56問‐東京都 H30年度(2018年度)過去問と解説

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 本問は、濫用等のおそれのあるものについての問題です。基礎・基本的なものばかりなので、難しいところはありません。テキストと過去問を繰り返しておけば、まず、取れます。

56問‐濫用等のおそれのあるもの

 

 (クリックして拡大。)

 本問の難易度は、「ふつう」です。

 なお、本問の解答は、こちら(数字のみ)です。

解説

 濫用等のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する医薬品は…、

 エフェドリン

 コデイン(鎮咳去痰薬に限る。)

 ジヒドロコデイン(鎮咳去痰薬に限る。)

 ブロモバレリル尿素

 プソイドエフェドリン

 メチルエフェドリン(鎮咳去痰薬のうち、内用液剤に限る。)

 …となっています。

 よく出る論点ですし、「医薬品」でも問われるので、上記医薬品は、ガチで暗記しておきましょう。

 なお、試験では、かなり細かいところまで、問われる傾向があります。

 括弧書きまで、おさえてください。

 本試験では、たとえば、「かぜ薬のジヒドロコデイン」とか「メチルエフェドリン(鎮咳去痰薬のうち、外用液剤に限る。)」といった感じで、括弧書きまで、突っ込んだ出題があります。

 頻出論点なので、細かいところまで、念のため、押えておきましょう。

選択肢の吟味

 aのかぜ薬などに配合される「アセトアミノフェン」ですが、先に挙がってないので、「濫用等のおそれの“ない”もの」です。

 参考:アセトアミノフェン

 bの「コデイン(鎮咳去痰薬に限る。)」ですが、先に挙がっているので、「濫用等のおそれの“ある”もの」です。

 cの「プソイドエフェドリン」ですが、先に挙がっているので、「濫用等のおそれの“ある”もの」です。

 dの外皮用薬に配合される「インドメタシン」ですが、「濫用等のおそれの“ない”もの」です。

 参考:インドメタシン

答え

 「a」は「ないもの」です。

 「b」は「濫用等のおそれのあるもの」です。

 「c」は「濫用等のおそれのあるもの」です。

 「d」は「ないもの」です。

 答えは、「3」と相なります。

 正解:3

 >>> 次の問題へ。

法規

 41問:目的定義・・・「やや難」。

 42問:医薬品一般問題・・・「ふつう」。

 43問:要指導医薬品及び一般用医薬品・・・「ふつう」。

 44問:毒薬劇薬・・・「ふつう」。

 45問:記載事項・・・「ふつう」。

 46問:医薬部外品及び化粧品・・・「ふつう」。

 47問:食品・・・「ふつう」。

 48問:販売業・・・「ふつう」。

 49問:薬局・・・「ふつう」。

 50問:配置販売業・・・「ふつう」。

 51問:情報提供等・・・「ふつう」。

 52問:書面記載事項・・・「ふつう」。

 53問:陳列・配置・・・「ふつう」。

 54問:配置販売業者の書面記載事項・・・「やや難」。

 55問:特定販売・・・「ふつう」。

 56問:濫用等のおそれのあるもの・・・「ふつう」。

 57問:広告・・・「ふつう」。

 58問:販売規制・・・「ふつう」。

 59問:監督処分・・・「ふつう」。

 60問:苦情相談窓口・・・「ふつう」。

H30 東京都 科目別

 弱点克服等には、以下のリンクで、科目別に演習してください。

 ・H30 東京 ガイダンス

 ・医薬品に共通する特性と基本的な知識(第1~第20問)

 ・人体の働きと医薬品(第21~第40問)

 ・薬事に関する法規と制度(第41~第60問)

 ・主な医薬品とその作用(第61~第100問)

 ・医薬品の適正使用と安全対策(第101問~第120問)

独学向け教材

 使用教材の詳細は「教材レビュー」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「らくらく完全攻略! 登録販売者試験 合格テキスト&問題集」と、掲載問題数が一番多い「超重要 登録販売者 過去問題集」を使えば支障ありません。わたしはこれで「117点」取れました。

 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。過去問演習は、「タブレット」が便利です。もってない人は、受験を機に、アマゾンの「Fire HD」を推奨します。最優秀のコスパです。

こまごましたもの

 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。

 興味のある方は、「登録販売者の投稿記事 」の「登録販売者:語呂合わせ」や「登録販売者:まとめ」、「登録販売者:憶え方」などをお目汚しください。

 そのほか、「登録販売者:医薬品」や「登録販売者:生薬」、「登録販売者:漢方処方製剤」で、ヒマな時間を潰してください。

みんなとシェアする