「 第2種電気工事士 」タグの投稿記事

測定器(ムズカシ系)の写真判別の憶え方‐検相器・検電器:第2種電気工事士の筆記

結論から言うと、検相器・検電器の2計測器は、『ムズカシ系』の計測器です。 というのも、他の計測器は特徴があったり身近であったりで、すぐに憶えられますが、当該2計器は、馴染みがないので、なかなかに頭に入らないからです。 しかし、だからこそ、写真鑑別では、当該ムズカシ系の2計器-検相...続きを見る

2016年5月25日 10:29 AM

測定器(カンタン系)の写真判別の憶え方‐クランプ型電流計・照度計・周波数計・回転計:第2種電気工事士の筆記

結論から言うと、クランプ型電流計・照度計・周波数計・回転計は、『カンタン系』の測定器に分類できます。 というのも、それぞれに特徴があって、とても憶えやすいからです。 カニのクランプ型電流計 クランプ型電流計は、その姿形が一目でわかる独特のものなで簡単です。 カニのはさみのような形...続きを見る

2016年5月24日 11:51 AM

測定器(重要系)の写真判別の憶え方‐絶縁抵抗計・接地抵抗計・回路計:第2種電気工事士の筆記

測定器のうち、まず憶えなくてはならない3つは、『絶縁抵抗計(メガー)』と『接地抵抗計(アーステスタ)』と『回路計(テスタ)』で、まずはこれらの制覇から行います。 なぜ、この3つの測定器を優先するのかというと、当該測定器は、「電気工事業法」で業者に設置が義務付けられている測定器だか...続きを見る

2016年5月23日 10:08 AM

電気初学者に起きる「ACとDCのごっちゃ」の対処法:第2種電気工事士の筆記

電気ド素人の方や、久々に電気の勉強をする方は、アレ、ACって直流だっけ?ってな感じで、ACとDCがごっちゃになる傾向があります。 そら、直流と交流の区別なんて、普通の人には無縁なので、混同が生じるのは仕方がありません。 しかし、第2種電気工事士の有資格者になった暁に、ACとDCの...続きを見る

2016年5月20日 11:48 AM

電流減少係数の数字の2つの憶え方:第2種電気工事士の筆記

第2種電気工事士の筆記試験では、「電流減少係数」がよく出ます。 数字だけ頭に入れたら点数になるので、ぜひとも以下に述べる憶え方で消化してみてください。 「765」と「036」 上の画像を見てもらえばわかるように、電流減少係数は、上から順に、「0.70」「0.63」「0.56」と...続きを見る

2016年4月27日 5:21 PM

分岐回路の数字の憶え方‐イチローが一路とか:第2種電気工事士の筆記

電灯やコンセントの分岐回路の設計は、筆記の超頻出事項です。 しかし、表を丸ごと覚えないといけないという、なかなかの難物論点、憶えるのに手間がかかります。 うまい語呂合わせもないので、上の画像のようなテキストの表を何度も見て、数字を憶えていく必要があります。 ポイントは、「ざっく...続きを見る

2016年4月22日 10:35 AM

接地工事省略の憶え方-兄ちゃん0.1秒お漏らし:第2種電気工事士の筆記

本当に、こういう憶え方はいけないのですが、勉強時間の足りない方は、「接地工事が省略できる場合」を、以下の語呂合わせで憶えてください。試験に必要なことのあらかたは詰まっています。 『乾燥イチゴを摘む兄ちゃんが、0.1秒でお漏らし。切ない。』 …クダラナイ解説に入る前に、正しい記述を...続きを見る

2016年4月14日 3:49 PM

漏電遮断器省略の憶え方‐兄さん選考漏れ:第2種電気工事士の筆記

本当に、こういう憶え方はいけないのですが、勉強時間の足りない方は、「漏電遮断機が省略できる場合」を、以下の語呂合わせで憶えてください。試験に必要なことは全て詰まっています。 『乾燥イチゴを摘む兄さん、選考漏れ』 …クダラナイ解説に入る前に、正しい記述を述べておきます。 漏電遮断器...続きを見る

2016年4月14日 3:49 PM

特定電気用品と特定電気用品以外の電気用品:第2種電気工事士の筆記・法令-電気用品安全法

結論から言うと、「電気用品安全法」は、捨てます。 理由はめんどくさいからです。 特定電気用品と、特定電気用品以外の電気用品は、数が多く、名称に漢字が多用されているので、目を通すのでさえ一苦労です。 さらに、本試験では、『何が、特定電気用品に当たるか』と、『何が、特定電気用品以外の...続きを見る

2016年3月23日 10:16 AM

「カカロット」で対地電圧300V以下にできる住宅の屋内電路の規定を憶える:第2種電気工事士の筆記・法令-電気設備技術基準

「電気設備技術基準」の中で、そして、筆記の法令の中で、突出した出題率を誇るのが、本規定です。 当該規定が狙われるのは、本規定が「例外」にあたるからです。 原則は、「150V以下」です。 テキストにあるように、「住宅の屋内電路の対地電圧は、150V以下」にしなくてはいけないのです。...続きを見る

2016年3月21日 9:42 AM