状の改善がみられない場合には、いったん使用を中止して専門家に相談がなされることが望ましい

 …と記載されています。

 余裕があれば、なのですが、「単位」に注意しましょう。

 当該「響声破笛丸」は、「5~6日間」となっていて、単位が「日」です。

 対して、他の「喉の痛み」の漢方の「桔梗湯」と「駆風解毒散・駆風解毒湯」は、「5~6回」で、単位が「回数」です。

 ここまで突っ込んだ出題は、あまり考えられないですが、たとえば…、

 「桔梗湯は、5~6“日間”使用してウンヌン…」

 「響声破笛丸は、5~6“回”使用してカンヌン…」

 …といった問題は、まあ、出ないと思います。(もちろん、両方とも「×」です。)

 しかし、「違う」ことは「違う」し、「ひっかけ」で出そうなので、余裕があれば、押さえておくべきかと思います。

過去問リスト

 「響声破笛丸」の過去問演習用として、東京都等の問題をピックアップしました。

 こういう出題があったので、チェックしておきましょう。

東京都

・近年なし。

関西広域連合

・近年なし。

福岡県

・近年なし。

チェック用:手引き抜粋

 『響声破笛丸』

 『体力に関わらず広く応用できる。』

 『しわがれ声、咽喉不快に適すとされる。』

 『しかし、胃腸が弱く下痢しやすい人では、食欲不振、胃部不快感等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。』

 『なお、短期間の使用に限られるものでないが、漫然と使用を継続することは避け、5~6日間使用して症状の改善がみられない場合には、いったん使用を中止して専門家に相談がなされることが望ましい。』

 『構成生薬としてカンゾウを含む。』

 『構成生薬としてダイオウを含む場合がある。』

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:漢方処方製剤」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする