半夏厚朴湯‐鎮咳去痰‐漢方処方製剤対策

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の「主な医薬品とその作用(通称:医薬品)」の「漢方処方製剤」の「鎮咳去痰」に登場する「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」の対策ページ。本ページでは、当該漢方処方製剤のポイントをまとめたり、「○×問題」を出したり、過去問を紹介したりしています。

インデックス

○×問題

 基本問題です。

問1『半夏厚朴湯は、体力中等度をめやすとして、幅広く応用できる。』

正誤と解説はこちら。

解説 問1

 問1ですが、正しい記述です。

 選択肢のいうとおり、「半夏厚朴湯」は、「体力中程度」で、「幅広く応用できる」漢方処方製剤です。

 これといった禁忌もありません。

 「幅広く応用できる」とあるのは、当該「」くらいなので、押えておきましょう。

 参考:「幅広く応用できる」と「広く応用できる」のまとめ

問2『半夏厚朴湯は、カンゾウを含む。』

正誤と解説はこちら。

解説 問2

 問2は、誤った記述です。

 「半夏厚朴湯」は、「カンゾウ」の入ってない漢方処方製剤です。

 当該カンゾウの入っていない漢方処方製剤ですが、そこそこ数があります。

 参考:カンゾウを含まない漢方処方製剤

 しかし、「半夏厚朴湯」だけは、個別的に、「カンゾウなし」と憶えておきましょう。

 試験的に、「半夏厚朴湯」は、「鎮咳去痰」のみならず、「かぜ」の漢方処方製剤でもあります。

 「1つ」で「2単元」が押えられるので、他の漢方処方製剤と比べれば、効率がいいのです。憶えておいて損はありません。

 参考:かぜ‐半夏厚朴湯

問3『半夏厚朴湯は、まれに重篤な副作用として、肝機能障害と間質性肺炎が生じることがあり、また、膀胱炎様症状(頻尿、排尿痛、血尿、残尿感)も、生じることがある。』

正誤と解説はこちら。

解説 問3

 問3は、誤った記述です。

 「半夏厚朴湯」ですが、「まれ重篤副作用」が「ない」です。

 また、「膀胱炎様症状(頻尿、排尿痛、血尿、残尿感)」も、生じません。

 当該膀胱炎様症状が生じる薬は、そう多くありません。

 「個別的な副作用のある漢方処方製剤」で押えておけば、本問は、即断できたはずです。

 なお、選択肢のいう副作用が生じるのは、「柴朴湯」です。


試験傾向

 「半夏厚朴湯」ですが、これまで、ほとんど問われなかった漢方処方製剤です。

 しかし、過去問コーナーで後述していますが、「関西広域連合 R2 第33問」で、正面から問われました。

 この出題を受けて、他県でも、メインで問われる可能性があります。

 押さえておくべき漢方処方製剤に、変貌しています。

 また、効率的にも、「半夏厚朴湯」は、見ておいて損はありません。

 「かぜ」と「鎮咳去痰」の漢方処方製剤のため、「1つ」で「2単元」の対策になるからです。

 参考:かぜ薬‐半夏厚朴湯

 分量的にも、ハードではないので、勉強しておきましょう。

 なお、「半夏厚朴湯」は、市販されている漢方処方製剤があります。

 テキストはもとより、ドラッグストア等で、実物を手にして、効能などを勉強しましょう。

 amazon参考:半夏厚朴湯

 楽天参考:半夏厚朴湯

体力

 「半夏厚朴湯」の「体力規定(虚実)」は、「体力中程度」となっています。

 当該「体力中程度」は、実に数が多いので、押え難いです。

 とはいえ、先に見たように、「半夏厚朴湯」は、「かぜ」と「鎮咳去痰」の「2単元」の漢方処方製剤なので、効率的に、押えておいて損はないです。

 また、「幅広く応用できる」という判別しやすい文言もあるので、是が非でも、押えておきましょう。

 参考:「幅広く応用できる」と「広く応用できる」のまとめ

ダメな人

 「半夏厚朴湯」ですが、これといった禁忌がありません。

 よって、胃腸の弱い人や、むくみがある人でも、服用することができます。

キーワード

 「半夏厚朴湯」のキーワードは、「のどのつかえ感」くらいです。

 効能は、そう突っ込んだ出題がないので、押えられる範囲でやっていけばいいでしょう。

構成生薬

 「半夏厚朴湯」の構成生薬は、「ない」です。

 先の○×問題でも述べましたが、カンゾウの入って“ない”漢方処方製剤は、数多くあるので、押え難くはあります。

 しかし、効率的に、「半夏厚朴湯・・・カンゾウなし」と、憶えて損はないです。

副作用

 「半夏厚朴湯」の「稀な重篤な副作用」は、「ない」です。

 「半夏厚朴湯」は、「幅広く応用できる」ので、この点から、まれ重篤副作用が「ない」と、憶えるといいでしょう。

数字対策

 「半夏厚朴湯」ですが、手引きには…、

 「比較的長期間(1ヶ月位)服用されることがある

 …と記載されています。

 当該比較的長期間(1ヶ月位)は、「甘草湯」を除く「鎮咳去痰」の漢方処方製剤に、共通する数字です。

 ・鎮咳去痰のほとんど・・・比較的長期間(1ヶ月位)

 ・鎮咳去痰の甘草湯・・・5~6回

 …と、整理して憶えるといいでしょう。

過去問リスト

 「半夏厚朴湯」の過去問演習用として、東京都等の問題をピックアップしました。

 こういう出題があったので、チェックしておきましょう。

東京都

・近年なし

関西広域連合

R2 第33問

福岡県

・近年なし

チェック用:手引き抜粋

 『半夏厚朴湯』

 『体力中等度をめやすとして、幅広く応用できる。』

 『気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う不安神経症、神経性胃炎、つわり、咳、しわがれ声、のどのつかえ感に適すとされる。』

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:漢方処方製剤」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする