57問‐東京都 H30年度(2018年度)過去問と解説

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 本問は、広告についての問題です。基本的なことの出題なので、難しいことはありません。確実に1点としましょう。

57問‐広告

 

 (クリックして拡大。)



難易度コメント+こたえ

 本問の難易度は、「ふつう」です。

 なお、本問の解答は、こちら(数字のみ)です。

解説:a

 aの「医薬品の効能、効果等について、医師その他の者がこれを保証したものと誤解されるおそれがある記事を広告し、記述し、又は流布してはならない。」ですが、正しい記述です。

 そのとおりです。選択肢のいうように、医者が効果を保証する広告は、不適当となっています。

 よって、選択肢の「a」は、「正」と相なります。

解説:b

 bの「一般用医薬品の販売広告としては、製薬企業等の依頼によりマスメディアを通じて行われるもののほか、薬局、店舗販売業又は配置販売業において販売促進のため用いられるチラシやダイレクトメール(電子メールを含む)も含まれる。」ですが、正しい記述です。

 常識的に考えて、わかるはずです。チラシだけが、広告ではありません。

 よって、選択肢の「b」は、「正」と相なります。

解説:c

 cの「漢方処方製剤の効能効果は、配合されている個々の生薬成分が相互に作用しているため、それらの構成生薬の作用を個別に挙げて説明することは不適当である。」ですが、正しい記述です。

 選択肢のいう「効能・効果の一部抽出」は、不適当となっています。

 よって、選択肢の「c」は、「正」と相なります。

答え

 「a」は「正」です。

 「b」は「正」です。

 「c」は「正」です。

 「正しい組み合わせ」は、「1」と相なります。

 正解:1

 >>> 次の問題へ。

法規

 41問:目的定義・・・「やや難」。

 42問:医薬品一般問題・・・「ふつう」。

 43問:要指導医薬品及び一般用医薬品・・・「ふつう」。

 44問:毒薬劇薬・・・「ふつう」。

 45問:記載事項・・・「ふつう」。

 46問:医薬部外品及び化粧品・・・「ふつう」。

 47問:食品・・・「ふつう」。

 48問:販売業・・・「ふつう」。

 49問:薬局・・・「ふつう」。

 50問:配置販売業・・・「ふつう」。

 51問:情報提供等・・・「ふつう」。

 52問:書面記載事項・・・「ふつう」。

 53問:陳列・配置・・・「ふつう」。

 54問:配置販売業者の書面記載事項・・・「やや難」。

 55問:特定販売・・・「ふつう」。

 56問:濫用等のおそれのあるもの・・・「ふつう」。

 57問:広告・・・「ふつう」。

 58問:販売規制・・・「ふつう」。

 59問:監督処分・・・「ふつう」。

 60問:苦情相談窓口・・・「ふつう」。

H30 東京都 科目別

 弱点克服等には、以下のリンクで、科目別に演習してください。

 ・H30 東京 ガイダンス

 ・医薬品に共通する特性と基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・薬事に関する法規と制度(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第101問~第120問)

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする