半夏厚朴湯‐漢方処方製剤対策

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 登録販売者の「主な医薬品とその作用(通称:医薬品)」の「漢方処方製剤」の「かぜ」に登場する「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」の対策ページ。本ページでは、当該漢方処方製剤のポイントをまとめたり、「○×問題」を出したり、過去問を紹介したりしています。

インデックス

○×問題

 基本問題です。

問1『半夏厚朴湯は、体力中等度をめやすとして、幅広く応用できる。』

正誤と解説はこちら。

解説 問1

 問1ですが、正しい記述です。

 選択肢の言うように、「半夏厚朴湯」の虚実は、「体力中等度」です。

 また、「幅広く応用できる」という文言が付与されており、当該「」くらいにしか出てきません。押えておきましょう。

 参考:「幅広く応用できる」と「広く応用できる」のまとめ

問2『半夏厚朴湯は、構成生薬として、カンゾウを含む。』

正誤と解説はこちら。

解説 問2

 問2は、誤った記述です。

 「半夏厚朴湯」ですが、カンゾウ・ダイオウ・マオウが配合されない、“構成生薬のない漢方処方製剤”です。

 この特徴は、押さえておきましょう。

問3『半夏厚朴湯は、稀に重篤な副作用として、肝機能障害と間質性肺炎が生じる。』

正誤と解説はこちら。

解説 問3

 問3は、誤った記述です。

 「半夏厚朴湯」ですが、肝機能障害・偽アルドステロン症・間質性肺炎といった「まれ重篤副作用」の「ない」漢方処方製剤です。

 選択肢判別の大きな力となるので、押さえておきましょう。


試験傾向

 「半夏厚朴湯」ですが、まあまあの出題率です。

 また、そこそこ際立った特徴があり、選択肢の判別に、実に有効です。

 先の例題の「構成生薬・・・なし」と「まれ重篤・・・なし」で、かなり選択肢を絞れます。

 たとえば、問いに「○○には、カンゾウが含まれる」とか、「○○は、まれに、肝機能障害が生じる」などあって、選択肢に当該「半夏厚朴湯」があったら、即、消去できる、ってな次第です。

 「半夏厚朴湯」は、試験戦術上、覚えておいて損はないので、押さえておくべきです。

 なお、試験には出ませんが、当該「半夏厚朴湯」は、「咳」に効く「かぜ」の薬ですが、「鎮咳去痰」の薬でもあります。

 参考:鎮咳去痰‐半夏厚朴湯

 また、「神経症(不安状態)」で処方される薬ともなっています。

 意外に頻用されているので、知識的に、チェックだけはしておきましょう。

 「半夏厚朴湯」は、市販されている漢方処方製剤があります。

 テキストはもとより、ドラッグストア等で、実物を手にして、勉強しましょう。

 amazon参考:半夏厚朴湯

 楽天参考:半夏厚朴湯

体力

 「半夏厚朴湯」の体力規定ですが、「体力中程度」となっています。

 「体力中程度」は、そこそこ数があって、押え難いです。

 しかし、「幅広く応用できる」というキーがあるので、一緒に押さえておくべきです。

 参考:「幅広く応用できる」と「広く応用できる」のまとめ

 「体力中程度」は、ここ何度も見て、できる範囲で、押えるくらいでOKです。

ダメな人

 「半夏厚朴湯」ですが、手引きには、これといった「ダメ」がありません。

 楽してください。

キーワード

 「半夏厚朴湯」のキーワードは、「幅広く応用できる」、「咽喉・食道部に異物感」、「のどのつかえ感」です。

 特に、最初の「幅広く応用できる」という特徴のあるものは、他にないので、ぜひとも、押えておきましょう。

構成生薬

 「半夏厚朴湯」の構成生薬は、「3つもなし」です。

 当該半夏厚朴湯には、カンゾウ・マオウ・ダイオウの3つが配合されていません。

 大きな判断材料なので、押さえておきましょう。

副作用

 「半夏厚朴湯」ですが、「稀な重篤な副作用」の記載が手引きにありません。

 よって、「なし」です。

 これも、大きな判断材料です。

 試験にて、「半夏厚朴湯は、稀に肝機能障害が生じる」などとあれば、即断に「×」です。

数字対策

 「半夏厚朴湯」ですが、手引きには、これといった数字がありません。

 楽してください。

過去問リスト

 「半夏厚朴湯」の過去問演習用として、東京都等の問題をピックアップしました。

 こういう出題があったので、チェックしておきましょう。

東京都

H30 第62問

関西広域連合

R1 第32問

福岡県

R1 第63問

チェック用:手引き抜粋

 『半夏厚朴湯』

 『半夏厚朴湯は、体力中等度をめやすとして、幅広く応用できる。』

 『気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸き、めまい、嘔気などを伴う不安神経症、神経性胃炎、つわり、咳、しわがれ声、のどのつかえ感に適すとされる。』

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:漢方処方製剤」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする