27問‐R3下期午後筆記の過去問と解説

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 かつてなら、難問枠の問題ですが、前回の筆記に出題された問題が、そのまま登場しています。よって、ちゃんと過去問演習をした受験生なら、速攻で1点取れたはずです。難問は、しばしば繰り返し出題されるので、チェックしておきましょう。

27問‐アナログ計器とデジタル計器

 

 (クリックして拡大。)

 本問のレベルは「ふつう」です。

 本問の答えは、「こちら(記号のみ)」です。

解説

 本問は、当該年度の上期の筆記試験に出たものと、ほとんど同じ内容です。

 参考:R3上期午後 筆記27問

 このように、過去問は、しばしば「使い回し」があるので、たとえ、「難問」であっても、解けるようにはなっておきましょう。

選択肢イ

 イの「アナログ計器は、永久磁石稼動コイル形計器のように、電磁力等で指針を動かし、触れ角でスケールから値を読み取る」ですが、正しい記述です。

 そのとおりの記述です。そのまんま、チェックしておきましょう。

 よって、選択肢は、「正」となります。

選択肢ロ

 ロの「デジタル機器は測定入力端子に加えられた交流電圧などのアナログ波形を入力変換回路で直流電圧に変換し、次に、A-D変換回路に送り、直流電圧の大きさに応じたデジタル値に変換し、測定値が表示される」ですが、正しい記述です。

 これまた、そのとおりの記述です。

 “このようなものとして”、チェックしておきましょう。

 よって、選択肢は、「正」となります。

選択肢ハ

 ハの「電圧測定では、アナログ計器は入力抵抗が高いので被測定回路に影響を与えにくいが、デジタル回路は入力抵抗が低いので被測定回路に影響を与えやすい」ですが、誤った記述です。

 「逆」です。

 入力抵抗が“低く”、被測定回路に影響を“与えやすい”のが、アナログ計器です。

 入力抵抗が“高く”、被測定回路に影響を“与えにくい”のが、デジタル計器の特徴です。

 よって、選択肢は、「誤」となります。

 選択肢の内容を、そのまんま、憶えてしまいましょう。

選択肢ニ

 ニの「アナログ計器は変化の度合いを読み取りやすく、測定量を直感的に判断できる利点を持つが、読み取り誤差を生じやすい」ですが、正しい記述です。

 そのとおりの記述です。再出題に備えて、特徴を押さえておきましょう。

 よって、選択肢は、「正」となります。

答え

 本問は「誤ったものはどれか?」です。

 正解:ハ

 >>> 次の問題へ。


筆記過去問リスト

 第1問から第30問までは、「一般問題」です。

 第31問から第50問までは、「配線図」です。

一般問題

 1問:電圧・電流計算・・・「やや難」。

 2問:抵抗計算・・・「ふつう」。

 3問:熱量計算・・・「ふつう」。

 4問:力率と電力計算・・・「やや難」

 5問:Y(スター)結線・・・「難」。

 6問:単相2線式回路・・・「ふつう」。

 7問:単相3線式回路の電力損失・・・「ふつう」。

 8問:許容電力計算・・・「ふつう」。

 9問:幹線許容電流・・・「ふつう」。

 10問:分岐回路・・・「ふつう」。

 11問:絶縁ブッシング・・・「ふつう」。

 12問:地中埋設工事・・・「やや難」。

 13問:工事と工具・・・「ふつう」。

 14問:スターデルタ指導・・・「ふつう」。

 15問:漏電遮断器・・・「ふつう」。

 16問:器具写真鑑別・・・「ふつう」。

 17問:器具写真鑑別2・・・「ふつう」。

 18問:工具写真鑑別・・・「ふつう」。

 19問:絶縁処理・・・「ふつう」。

 20問:電気工事・・・「やや難」。

 21問:漏電遮断器の省略・・・「ふつう」。

 22問:D種接地工事・・・「ふつう」。

 23問:合成樹脂管管工事・・・「ふつう」。

 24問:測定器の用途・・・「ふつう」。

 25問:絶縁抵抗計・・・「ふつう」。

 26問:接地抵抗値・・・「ふつう」。

 27問:アナログ計器とデジタル計器・・・「ふつう」。

 28問:電気工事士法・・・「ふつう」。取る。

 29問:電気用品安全法・・・「ふつう」。取る。

 30問:低圧と高圧・・・「ふつう」。取る。

配線図

 31問:最少電線本数・・・「ふつう」。

 32問:電路の長さ・・・「難」。

 33問:図記号当て・・・「ふつう」。

 34問:ケーブル図記号・・・「ふつう」。

 35問:屋外灯図記号・・・「ふつう」。

 36問:過電流遮断装置・・・「ふつう」。

 37問:計器図記号・・・「ふつう」。

 38問:接地工事・・・「ふつう」。

 39問:コンセントの刃受け・・・「ふつう」。

 40問:モーターブレーカ図記号・・・「ふつう」。

 41問:測定器写真鑑別・・・「やや難」。

 42問:リングスリーブ当て・・・「難」。

 43問:差込形コネクタ当て・・・「難」。

 44問:点滅器写真鑑別・・・「ふつう」。

 45問:コンセント図記号写真鑑別・・・「ふつう」。

 46問:ケーブル当て・・・「ふつう」。

 47問:トラフ・・・「ふつう」。

 48問:器具図記号写真鑑別・・・「難」。

 49問:金属管支持器具写真鑑別・・・「ふつう」。

 50問:工具写真鑑別・・・「ふつう」。

PDF過去問の閲覧

 

 PDFの閲覧は、スマホだと画面が小さくて見難く、PCだとキーボードやマウス、配線等が邪魔で、かなりイライラします。

 本格的な“過去問演習”には、「タブレット」が最も勝手がよく、ストレスが少ないです。

 手許に「タブレット」がない人は、最もコスパの高い、アマゾンの「Fire HD」を推薦します。他のタブレットと性能が遜色ないくせに、値段は数割安く、もちろん、PDF過去問の閲覧も可能で、費用対効果が秀逸です。

 受験が終わっても、危険物や消防設備士等の試験で使えるし、サブ機としても使えます。2電工を機に「Fire HD」を検討するのも、損はないです。

クレカ嫌い

 わたしのようにクレカの使用が嫌いな人で、コンビニ支払いが多い人は、「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を推薦します。

独学向け教材-2電工独学の生命線

 

 結論から言うと、「独学向けの良質な教材」を使うことが、独学合格の“キモ”です。

 詳細は「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」に述べてますが、読むのがメンドクサイ人は…、

 筆記用のテキストは、絵が多くて漢字の少ない「 ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格(2022年版) 」を、

 筆記用の過去問には、コンパクトで持ち運びやすい「 すい~っと合格赤のハンディ ぜんぶ解くべし!第2種電気工事士 筆記過去問2022 」を使います。

 技能のテキストは、写真の多い「 ぜんぶ絵で見て覚える 第2種電気工事士 技能試験すい~っと合格 」を…、

 技能の工具は、定番メーカー:HOZANの「ホーザン(HOZAN) 基本工具 DK-28 」を…、

 技能の材料には、工具と同じメーカーの「ホーザン(HOZAN) DK-52 2回セット」を使います。

 (教材には「年度」対応があるので、必ず、自分の受ける年になっているか、確認してください。

 (「技能教材よくある質問(何回分がいいの?等)」も、参考にしてください。)

 で、進み具合に応じて、独学の欠点を補う「ホーザン 合格クリップ」や、「ホーザン 合格ゲージ P-925」、「ホーザン 合格配線チェッカー Z-22」、「ホーザン-HOZAN-合格マルチツール」を追加投入してください。

 これらで揃えれば、試験勉強の環境としては、鉄壁です。

第2種電気工事士のこまごましたもの

 「第2種電気工事士:独学資格ガイド」でも述べていますが、2電工は圧倒的な求人数を誇る優良資格で、人生の保証・保険になる資格です。わたし個人、とって本当に損がなかったと、ひしひし感じています。何か資格でも、とお考えの方は、いの一番に2電工を推薦します。

 先述したように、文系・電気ド素人でも、試験に巨大なハンデはないので、食わず嫌いをせず、挑戦してみてください。

 第2種電気工事士に関するこまごましたことは、ブログにも投稿しています。興味のある方は、「第2種電気工事士:ブログ記事」をばご参考ください。

みんなとシェアする